今日のおすすめ

薬物、アルコール、ギャンブル……深みにはまる理由から回復への行程まで解説

2021.07.28
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

「依存症」と聞くと、「自分とは縁遠い話」と思われるかもしれない。だが、「止めようと思ってもなかなか止められなかったもの」の話だと考えれば、誰にだって心当たりの一つや二つ、浮かんでくるのが普通だろう。それはたとえばお菓子やゲーム、タバコにネットにお酒、買い物やギャンブル……何だって当てはまる。いずれもほどほどであれば、「日常の楽しみ」で済むものばかりだ。

では、「依存症」になる人にはどんな特徴があるのか。本書の監修者であり、薬物依存研究の第一人者として知られる精神科医・松本俊彦氏のまえがきにはこう記されていた。

それは、つらい気持ちをかかえている人や苛酷な環境・状況にいる人、あるいは、「自分には価値がない」「どこにも居場所がない」と感じている人、そして、それにもかかわらず、だれかに助けを求めることなく、物質や娯楽といった「モノ」だけで心の痛みをコントロールしようとする人です。おそらく彼らはいずれ「モノ」のコントロールを失い、健康や家族、友人、仕事を失う危機に瀕するでしょう。
その意味で、依存症とは「ヒト」に依存できない病気ともいえます。

松本氏は「そもそも、人は何かに依存しないではいられない生きもの」であり、中でも「身近な人とのつながりに依存しながら」生き延びているとつづる。だから「依存する」こと自体は、誰にとっても当たり前のことであり、日常に欠かせない「支え」であるともいえるだろう。

しかし何かのきっかけでうまく頼ることができなくなったり、「モノ」だけを求めるようになったりすると、徐々に心身のバランスが崩れていく。結果として、医学的に「依存症」と診断される状態に陥ってしまい、自分の手には負えなくなるのだ。そう考えると、誰にでも起きる可能性の高い、日常と隣り合わせの病にも思えてくる。

一方で「依存症」には、どこか実態とは異なるイメージを抱きがちな場合もある。その見方をチェックするためにも、読んでみてほしいページがあった。「依存症についてのよくある刷り込み、思い込み」だ。


個人的に響いたのは、「4 やめられない、再発をくり返すのは本人の意志が弱いからだ」と「6 突き放すのが本人のため。家族でも恋人でも友人でも、早く関係を断つべき」の2項目だった。今の私には縁がない病かもしれない。でも、もしいつか自分がその状態になったとしたら。おそらく、誰よりも自分で自分を責めるだろう。そして自分の大切な人がこの状態になった時には、何かをしたいけれどどうしたらよいかがわからないまま、右往左往するだろう。そんな自分が想像できるから、切実に先を読みたいと思った。次ページではいずれの項目についても、端的な事実とその詳細な解説先が、穏やかな言葉とともに示されている。


このように本書では、「依存症」そのものの解説から、その対象となる物や行為、回復に必要となる治療や手段、そして周囲の人間ができる支援やかかわりについてなどが、全5章にわたり幅広く取り上げられている。専門的な内容に触れる部分では、そのつど具体的でわかりやすい図やイラストが、読み手の理解を助けてくれるだろう。

なにより全体を通して、依存症になった人やその周りにいる人を追い詰めるような言葉がまったく書かれていないことは、心強くも嬉しかった。だからタイトルや表紙、裏表紙の言葉に気になるものを見つけたならば、ぜひ手に取ってみてほしい。きっと安心して読み通すことができるだろう。そして、これまでとは別の道が、見つかるきっかけとなるかもしれない。願いを込めて、薦めたい1冊だった。

  • 電子あり
『依存症がわかる本 防ぐ、回復を促すためにできること』書影
監修:松本 俊彦

【ひと目でわかるイラスト図解】

依存症とはなにか、どうすればやめられるのか。
依存症は、違法薬物のみならず、アルコールや処方薬・市販薬などでも生じます。
ギャンブル、ゲームなどの行為に依存が生じることもあります。
なかでも、違法薬物に対する依存症は「犯罪」としての側面もあります。

違法薬物の所持・使用で逮捕された著名人などに対する激しいバッシングがくり返される一方で、大麻による検挙数は、若年層を中心に増加し続けています。

依存症そのものは、「ダメ、絶対」と言っているだけで防げるものではなく、回復を促すこともできません。
依存症は「安心して人に依存できない病」。
いやなこと、つらいことがあっても助けを求めず、お気に入りのものや行為だけでやり過ごそうとした結果、より困った状態に陥っていく、という面があります。

特定のもの、行為にはまっていく背景には、心の問題が隠されていることが多いのです。

人はだれしも、なにかに頼ることなく、生きていくのは難しい。
本書では、依存症の今を紹介しつつ、依存症とはなにか、なにが問題なのか、回復のために本人や周囲の人はどう対応していけばよいか、具体的に示していきます。

また、子どもへの予防教育はどう進めるべきなのかも紹介。
依存症予防と、依存症からの回復に役立つ1冊。


【主なポイント】
*「よい依存」が「悪い依存」に転じると依存症に近づいていく
*依存が進むと脳の働き方が変化する
*依存の対象は「もの」でも「行為」でも根っこは同じ
*認められる、つながるうれしさがはまる入り口に
*薬物依存症と犯罪の関係
*再発は想定内。回復のしかたには波がある
*治療・回復プログラムの進め方
*突き放す前に家族ができること
*予防教育の現状と、依存症を防ぐために教えたいこと


【本書の内容構成】
第1章 「依存症」とはなにか
第2章 依存対象の特徴を知る
第3章 回復に必要なこと
第4章 まわりの人ができること
第5章 「予防教育」を考える

レビュアー

田中香織 イメージ
田中香織

元書店員。在職中より、マンガ大賞の設立・運営を行ってきた。現在は女性漫画家(クリエイター)のマネジメント会社である、(株)スピカワークスの広報として働いている。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます