今日のおすすめ

現代に通じる不可解な事件(井上光晴・1980年代・九州炭坑町)

西海原子力発電所/輸送
(著:井上光晴)
2016.03.13
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

明治、大正の小説には定番中の定番のテーマのごとく「人生はなぜこうも不可解なのか」みたいなテーマがよく出てきますが、それはウラを返せば、他のことは今より単純でわかりやすいことが多かったのかもしれません。いちいちがややこしくなりすぎた現代では、だいたいのことは全貌が見えず、それにつれて小説の登場人物の考え方も立ち位置もややこしいものになっていくようです。30年前の作品ですが、とっくに現代が描かれているようです。(カラスヤ)

レビュアー

カラスヤサトシ イメージ
カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』『毎日カラスヤサトシ』『オレは子を見て育とうと思う』『カラスヤサトシの世界スパイス紀行』『おとろし』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。


近況:風邪にはネギうどんに限ります。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます