今日のおすすめ

第67回江戸川乱歩賞受賞『北緯43度のコールドケース』図書カードプレゼントキャンペーン! 

2021.10.04
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

早くも続編希望の声多数!!
西村京太郎、東野圭吾、横関大を輩出した名門、江戸川乱歩賞から、長編ミステリ初挑戦での受賞者がデビュー!

舞台は北の大地、札幌――『北緯43度のコールドケース』。
博士号を持つ異色のエリートノンキャリ刑事、沢村依理子。2度の迷宮入りとなった難事件と、不祥事の責任をなすりつける組織の闇に立ち向かう。

そしてなぜ沢村は博士号を持ちながら大学を辞めたのか――?
一連の事件を通して過去と向き合い、警察官として、ひとりの女性として葛藤し成長していく。

期待度MAXの新人と、警察小説におけるニューヒロインの誕生を記念し、Twitterで『北緯43度のコールドケース』の主人公、沢村のショートストーリーを無料公開します。

講談社文芸第二出版部Twitterをフォローし、ショートストーリーの投稿をリツイートしていただいた方から、抽選で30名様に特製図書カード1000円をプレゼント!

応募受付期間

2021年10月4日(月)~2021年10月24日(日)

応募方法

STEP1

講談社 文芸第二出版部のTwitterアカウント(@kodansha_piece)をフォロー

プレゼント当選のご連絡はTwitterのダイレクトメッセージ(以下DM)にて行いますので、公式アカウント「@kodansha_piece」をフォローしてください。

講談社 文芸第二出版部をフォロー

STEP2

ツイートをリツイート

下の[リツイートして応募]ボタンを押して表示されるツイートをそのままRTしてください。これで応募完了です。

リツイートして応募

賞品

『北緯43度のコールドケース』特製図書カード(1000円分) 30名様

注意事項

プレゼントにご応募いただくにあたり、下記の注意事項をよくお読みくださいますようお願い申し上げます。

  1. 『北緯43度のコールドケース』Twitterキャンペーン(以下、本キャンペーン)の内容は、予告なく変更することがありますのでご了承ください。
  2. Twitterの操作方法に関するご質問にはお答えいたしかねます。あらかじめご了承ください。
  3. 本キャンペーンには、Twitterアカウントおよび条件を満たしたツイートからのみ応募できます。
  4. 当選通知のTwitterダイレクトメッセージ(以下DM)を送信する際に、公式アカウントのフォローを外していることが判明した場合は応募を無効とさせていただきます。
  5. 複数のTwitterアカウントを使用して重複当選したことが判明した場合には応募を無効とさせていただきます。
  6. 当選した賞品の譲渡はできません。
  7. 抽選の詳細や結果については公表いたしません。
  8. 賞品の発送は日本国内のみとさせていただきます。あしからずご了承ください。
  9. 本キャンペーンの賞品は、当選通知をDMでお送りした後、2021年12月上旬頃に順次発送予定です。ただし、諸事情により発送時期が前後する場合がございます。
  10. Twitterを利用したプレゼントでは、当選者の方にはDMを利用して当選のご連絡をお送りいたしますが、当社はお客様の書き込み内容およびご返答については細心の注意を払って利用させていただき、DMなどで個人情報を聞き出すようなことはいたしません。お客様の故意または故意でない場合のいずれの場合においても、Twitterのタイムライン上に個人情報が流出しないよう、ご注意ください。
  11. 第三者がお客様の書き込み内容を利用したことによって受けた損害や、お客様が受けた損害については、一切の補償をいたしません。
  • 電子あり
『北緯43度のコールドケース』書影
著:伏尾 美紀

第67回江戸川乱歩賞受賞作!

「事件が面白い」「登場人物が魅力的」「警察の描写がリアル」と選考委員が称賛!

博士号を持ちながら30歳で北海道警察の警察官となった沢村依理子。ある日、5年前に未解決となっていた誘拐事件の被害者、島崎陽菜の遺体が発見される。犯人と思われた男はすでに死亡……まさか共犯者が……? 捜査本部が設置されるも、再び未解決のまま解散。しばらくのち、5年前の誘拐事件の捜査資料が漏洩する。なんと沢村は漏洩犯としての疑いをかけられることに。果たして沢村の運命は、そして一連の事件の真相とは。

組織に翻弄されながらも正義を追い求める沢村。 警察官として、ひとりの女性として葛藤し成長していく──。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます