今日のおすすめ

すべての肌悩みの元は毛穴!! 花には水を、毛穴には○○を。

毛穴道  もう一生悩まない。
(著:毛穴道研究会 監修:皮膚科専門医 亀山孝一郎)
2020.06.08
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

「毛穴道」と書いて、「けあなどう」と読む。タイトルからしてただならぬ気合を感じる本書だが、内容はれっきとした美容の本だった。では、どうして「毛穴」に注目したのだろう。前書きにはこう書かれていた。

美容メディア『VOCE』のwebサイトを訪れる読者の検索ワードTOPは、いつでも“毛穴”だそうです。『VOCE』の読者層は20~30代が中心。40代になるとシミやシワなど、ほかにも肌悩みが増えてきますが、毛穴の悩みは依然として上位にあがります。

なんと……! 世の女性たちが、それほどまでに毛穴について悩んでいたとは。それも、年代を問わず幅広く。確かに「鼻のつぶつぶ」が気になった時期は、私にもあった。だが、何度パックをしてもすぐ元に戻ることを繰り返した結果、「これは打つ手なし」と勝手に諦め、悩むことすら止めてしまっていたのだ。「他の方々は諦めることなく考え続けていた」ことを初めて知って、自分のずぼらさに赤面しつつ、女性共通の悩みである「毛穴」に着目したプロフェッショナルたちの「研究成果」に触れるべくページをめくった。

著者の「毛穴道研究会」は、毛穴研究で知られる皮膚科専門医に、スキンケアの取材歴が長い美容エディター、業界人の信頼が厚いヘア&メイクアップアーティスト、そして毛穴に悩む『VoCE』読者9人を加えた、「毛穴」をあらゆる角度から知りつくすために結集された集団だ。この顔ぶれだからこそ、事実に基づき、現実的な分析と実践が可能になったのだろう。信頼感が徐々に高まる。

各章のタイトルも面白い。「毛穴を知る」「毛穴をなだめる」「毛穴を愛する」……この名づけだけをとってみても、普通の美容本とは一線を画している。「道」感ともいえる風格が漂い、読み終わったら「毛穴マスター」になれそうな気がしてきた。

ページを開いてびっくり! 第1章の冒頭は「そもそも、毛穴とは何か」と題され、毛穴の種類から機能、働きに至るまでが、こまかく丁寧に解説されていた。その語りはまるで、生物か科学の教科書にも見える。「脂(し)腺性(せんせい)毛(もう)包(ほう)」などという単語も初めて知った。根本的なところから毛穴と向かい合い、読者へ伝えていこうとする姿勢に、本気度の高さを感じる。

さらに続くページでは、顔の「毛穴タイプ」を3パターンに分析し、それぞれの特徴から、どうしてそういう見え方になるのかを、毛穴の構造と皮脂の分泌などを理由に挙げていく。絵や写真といった具体例と合わせて説明が掲載されていたのも、わかりやすく見やすかった。

この後、第2章では日常における毛穴との付き合い方、つまり肌のお手入れ法が案内される。私が以前行っていた「毛穴パック」の何がダメで、代わりにどうすればよいかという方法も掲載されており、目からうろこがボロボロと落ちていった。もっと早く知りたかった……!

圧巻は、研究会に参加した『VoCE』読者の方々の実体験写真! 提案された美容法を、実際に1ヵ月間試した結果が載っていた。女性の鼻のビフォア&アフターが、こんなに並んでいるのを見られる機会もなかなかない。自分の鼻がどのタイプと近いのか、どんな化粧品や方法を取り入れたら変わっていくのかを知りたくなって、真剣に見入ってしまった。それぞれの肌タイプに合わせて処方されたコスメも、参考になる。

このほかに、ニキビが発生するメカニズムやその対処法にも言及があり、悩みながらも何もできなかった昔の自分に読ませたくなってしまった。そして最後の第3章では、「毛穴にいい」メイクの提案やお化粧直しの方法までも紹介されていて、「毛穴」から繋がる自身の体調やメンタル管理に至るまで言及されていた。まさに、至れり尽くせり。

コスメやメイク、美容法を知ることも大事だが、その前に「土台」となる毛穴について知ることが、こんなにも見方や対処法を変えるものだとは気づいていなかった。読むだけで道が開かれ、実践することで極められる、まさに「毛穴道」! あなたにもぜひ、踏み出してほしい。

  • 電子あり
『毛穴道  もう一生悩まない。』書影
著:毛穴道研究会 監修:皮膚科専門医 亀山孝一郎

毛穴の悩みからもう解放されたい人へ。
本当に毛穴に効くこと、今すぐできることを、皮膚科医と美容のプロが伝授します!

毛穴はあなたの敵じゃない。
あなたを守ろうとがんばった結果、毛穴は詰まってしまったりぽっかり開いてしまったりしているだけです。

毛穴が「もうがんばらなくていいんだ」と納得してくれたら、勝手にキレイになってくれるのです。
毛穴にかかるプレッシャーをラクにし、毛穴に愛を注いであげることで、根本から毛穴悩みを解決する。それこそが「毛穴道」!

★自分の毛穴タイプを診断
★すべての毛穴に効くビタミンABCについて
★毛穴がきれいになる正しいスキンケア法&アイテム紹介
★毛穴が勝手に癒されるライフスタイル
★「毛穴にいい」毛穴レスメイク法&コスメ紹介
★毛穴落ちしたときの対処法
★美容医療の本当のところ

など、毛穴について知りたいことを1冊に詰め込みました。

また、本書で紹介しているスキンケアとビタミン摂取を実際に
自宅で毎日行った一般女性9名のビフォーアフターも大公開!

毛穴研究の第一人者である皮膚科医・亀山孝一郎、
スキンケアの取材歴20年以上の美容エディター・大塚真里、
女優やタレントの信頼も厚いヘア&メイクアップアーティスト・AYAの
知恵と知識を結集させた「毛穴道」。
ぜひあなたも実践して、毛穴がきれいになる喜びを実感してください。

レビュアー

田中香織 イメージ
田中香織

元書店員。在職中より、マンガ大賞の設立・運営を行ってきた。現在は女性漫画家(クリエイター)のマネジメント会社である、(株)スピカワークスの広報として働いている。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます