今日のおすすめ

ファミコン、スーファミ、メガドラも! ゲーム大好きギャルとピコピコ遊び尽くす!

きみとピコピコ(1)
(著:ゆずチリ)
2021.09.05
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

ゲームしようぜ!

すみからすみまでテレビゲームとゲーム愛でいっぱいのマンガだ。カバーを外して裏側をみてニヤっとなるし、1ページずつ丁寧にめくって読みたくなる。


目次までかわいい。マンガをオススメするときに、のっけから「目次を見て! めっちゃいいから!」と言うことになろうとは。本の隅に印刷された「少年マガジン」というロゴすらかわいいので実物を見てほしい。たしかなゲーム経験と愛がなきゃこんなの作れないよ。

ということで中身もゲーム愛でいっぱい。



このページを読んで「あー最後まで一気に読むわ」と思った。ギャルが胸をドスンとのっけるゲーム機が、よりによってセガの名機メガドラ(メガドライブ)! 渋い!

ゲームソフトに対するコメントも的確だ。自分がやりこんだゲームであればあるほど「わかるー」となる。


どうぶつの森に対する「ムダにずっとやってたい」って感想、的確すぎる。新作が出るたびに時間が謎に数百時間溶けるんだよなあ……。

『きみとピコピコ』は、娯楽高校という大変すばらしい名前の高校にあるテレビゲーム部のお話。往年のクラシカルな名作ゲームから最新のゲームまで、部室でギャルとひたすら遊びまくる。つまり夢のような世界なのだ。

やたらゲームにくわしいギャル

娯楽高校1年の太田太一(通称“オタくん”)はテレビゲーム部に入部することに。で、めっちゃプロゲーマーみたいなゴリゴリな人がいっぱいいるのかなーと思ったら、テレビゲーム部の部室にいたのはかわいいギャル1人。彼女はオタくんの知らないゲームに興じていた。



歓楽街じゃなく部室にいるギャルにもびっくりだけど、彼女がゲームを遊ぶマシンがスマホどころかプレステでもないし、ファミコンなのが最強にびっくりだ。

彼女は“鬼咲アゲハ”。オタくんと同じ1年生でテレビゲーム部の部員だ。彼女はめっちゃくちゃゲームに詳しい。ほんとに現代の高校1年生か?って勢いなのだ。


アゲハからオタくんへの「のーみそコネコネ」のお誘い。あー、もうここで悶絶する。


アゲハはアクションパズルゲームの名作「ぷよぷよ通」をメガドライブで遊ぼうぜとオタくんにお伝えしているのだ。「勝負だ!」と対決を挑むときのポーズも完璧。

で、いざ勝負が始まると……、


アゲハはメガドライブを嗜む由緒正しいゲーマーなんだけども、プレイスタイルは初心者向けの「カエル積み」だったりする。でもわかるよ、私もカエル積みが一番好き。アガるよね。

各エピソードに作者のゆずチリさんによるコラムもある。これが「わかるー」の嵐なのだ。たとえばアゲハが迷いなくやったカエル積みについて。



「思考を放棄した勢いだけのプレイ」「理屈はわからないけど、すごいものをみた、という感動があった」こんな言葉のはしばしから愛と思い出がほとばしる。いいんだわ、これが。

オタくんとアゲハは部活動という名のもとにゲームに興じまくる。で、その様子をみるとニヤニヤしてくるんですよ。仲良し。



「どきどきメモリーズ」のモデルは恋愛シミュレーションのパイオニア「ときめきメモリアル」。ギャルが耳元でツッコミを入れ続ける恋愛シミュレーションゲーム、めっちゃおもしろいですよ。

屋外で遊ぶときだってゲームはついてくる。ゲームボーイって屋外だと真っ白けになるんだよなあ。

各エピソードと熱いコラムを読むたびに「わかるー」と懐かしくなる。そして、昔のゲームって令和に遊んでもめちゃくちゃ楽しいよなと思い出す。昔のゲームって、ハードとソフトさえ揃えばちゃんと遊べるんですよね。それって素晴らしいことだと思います。読めば読むほど往年のゲームとゲーム機が恋しくなるので覚悟してください。

  • 電子あり
『きみとピコピコ(1)』書影
著:ゆずチリ

理想の高校生活を送るべく、ゲーム部に入部したオタク・太田。そこで出会ったのは同じく新入生のギャル・鬼咲アゲハだった!! 早速ゲームするも、アゲハさんのチョイスはファミコン、スーファミ、メガドラ! この人一体何者なんだ!? 名作からレトロゲーまで、アゲハさんとイチャイチャ遊び尽くす! “ギャルとTVゲームする”青春ラブコメ。

レビュアー

花森リド イメージ
花森リド

元ゲームプランナーのライター。旅行とランジェリーとaiboを最優先に生活しています。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます