今日のおすすめ

【衝撃シーン公開】全ページが規格外! ハイテンション・ファンタジー登場

圧倒的テンションが話題の斬撃のダークファンタジー『交血の組曲』が5月17日ついに発売! その衝撃のシーンをイッキに紹介します! オノタケオ先生からのコメントもお見逃しなく!!

2016.05.19
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

その1 躰から生み出す“紅の黒剣”がデカすぎる!


主人公・アスマの胸に埋め込まれた・オーガの角に、パートナー杏の血を付着させることで生み出される、紅の黒剣――レッドホーン――。そのデカさと破壊力は圧倒的だが、活動時間は6分しかない!

その2 城も振り回す! 地獄の住人オーガが怖すぎる!


“ステージ”で大きさと強さがランク付けされるオーガ。ステージ8でも十分デカいのに、ステージ10になると城を振り回しちゃってます。こんなの相手に、どうやって戦うの? さらに下半身を切断されても、まだ動き回る生命力。オーガ怖すぎッ!

その3 誰も護らない!? 主人公のテンションが高すぎる!


対オーガ専武機関・ゼクスの隊員なのに、「誰の命も護らない」って、自分勝手すぎる主人公。
しかも、オーガに喰われた片腕を、オーガを喰って生えさせるって、テンション高すぎッ!



毎話「どうカッコ良く」「どう迫力出すか」を元に1コマ1コマ、グリグリと頑張っております。これからも“ヒリついた”斬撃をお届けしますので、彼らの歩みに、ワァーキャー楽しんでいただければ幸いデスッ!!

『交血の組曲(1)』書影
オノタケオ

地獄の住人・オーガに蹂躙され続けた人類は、それに対抗すべく“死響の連団”ゼクスを組織。その一員であるアスマは、自らの躰から生み出す巨大な黒剣を携え、たったひとりオーガに挑む。しかし「誰の命も護らない」と言い放ち、オーガ抹殺のみに全精力を捧げる。果たして彼は、人類の救世主なのか、それともただの破壊者か……。想像を絶するバトルを圧倒的な筆力で描く、斬撃のダーク・ファンタジーが、今始まる──!

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます