今日のおすすめ

かなえられる夢を見続けることができるうちは誰でもが幸せになれるのだ

55歳からの「一生モノ」入門
(著:朝日新聞「55プラス」取材班)
2014.03.05
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

やりたいと思う夢があるうちは人間って老けないのかもしれません。本書は55歳からといっていますが、60歳からでも70歳からでも始められる(実現できる)夢のかずかずをイラスト付きで紹介しています。

その夢を見る処方箋は「学ぶ、自分を深める」「毎日を華やかに」「自然と親しむ、旅に出る」「体を動かす」「人の役に立つ」の五つのパートに分かれてこの本野中にあります。

たとえば学ぶのパートでは大学だけでなくお寺やお香、川柳の学び方を紹介し、毎日を華やかにのパートでは、そば打ちはもちろん寿司の握り方やマジシャン、噺家のなり方までと、いままでにない多様な人生の楽しみ方がここで紹介されています。なかには、アイドルを推すといった変わりダネ(失礼!)まであって、その夢の数は総数39種、それぞれのパートごとに問い合わせ先まで掲載してあり、確かに第二の人生活用書として使い勝手は良さそうです。

ここにある39の夢はもしかしたら一つの小さなタネなのかもしれません。そのまわりにはもっと多くの夢がひそんでいて、みんなに見つけられたがっているものもきっとあります。

あるいは、この小さなタネの中からから自分だけの夢を見つけ、大きくふくらませることができるかもしれません。

この本で取材された人の言葉はそれぞれが短いものですが、それでもその中にその人たちはこぼれるような笑顔で体験をはなされたんだろうなあと、読むものに感じさせます。

夢は大きければいいってものではないんだ、かなえられる夢を見続けることができるうちは誰でもが幸せになれるのだろうなあと感じさせる一冊でした。

レビュアー

野中幸宏

編集者とデザイナーによる覆面書籍レビュー・ユニット。日々喫茶店で珈琲啜りながら、読んだ本の話をしています。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます