今日のおすすめ

【共感700万部】リアル初恋『好きっていいなよ。』新生活&新キャラで波乱!?

累計700万部突破! アニメ化も実写映画化もされたメガヒット! リアル初恋ストーリー『好きっていいなよ。』。恋、キス、葛藤など、さまざまな「初めて」を経験し、成長していく10代の少年少女を丁寧に描いた本作では、ついに高校を卒業しためいや大和が新しい一歩を踏み出し、新展開に突入した最新16巻の発売を記念して葉月かなえさんにインタビューしてきました! これからの、めいや大和はどうなるのか。みんなは? 今後の見どころまでたっぷりお聞きしてきましたので、最新16巻とあわせてぜひお読みください! (インタビュー・文/編集長しーげる)

2016.05.22
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます
『好きっていいなよ。』

2012年にテレビアニメ化、2014年に実写映画化され、累計700万部を突破した人気作。 16年間、彼氏も友だちも作らずにきた橘めい。ある日、誤解で学校一のモテ男・黒澤大和にケガをさせてしまうが、なぜか大和はめいを気に入って一方的に友達宣言。さらに、めいをストーカーから守ってくれたうえに、守るためとキスまでしてきて……!? ひとりぼっちのめいが大和との関係をきっかけに友だちをつくり、いつしか高校生活は充実していき……。繊細な10代の心の動きを丁寧に描いた青春&初恋ストーリー!

──早速ですが、16巻ではそれぞれのキャラクターから新しい生活への期待感や緊張感、不安など色々な想いが伝わってきますが、描いている葉月さんはどんな気持ちですか?

『好きっていいなよ。』

めいも、新しい環境でまた新たな”はじめて”を沢山味わうことに。このドキドキ感を一緒に感じてください!

葉月: やっと、来たなあという感じです。ここまで成長を描いてこれたという感慨もありますが、成長したからこそ新しい悩みにぶち当たった時のめいと大和や、みんなの反応を考えなくてはいけなくて。そういう時期にようやく来たなあと。お話はラストまで全部考えているので、そこに向けた心の変化や成長も整理していかないとですし。そういうの全部をひっくるめて、保護者のような気持ちで見ています。子供を見守るような感じですね。

──おおお、ラストももうイメージされているのですね。そちらも気になりますが、新展開に入ってこれまでと一番変わったと感じるのはどの辺でしょう?

葉月: まずは制服を描かなくなったことですね(笑)。

──確かに(笑)!。61話の扉のめいと大和の姿はすごく印象的でした。

葉月: 2人がまたひとつステップアップした感じ、それまでと区切りをつけた感じを出したかったので、そう言っていただけると嬉しいです。あとは、周りの環境が変わったのはもちろんですけど、なによりひとりひとりの行動範囲が変わったことですね。高校まではみんな同じ範囲内だったのが、これからはバラバラになっていくというのが大きな違いだなと。

──めいは専門学校、大和は大学、めぐみに至っては海外ですからね。

葉月: なので、これまでとは学校が始まる時間もみんな違うし、帰りが違ったり、それぞれのタイムスケジュールの差も考えないといけない。同じ行動範囲じゃなくなったことのリアリティーを意識しないといけないので、緊張して描いてます。でも、新しい舞台になって、新しいキャラクターを描けるのは楽しいです。

──その新しい舞台を描くのに取材などもされてると聞いていますが、印象に残っていることはありますか?

葉月: 一番はめぐみのことですね。モデルの世界は全然分からなかったので、資料やパリコレに出演した方の本を読んだりしました。その後で取材でお話を伺った時に、 調べたことと聞いたことが感覚として合っていたりすると楽しかったです。お話を聞けた中では特に、海外では事務所が何でもしてくれるわけではなくて、自分でアポを取ったり、メールを送ったり、色々な細かい努力をたくさんされていることにすごく感銘を受けました。

──そういうパワーってすごいですよね。

『好きっていいなよ。』

パリでモデルとして頑張るめぐみ。少しずつ仕事も増やしているけど…?

葉月: めぐみというキャラクターは、みんなよりひとりだけ先に仕事をしてお金をもらって、先に行ってる感じで。今度はフランスに行って、もっと自分ひとりで何とかしなくちゃいけなくなって……。でも色んな人から見ても「かっこいい」と思わせてくれるキャラにしたかったので、そういう行動力を発揮しないといけない環境に行ったのは、とてもよかったと思います。もともと負けず嫌いなキャラだけど、世間の厳しさを一番最初に知って、挫折して、それをどう味わって乗り越えていくのか。性格がハッキリしてる子を描くのは楽しいので、めぐみを描いてると楽しいです。

──めぐみも、もまれながらどんどん強くなってますよね。

葉月: 最初は嫌われる部分もありましたけれど、芯の強い人だなと思ってもらいたくて。最近では「めぐみが一番好きです」と言ってくれる方もいて、すごく嬉しいです。

──ちなみに、新展開で出てくる新しいキャラクターたちでは誰が描いてて楽しいですか? 僕は大和の同級生になる奈月がすごく印象に残るキャラだなあと思いましたけれど。

『好きっていいなよ。』

大和の大学の同級生・奈月。同じ1年生だけど年は上。 その大人びた感じに、大和は…!?

葉月: 大学に入ると年の違う同級生も沢山いるわけで、視覚的にも年が上だと感じさせる人を出したかったので、奈月を出せてよかったです。 新キャラであえて一番を選べば、アンジェロですね。すでに出ていましたが、本格登場してくるのはここからなので実質新キャラということで。

『好きっていいなよ。』

高3の夏にめぐみがパリで出会ったカメラマンのアンジェロ。 めぐみのために色々と力を貸してくれるけど……?

実は、アンジェロにはイメージ元の人がいて。私が10代半ばで初めて参加したイベントで、隣のスペースにひとりで参加してた男の子がアンジェロっていう名前だったんです。絵を描くのが好きで参加したそうなんですけど、ふわっとして素直で可愛らしい人で。少し日本語もできたので、しばらく文通もしていたんですよね。彼の描く漫画が日本の漫画とは違ってアーティスティックでおしゃれで絵画のようなのが面白くて。文通はしばらくして途絶えてしまったんですけれど、彼のことはずっと記憶に残っていて。外国人のキャラは難しいけど、彼のような素直で可愛いキャラにしたいと思ってアンジェロを描いてます。

──おおー。そんな出会いも漫画に活かされているんですね。アンジェロがめぐみに何をもたらしていくかもすごく気になります。展開が進むと、他にも大人のキャラが増えたりするんでしょうか?

葉月: 多分、もうそんなには増えないと思います。むしろ、大地のことはまたちゃんと描きたいと思ってます。

──大地兄ちゃん!! それは楽しみです!!

『好きっていいなよ。』

読者の皆さんにも大人気の、大和の兄・大地。 次はどんな形で出てくるのかお楽しみに!

──さて。肝心のメインキャラたちについても聞かせてください。新展開ではメインの女の子たちに、大きな変化が訪れていますが、それぞれの今後のイメージはもうできているのでしょうか?

『好きっていいなよ。』

同じ専門学校に入っためいとあさみ。 初めは新しい友達もできて順調だったけれど?

葉月: そうですねー。めいとあさみは、地道にちゃんと勉強して頑張っていって、幸せをつかんでいくのかなあ、とか。めぐみは強いし仕事をどんどん頑張りたいみたいな感じで成功していくのかなあ、とか。実は愛子が一番無難に幸せになるのかな、とか考えたりしてますけど。でも、高校時代までのキャラクターや歴史があって、それが違う環境に飛び込むことで、それぞれの形で時には変化していくのかと思います。そういう心情の変化や流れを丁寧に描いていきたいですね。

──みんなの将来は読者の方も気になると思うので、もう少しだけ教えてください! どのくらいまで将来を考えてあるのでしょう?

葉月: みんなが幸せになるまでですね。メインキャラ以外でも、大地とか海とか、気になっているキャラの幸せまでは描きたいと思ってます。皆さんが望んでる形になるかは分かりませんが、これだけ長い連載になってくると私もひとりひとりのキャラクターに愛着があるので、できるだけ納得していただける形で幸せにしてあげたいです。

──16巻ではやや不穏な雰囲気にもなってますが、めいと大和は……大丈夫ですよね?

『好きっていいなよ。』

なかなかお互いのタイミングが合わず、会えない時間も増える2人。 そのことで関係にも変化が!!?

葉月: もう、これ以上はネタばれになってしまうので(苦笑)。とにかく見守っていただければ。

──はい、すみません。ありがとうございます! とはいえ、しつこいですが、これからの見どころをぜひ!

葉月: 新しい環境で、会える時間や関係が変わる中で、キャラクターみんなが色々なことを感じると思うんです。その時その時で、キャラクターたちが感じてることを一番大切にしていきたいと思うので、絵も含めてキャラの感情を感じ取っていただけたら嬉しいです。心の動きと行動の変化、変化した後にまたどうするのか、大きな流れを見ていただきたいなと思います。

──ありがとうございます!! 後はおとなしく、いや、ドキドキしながら待ってます! 最後に、ちょうどリアル世界でも4月で、新生活をスタートさせた方が多いと思います。そんな皆さんにぜひエールをお願いします。

葉月: 学生の方は、ぜひ精一杯毎日を楽しんでください! 社会人の方は、学生と違って大人になるので、責任が発生したり、何か壁にぶつかったり辛いこともあるでしょうけれど、それもひとつの大切な経験になると思います。まずは頑張って続けてみてください。応援してます!

──最後に、読者の方へのメッセージもお願いします!

葉月: だいぶ長い連載になってきていますが、子供を見るかのように見守っていただければと思います。これから佳境に入っていきますが、私も最後まで大切に描ききりたいと思います。どうぞこれからもよろしくお願いします。

──今日はどうもありがとうございました! 『好きっていいなよ。』最新16巻から、新展開に突入してます!  めいと大和、あさみ、愛子、めぐみ、そして他にもたくさんの愛すべきキャラクターたちがどうなっていくのか。どうぞこれからも応援よろしくお願いします!!

『好きっていいなよ。(16)』書影
著:葉月かなえ

思い出のたくさん詰まった高校をついに卒業し、めいと大和はそれぞれの目標に向けて新たな道を歩みはじめる。保育士になるためあさみと同じ専門学校に入学しためい。一方、大和はカメラの道を目指しつつ大学に進学。また、めぐみも本格的にパリでの活動をはじめたけど…。ちょっと大人になった2人の新生活は……、新キャラも登場で波乱の予感!?