今日のおすすめ

時給1500円の最底辺から時給26万円・月収1億円超えに! エンリケの接客術

2020.12.14
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

4日で5億稼いだ、伝説のキャバ嬢エンリケさんの新作『結局、賢く生きるより素直なバカが成功する』が刊行され、話題になっている。

同書は、見た目も普通で特に頭が良いわけでもない凡人が、14年間の実践で身につけた「億稼ぐ接客術」がテーマになっている。

予約開始後すぐにAmazonランキング1位(リーダーシップ部門、自伝・伝記部門、仕事術・整理法部門)を獲得し、発売2週間で4刷がかかる人気ぶり。

エンリケ「本当の自分を知ってもらいたい」

これまでにも何度か著書を出版されていますが、今回の見どころを教えてください。

エンリケ:私は昔からずっと毎日日記をつけていて、その日記が今回この著書に載っています。日記には、指名数、同伴数、酒の銘柄、ポイント数、時給、月給、ランキングが書いてあり、それらを日々記録することによって、自分の現状を把握することができ、何を努力すべきかが見えてきます。これまでの著書だと文章だけになっていたので、私がどんなことを実際に書いていたのか、お客様にも許可をいただいて全部載せようと思い、今回この著書が完成しました。

日記は完全にプライベートですが、曝け出すことへの抵抗はありませんでしたか?

エンリケ:恥ずかしい気持ちはありますが、見栄を張って自分を良いように見せるよりも、本当の自分を知ってもらいたい気持ちが強かったので、抵抗はありませんでした。美人でもなく、頭がよいわけでもない凡人の私がどのような努力をしてNo.1になったのかが、明確にわかる内容になっていると思います。14年間の日記を紐解きながら、お客様との具体的な事例を思い出しながら取材に答えていったので、取材時間はこれまでの本で一番長く、40時間かかっています。この著書をきっかけに誰か一人でも多くの人が結果を出し、人生が変わってくれたらいいなという思いがあります。

これまでの著書では、指名をもらうため、億稼ぐためには「具体的に」どうすればいいの?という部分をあまり掘り下げていなかったのですが、今回の著書は接客のハウツー本をイメージし「こういうお客様にはこんな対応が良い」「こういうお客様にはLINEをこう返す」というような具体例が細かく書いてあります。キャバクラで働いている子はもちろん、リピーターをつかめずに悩む接客業の方にもぜひ読んでいただきたいです。

どのような経緯で今回改めて著書を出版することに至ったのでしょうか?

エンリケ:現役中に講談社さんからオファーがあったのですが、その時すでに著書を2冊出していて、スタイルブックを出すタイミングだったので(今年2月発売)、どうしようかなと思いました。でも本を出すと「もっとこういうのが知りたい」という意見が届くことが多くて、それを全部スクショで残しておくのですが、フォロワーさんのためにももう一回出さなきゃダメだと思って、出版することに決めました。なので今回は、これ以上質問や要望が来ないくらい掘り下げました。(笑)

最後の著書と言ってもいいくらい、言い残したことはないですか?

エンリケ:もう最後ですね。キャバ嬢時代に2冊出版しているのですが、お客様との関係など、どうしても現役中には言えないこともあって、今回それを全部ひっくるめて書いた本なので、現役を引退したからこそ書くことができた内容もあります。

“外見ではなく人間性で勝負”という部分も見どころのひとつかと思うのですが、自分に自信のない方に向けてもとても力になると思います。エンリケさんはそこに対してどのような思いがありますか?

エンリケ:外見は直そうと思えばいくらでもキレイになれるし手段がありますが、中身を磨くということは外見を磨くよりもとても難しいと思います。性格はなかなか直らないと思うので、「素直なバカが成功する」というタイトルそのままなのですが、いかに素直になれるか、怒られたときにすぐ直せるか、すぐ謝れるか、お礼を言えるか、ということをすごく大事にしています。自分の主張に固執するよりも素直にお客様の言うことをしっかり聞き入れてきました。

自分を変えたくない人もきっといる中で、エンリケさんは常にお客様の言葉を受け入れて理解する努力をしてきたのですね。

エンリケ:逆にプライドがないのかもしれません。自分の中で譲れないものみたいなものはないです。例えば「枕営業をしない」とかそういうプライドはありますが、「こうした方がいいよ」というアドバイスはもらえるだけでありがたいと思います。受け入れて実行したことで成績もどんどん上がったので、結果素直で良かったです。自分を貫き通す人はかっこいいですが、私は敵を作りたくないし、喧嘩もしたくない平和主義なので、もともとこういう性格なのだと思います。

エンリケさんの“夢を叶える秘訣”のアドバイスをお願いします。

エンリケ:悩んだ時は落ち込むところまでとことん落ち込んで、憧れの人や尊敬する人を一人でも見つけて、その素敵な人から元気をもらい、モチベーションを上げることです。夢を叶えるためには最後まで諦めないことが大切なので、頑張ってください! 私も頑張ります。

エンリケ/小川えり(おがわ・えり) イメージ
エンリケ/小川えり(おがわ・えり)

生年月日:1987年11月2日
血液型:O型
身長:154cm

18~32歳(誕生日の11月)までの14年間キャバ嬢を務める。当初は時給1500円の猫背でパッとしないキャバ嬢だったが、スタッフやお客様の教えを素直に学んで実践し、最高時給26万円・年収3億円の日本一のキャバ嬢に成長する。

2019年11月、名古屋・錦の老舗高級キャバクラ『アールズカフェ』にて盛大に行われた引退式では、4日で5億円を売り上げ、名実ともに伝説を残す。現在は拠点を東京に移し、会社経営者として多方面で活躍中。

  • 電子あり
『結局、賢く生きるより素直なバカが成功する 凡人が、14年間の実践で身につけた 億稼ぐ接客術』書影
著:エンリケ

発売前重版! の大反響!
著者累計13万部突破!

単行本初版限定特典! 「エンリケ流 接客マナー8箇条」付き

外見の華やかさで指名をもらえることも多いキャバクラ業界。
とりたてて華やかな見た目でもないエンリケさんは、時給1500円の最底辺からキャバ嬢のスタートを切る。コツコツと努力を重ね、14年間の経験を積み、最終的には時給26万円・最高月収1億円超え、引退式4日間で5億稼ぐまでに成長する。

美人は見た目だけで指名が入るけど、座ったとたん「チェンジ!」と言われたこともあるエンリケさん。ある日、「外見ではなく人間性で勝負」すると心に決める。それは18歳に書かれたメモからも読み取れる。

元来不器用で、要領よく賢く立ち回ることができない損な性分。ただしその分、スタッフやお客様のアドバイスには素直に耳を傾け、すぐに成果が出なくても、コツコツと辛抱強く努力をし続けた。

また、「色恋営業」はトラブルの元だから、14年間一度もなし。

本書は今まで公開してこなかった、売れなかった下積み時代の日記をひもとき、当時の目標をクリアするために実践した努力を、エンリケさん本人に細かく解説いただく。

さらに、ナンバー1になるための、心構え、話し方、LINEやメールなどの文章の書き方を、実際にあったエピソードをもとに、実例を交えながら「スグに使える形」で具体的に紹介する。

この本は、やる気はあるのにいまいち上手くいかない、努力しているのに成果が出ない。そんなあなたのお悩み解決の手助けになること間違えなし!

現役中には話せなかったエピソードも盛りだくさんで初公開します。

巻末に特別付録で、エンリケさんが18歳からつけてきた 直筆日記も初公開します。夢を叶えるためには何にこだわって、メモを取るべきかが一目でわかる内容です。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます