今日のおすすめ

【決定版】クリスマスに読み聞かせたい絵本特集。すてきなお話のプレゼント!

12月に入ると、街はすっかりクリスマス色に彩られます。ご自宅にクリスマスの飾り付けを施していらっしゃるご家庭も多いことでしょう。

子どもたちにとってクリスマスのお祝いは、キリスト教徒でなくともとても楽しみにしている年中行事のひとつ。いい子にしていたらサンタさんがプレゼントを持ってきてくれると信じて、この日ばかりは聞き分けのいい子で過ごしてくれそうです。

クリスマスをテーマにした素敵な絵本がたくさんあります。今回は、子どもたちに読み聞かせたい3冊の絵本をご紹介しましょう。

2019.12.13
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます
  • 電子あり
『クリスマスマーケットのふしぎなよる』書影
作:たなか 鮎子

本作は雪の降り積もった、ある異国の町が舞台の不思議な物語です。

クリスマスツリーから落ちてしまった星を助けるために、さまざまな仲間たちが力を貸してくれますが、その過程に親子でワクワクすることうけあい。

初回限定版には、本文内のイラストを使った美しいポストカードが付属しています。
クリスマスのグリーティングカードにぜひどうぞ。

主人公のヨハンは、おじいちゃんに手を引かれながらクリスマスマーケットへと出かけます。
マーケットではクリスマスに必要な、さまざまな飾りやお菓子を売っていますから、初めて訪れるヨハンはとても楽しみにしていたようです。

おもちゃやお菓子、オーナメントを売るお店の美しさにヨハンはたいそう感動しますが、そこで小さな声がするのに気が付きました。

くるみ割り人形と金色に輝くお星さまが、なにやらひそひそと話しているのでした。

どうやらお星さまはツリーから落ちてしまったようで、もとの場所に戻してあげるにはマーケットの仲間たちの協力が必要です。
ヨハンはお星さまを抱え、マーケット中を奔走することになるのですが……。

P.4本文イラスト

  • 電子あり
『はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜』書影
作:かんの ゆうこ 絵:北見 葉胡

ジャム作りと歌が大好きな、心優しいハリネズミのルーチカが、フェリエの国に帰ってきました。

本作は、それまで月しかなかったフェリエの夜空にキラキラと輝く無数の星が生まれる、ある冬のできごとを描いています。
いったい、どうやって星が誕生したのでしょう。

ルーチカとその仲間たちの心温まるやりとりを読み聞かせながら、親子で優しさについて考えてみてはいかがでしょうか。

フェリエの国は私たちの住む世界とはちょっと違っていて、そこには、優しい不思議な生き物たちが住んでいます。
ルーチカもそのひとり。

フェリエの国には今でこそ夜空にキラキラと輝く星がありますが、ある冬の日まで、フェリエの空には月しかありませんでした。

もうすぐクリスマス。ルーチカは持ち帰ってきた「キラキラ」を空に飾って、仲間たちに星空を見せたいと思いつきました。しかし、夜空まで手が届きません。
ルーチカはサンタさんに「夜空まで届くはしご」をお願いしようと思ったのですが……。

仲間思いの心優しいルーチカの願いは、果たして叶うのでしょうか。

星のうまれた夜 本文イラスト

『しかけえほん クリスマスって なあに』書影
作:ディック・ブルーナ 訳:ふなざき やすこ

ミッフィーでおなじみ、ディック・ブルーナのベストセラー&ロングセラー絵本が「しかけえほん」となって発売されました。

子どもたちは「ごちそうが食べられる」ことや「サンタからプレゼントがもらえる」ことがクリスマスだと思い込んでいるかも知れませんが、クリスマスの本当の意味を、この絵本で知ることができるでしょう。

ブルーナのかわいらしいイラストと物語の素晴らしさは言わずもがな、立体的な造形を楽しめる、他にはない手触りの1冊です。

しかけえほんと題された本作、いったいどんな絵本なのでしょう。いちばん最初の見開きページを撮影したものが以下の写真です。

しかけえほん見開き写真

分厚いボール紙でできているページがくりぬいてあり、物語が進むごとに、本当に天使や星が人びとを導いているかのような錯覚を覚えるでしょう。
プレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。

クリスマスが本当はどんな意味を持つのかを、シンプルな言葉で教えてくれる1冊です。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます