今日のおすすめ

英語イディオムがすっと頭に入る! 丸暗記でなく語源を知ればかんたん!

英語イディオム語源辞典 語源とイラストでスラスラ覚える
(著:清水 建二 協力:Sayaka Wild)
2020.07.03
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

母国語が英語の国に生まれていたら、どんなに楽だっただろう、といつも思います。
実は全く英語が喋れないにもかかわらず海外1人旅をして難儀だったので、それ以来テレビやラジオの英語番組で勉強しては忘れ、また勉強しては忘れを繰り返しています。
その程度の英語力しかない私ですが、『英語イディオム語源辞典 語源とイラストでスラスラ覚える』は、かなり面白い!! 直訳と正しい意味があまりにも違いすぎて思わず笑ってしまうほどです。

この本は、「直訳」「正しい意味」「語源」「例文」「イラスト」の5点セットで書かれているので、とてもわかりやすいのですが、私が思わず噴いてしまったのは「as happy as a clam」。
出ました!! as。as~asに限らず、asは使いこなしたい単語の1つです。

 
直訳すると「ハマグリのように幸せな」。
ハマグリのことを幸せだと思ったことが一度もないので、はぁ!? です。

もし友人から、Your boyfriend looks as happy as a clam. と言われたら、「あなたのボーイフレンドってハマグリみたいにオメデタイ人ね」と歪曲して解釈し、なんだとコラ!!となっていたと思います。
または、英語で言い返せなくて、悔し涙を流していたことでしょう。

ではなぜハマグリなのかというと、泥の中のハマグリは外敵から身を守る必要がなく、平穏に暮らせるからだそうです。

ただの暗記ではなかなか頭に定着しませんが、こうした語源が書いてあることによって覚えやすくなっています。
もう1つ、こんなのもありました。

下手に「キューカンバー」が「キュウリ」だと知っていると、逆に厄介だったりします。この単語が耳に残るので。
私の場合、真っ先に頭に浮かんだのは、お祭りで見かける割り箸に刺さった冷やしキュウリでした。
だからもし友人に、Your boyfriend is as cool as a cucumber. と言われたら、「あなたのボーイフレンドはキュウリみたいに冷たいね」と解釈し、顔が引きつっていたと思います。
あるいは、cool=カッコいいという意味でもよく使われるので、「キュウリみたいにカッコいいね」って皮肉か!! と深読みしたと思います。

「as cool as a cucumber」の「直訳」は、「キュウリのように爽やかな」です。
しかし実際に使われる時は、「非常に冷静な」「落ち着き払って」という意味になります。
うーん、知らないって怖い!!

こんなふうに、自分で例文を作って妄想して遊んだり、その延長で色々と調べていたら楽しくて楽しくて、なかなかページが進みません。

もう1つ、発見もありました。

「bite the dust」どこかで聞いたことがあるな~と思ったら、クイーンの「Another One Bites the Dust」(邦題:「地獄に道づれ」)に使われているじゃありませんか。 
     
直訳すると「ほこりを噛む」ですが、正しくは「(戦争で)死ぬ」「(試合で)完敗する」という、もっと深い意味があります。
今まではただ聞き流していたこの曲も、改めて歌詞を確認してしまいました。

正直、私は受験生ではないし、仕事で英語を使う機会もないので、これらを必死に覚える必要はありません。
でも、知っているのと知らないのとでは、大違いだと思いました。

できればどこかで使ってみたい。
もし、使うタイミングがなかったとしても、本当にあなた達は「as happy as a clam」や「as cool as a cucumber」を日常で使うの? と隣り合わせた外国人に聞いてみるのもいいかも! と思っています。
そうしたらきっと「なんで君はネイティブが使う英語を知ってるの?」となり、さらに話が弾むのではないかと。私の妄想は、まだまだ続きそうです。

  • 電子あり
『英語イディオム語源辞典 語源とイラストでスラスラ覚える』書影
著:清水 建二 協力:Sayaka Wild

累計200万部突破、清水建二の最新刊! イディオムを覚えれば理解力が飛躍的にアップ! 語源とイラストで覚えるから記憶に焼きつく!

英語学習は「単語」「句動詞」「イディオム」この3点をしっかり習得することで、英語のレベルが飛躍的にあがります。本書はこの「イディオム」についてしっかり学べます!

◆364のイディオムに関連語などを足して約500のイディオム掲載!
◆これ1冊で約500のイディオムがすっと頭に入ってくる! 
◆記憶に焼きつく理由は、語源とイラスト! 丸暗記ではなく、語源を知り、関連イラストを見て、多方面から記憶にアプローチすることで、覚えられる!!
◆イディオムを覚えれば、会話や文章の理解力が飛躍的にアップ↑
◆ひとつひとつの単語はほとんど中学で学習したものばかり!

◆本書の構成
be tied up ☆ネイティブにもチェックしてもらい、使える英語をピックアップ。
縛られる(☆そのままの意味)⇒ 手がふさがっている、忙しい(☆本当の意味)

「縛り上げられる」が原義で、両手を縛られていて何もできない状態から「忙しい」という意味でつかわれる表現です。ネイティブは職場でよく使います。☆語源や関連語などをここで説明

☆さらに例文を紹介し、具体的な使い方もわかる!
Can you make it to the movie on Friday?  (金曜日、映画に行かれそう?)
No,sorry. I'm tied up that evening.(ごめん、その夜は忙しいんだ)

レビュアー

黒田順子

「関口宏の東京フレンドパーク2」「王様のブランチ」など、バラエティ、ドキュメンタリー、情報番組など多数の番組に放送作家として携わり、ライターとしても雑誌等に執筆。今までにインタビューした有名人は1500人以上。また、京都造形芸術大学非常勤講師として「脚本制作」「ストーリー制作」を担当。東京都千代田区、豊島区、埼玉県志木市主催「小説講座」「コラム講座」講師。雑誌『公募ガイド』「超初心者向け小説講座」(通信教育)講師。現在も、九段生涯学習館で小説サークルを主宰。

公式HPはこちら⇒www.jplanet.jp

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます