今日のおすすめ

愛と狂瀾のメリークリスマス! 日本人がクリスマスを楽しむようになった理由

日本にキリスト教がもたらされたのは、1549年、戦国時代のことです。当時、カトリック教会の男子修道会であるイエズス会は、世界各国へ赴いてキリスト教の布教活動を行っていました。日本にやってきたのは、そのイエズス会創設者のひとりであるフランシスコ・ザビエルを始めとした、たいへん熱心な宣教師たちでした。

しかし、豊臣秀吉による伴天連バテレン追放令に始まり、徳川家光の時代に完成された鎖国により宣教師たちは追放されてしまい、以来、キリスト教に対する長く厳しい弾圧の時代がやってきます。

それから時を下ること200年、明治時代になって再びカソリックやプロテスタントの宣教師たちがやってきて、教育や社会福祉などのさまざまな事業を通じて日本の社会に根付いていきます。

ところで、実は日本におけるキリスト教徒の割合は1~2%といわれています。それなのに、なぜ私たちはクリスマスを祝い、聖書やクリスマスに由来する物語を受け入れているのでしょうか。

2019.12.12
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

クリスマスのお祝いが異端!? 日本人はいつからクリスマスを楽しんでたの?

物心ついたときから「クリスマス」を認識していた方はとても多いことでしょう。さかのぼると、幼稚園のイベントからかも……なんて話も。
12月24日はクリスマス・イブ、12月25日がクリスマスと、この両日にイエスの生誕を祝う行事が行われます。

12月に入れば街中がクリスマスの飾り付けで賑やかになります。いつの頃からか、主要な商業施設には大きなクリスマスツリーが現れ、そのきらびやかなイルミネーションはかっこうのデートスポットになりました。
テレビではクリスマス・ソングをフィーチャーしたCMが流れ、おいしそうなチキンやケーキを予約しなければと購買意欲をあおられます。

「クリスマス・パーティー」などと称して家族や友人、恋人同士で特別な宴席を設ける風潮がありますね。

しかし前述のとおり、日本におけるキリスト教徒はわずか1~2%程度。信者でもないのに、なぜ日本ではクリスマスを盛大に祝うのか、それがいつから始まったのか不思議に思う方は多いのではないでしょうか。
その疑問に答える1冊をご紹介しましょう。

  • 電子あり
『愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか』書影
著:堀井 憲一郎

本書は、ローマ帝国終盤の時代に国教にまで取り上げられたあとはヨーロッパ中に伝播し、やがて日本にまでやってくるキリスト教の簡単な歴史を眺めながら、日本において「クリスマス」がどう伝わり、どうお祭りに発展していったのかを分かりやすく解説しています。
「なぜイエスの誕生日が12月25日になったのか」は意外ではありつつ、キリスト教の歴史から見れば納得の重要ポイント。
また日本において、クリスマスをお祭りの日として楽しむ歴史が、意外にも古かったことも本書に記されていますが、お祭りの日どころの騒ぎではない熱狂ぶりにも驚かされます。
雑学好きなみなさん、年末の宴席で披露する雑学ネタのひとつにおすすめの1冊ですよ。

イエスの誕生日は12月25日ではなかった!?

イエス・キリストがいつ生まれたのかは、実は定かではありません。当時は、人がいつ生まれたのかはさほど重要ではなく、まして貴族でもなければ没したのがいつだったのかも記されることはない、つまりは、人の生き死にが年月日まで記録されることなんてないのが当たり前の時代でした。

そんななかで、なぜイエスの誕生日に意味が見いだされたのか。それは、4世紀のローマ帝国における、初期キリスト教の教理が重要なポイントとなります。

イエスはいつ「神の子」となったのか、「イエスが洗礼を受けたときから」という説と、「生まれる前から、生まれながらにして」という説があり、当時は後者が正統派教理でした。従って、彼らはイエスの死後300年以上経った「いまさら!」な状態で、イエスが生まれ落ちた日を決めなければなりませんでした。

さまざまな文献によれば、ローマ帝国内でもっとも信奉されていたミトラ教や、土着の宗教に混ざってキリスト教が勢力を増し始めるなかで、12月25日に定められたといわれているようです。
多神教であったローマ帝国では、太陽神ミトラや農耕神サトゥルヌスなどのさまざまな神があがめられていましたが、ローマ市民にとって12月25日近辺はキリスト教に関係なく、大事な祝祭日でした。
それならばと、キリスト教における大事な日であるイエス生誕の祝祭もこの日にぶつけたのではと考えられるそうです。

まだこの当時、キリスト教徒はローマ帝国内において5%程度しかいなかったのですが、ローマ市民のほとんどは、この日がキリスト教における聖誕祭であるかどうかは関係なく、どんちゃん騒ぎをしていたわけですね。
つまり、ローマ帝国が滅んだ後もヨーロッパで勢力を拡大していったキリスト教の信者以外には、12月25日はただのお祭りの日でしかなかったといえるでしょう。

クリスマス・イブにダンスホールで熱狂する大人たち

本書P.135 新聞記事 画像

上は本書135ページに挿入されている、1931年(昭和6年)当時の新聞記事です。

1929年(昭和4年)には「カフェー」の流行が新聞で報じられ、1930年(昭和5年)には紙面広告などから「エログロ」の時代を感じさせられる年代でした。クリスマス・イブはすでに大人の遊びを前提としたものであり、ダンスホールで踊り、狂喜する人びとや文化が一部にあったというわけです。
いまでいうなら大混雑なクラブでのクリスマス・イベントでしょうか。

もちろん、この当時とてこうした狂乱を快く思わない人もありましたが、その後のクリスマス騒ぎのさらなる白熱ぶりは実に愉快なものです。

なぜ日本でもクリスマスがお祭り騒ぎになっていったのか。ぜひ本書でその真相をつかんでください。

愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか
著:堀井 憲一郎

やっぱ人間だもの、聖書の登場人物だってこんなふうに考えてたよね

クリスマス・イベントに付随して、キリスト教にまつわる逸話を知る機会が多くあるようで、いわゆる「聖書」に記されている物語のいくつかは、キリスト教徒でなくともよく知られているようです。

たとえばキリスト教圏の文学や絵画、戯曲のほか、ドラマや映画、音楽においても、キリスト教の教理に沿った内容であったり、聖書の言葉が引用されていたり、聖書に描かれる物語をモチーフにしたりといったものがあり、私たちは意外なほどキリスト教や聖書に関連する文化に触れる機会を持っているようです。

そうはいっても、キリスト教徒ではないのに自発的に聖書を読む機会というのはそうそうありませんし、なんだか小難しいことが書いてありそうで気後れする、という方もいることでしょう。
難解さを排除して、ゆる~く、分かりやすく、聖書に出てくる登場人物に焦点を当てたこの1冊を試してみませんか?

  • 電子あり
『上馬キリスト教会ツイッター部の世界一ゆるい聖書教室』書影
著:MARO/LEON

10万人のフォロワーを持つ上馬キリスト教会Twitterアカウントの中の人たち、MAROさん、LEONさんおふたりによる上馬キリスト教会シリーズ第2弾!

大好評だった第1弾の『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』では聖書とキリスト教の世界の概要を、ゆる~く、ざっくりと解説していますが、今作では人間にスポットを当てています。

「目からウロコが落ちる」ということわざが聖書由来のものであることは、前作でも書かれた意外なトリビアですが、本書でも聖書の登場人物を軸にした、ためになるさまざまな逸話が飛び出てきます。

彼らの言動から垣間見える、壮大な聖書の世界観が容易につかめることでしょう。

「そうだよね~」。よく分かるイエスのこんなエピソード

本書には、イエスの聖書における行動をハイライトで紹介する章があります。以下は第1章目にあたる「イエス様の行動ハイライト」からの抜粋ですが、これを読めば「そりゃそうだよね」と思うはず。

レオナルド・ダ・ヴィンチさんの絵で有名な「最後の晩餐」の後、イエス様はゲツセマネと呼ばれる場所に行きました。そこにはいつもの3人の側近だけが同行しました。ゲツセマネに着くとイエス様は側近たちに「ここで待ってて。僕はこれから一人でお祈りしてくるから。寝ちゃダメだよ」と言って、彼らから20~30m離れたところでお祈りを始めました。その祈りの内容はこんな感じです。

「お父さん、明日がいよいよその日なわけですが、僕は十字架につくなんて正直イヤです。イヤで泣きそうです。てか、既に泣いてます。だからできれば十字架は中止にしてほしいです。なんとか中止になりませんか。でも、お父さんがどうしてもと言うなら、無理にとは言いませんからどうにでもしてください」

イエス様にとっても、十字架は本当に恐ろしくて避けたいものだったんです。でも自分の使命のためにそれを受けなきゃいけない。その葛藤がこのゲツセマネの祈りです。

このお祈りを終えて、側近のところに戻ってくると、側近たちはぐぅぐぅ眠っていました。「君たち、僕は今すごく孤独なんだから起きててよ……もっかい行ってくるから今度は起きててね」。イエス様はもう一度側近たちから離れ、また同じお祈りをしました。そして戻ってくると彼らはまた寝ていました。「君たち……頼むわ……」。さらにもう一度イエス様は彼らから離れ、同じお祈りをしました。戻ってくると彼らはまたもや寝ていました。「…………」

そこに、ローマ兵を引き連れたユダがやってきました。ユダは「イエス様、こんばんは」と白々しく挨拶するとイエス様にキスをしました。そのキスを合図にローマ兵は一斉にイエス様に襲いかかり、イエス様は捕まってしまいました。側近たちは逃げてしまいました。イエス様を裏切ったのはユダだけじゃないんです。

P.50「十字架につくのはイヤだったんです」より

聖書の登場人物のさまざまなエピソードや番付も楽しい

聖書の主人公はもちろんイエスですが、その他にも大勢の登場人物が存在します。
本書では彼らにもスポットライトを当てて、その愉快なエピソードを紹介したり、誰がどの分野でナンバーワンなのか番付ふうに取り上げたりしています。

たとえば旧約聖書に登場するイスラエルの王ソロモンは、本書では『「頭のいい人」ナンバーワン』として紹介されています。神より知恵を授かったことにより超天才となった彼は、その知恵を活かしてイスラエルを発展に導きました。

ところが晩年、彼は自分の知恵をおごったのか贅沢な生活に明け暮れ、神をないがしろにするのですが、怒った神によってソロモンの死後、イスラエルは南北に分裂させられてしまいます。聖書の中で最も晩節を汚した、残念な人でもあるようです。

意外な真実や名画に見る聖書のワンシーンなど、知的好奇心を揺さぶられるトリビアも満載な本書。ゆる~い気持ちで聖書の世界をのぞいてみませんか?

上馬キリスト教会ツイッター部の世界一ゆるい聖書教室
著:MARO/LEON

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます