今日のおすすめ

松田凌『乱歩アナザー』を激賞──未公開写真&インタビュー

好評発売中のマガジンエッジコミックス『乱歩アナザー -明智小五郎狂詩曲-』1巻(原作/江戸川乱歩 漫画/薫原好江 協力/平井憲太郎)に推薦コメントを寄せた若手人気俳優・松田凌がマガジンエッジ8月号にも小林少年ルックで登場! 今回は特別に、そのインタビュー前半と、一部未使用写真を公開しちゃいます!

2016.07.30
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます
松田 凌

1991年9月13日生まれ。2012年、ミュージカル『薄桜鬼』斎藤一篇にてデビュー。以来、舞台『K』や『パラノイア★サーカス』など数々の舞台に出演するほか、TV『仮面ライダー鎧武/ガイム』や映画『ライチ☆光クラブ』など様々に活躍の場を広げている注目の若手俳優。

松田凌

──松田さんは少年社中×東映舞台プロジェクト『パラノイア★サーカス』でコバヤシ少年を演じられて、〝乱歩つながり〟で『乱歩アナザー -明智小五郎狂詩曲-』(以下、『乱歩アナザー』)に推薦コメントを寄せてくださいましたが、『乱歩アナザー』を読んだ率直な感想は?

松田:単純にいうと面白くて素敵だし、でもそれを差し置いても、登場人物の配置が…たとえば黒蜥蜴が男性であったりとか、それがあるからこそ謎を生めるということにびっくりしました。黒蜥蜴が女性だったとしたらここまでの話の膨らみ方をしていないと思うのですが、それを男性にすることで女性に成り変われて話が広がる。二十面相や人間椅子の設定とか「ここで混ぜてくるんだ!」という驚きもありました。
それと、この作品の「闇」の部分もいいですよね。美しさだけじゃないというのが素敵です。設定から絵や性描写だったり、人間のそういうところをあまりオブラートに包まないところも好きです。

──ありがとうございます。松田さんが『パラノイア★サーカス』で演じられたコバヤシ少年の役も、可愛いだけではない、これまでの小林少年像を覆す斬新なものでしたが、難しい役だったのでは?

松田:難しかったですね。『パラノイア★サーカス』は乱歩作品をモチーフにした登場人物がたくさん出てくるのですが、コバヤシ少年は作品自体の裏の核を握る存在だったので…。でも、任せていただいてとても嬉しかったですし、やりがいも感じていました。

──コバヤシ少年の役作りはどのように?

松田:僕、コバヤシ少年を最初「少年」として作ろうと思っていなかったんです。ちょっと反骨精神で。

──自分なりのコバヤシ少年を?

松田:そうですね。明智小五郎の助手であり、少年探偵団の団長であるというイメージというか固定観念を、少しでも自分色に染められたら…と。

松田凌

──────続きは発売中の「マガジンエッジ」8月号で!
雑誌だけでしか見れないスペシャルショットがたくさん!

マガジンエッジ公式ホームページへ

INFORMATION

DVD発売中

松田凌

少年社中×東映 舞台プロジェクト『パラノイア★サーカス』
脚本・演出 毛利亘宏(少年社中)
価格:5,800円+税  販売:東映/発売:東映ビデオ
©少年社中・東映

【DVD特設ページ】 http://www.toei-video.co.jp/DVD/paranoia.html

舞台

『瞑るおおかみ黒き鴨』
2016年9月1日(木)~9月11日(日):天王洲 銀河劇場
2016年9月19日(月祝)~9月20日(火):森ノ宮ピロティホール
2016年9月22日(木祝):北九州芸術劇場(大ホール)
公演詳細はhttp://www.mononofu-stage.com/

撮影:神谷美寛 ヘアメイク:木戸出香 スタイリング:小田優士(Creative GUILD)
衣装協力:DOWBL(03-6427-4225)/GGD 原宿店(03-5771-5677)

『乱歩アナザー -明智小五郎狂詩曲-(1)』書影
原作:江戸川乱歩 漫画:薫原好江 協力:平井憲太郎

50年の時を経て、名探偵、華麗に帰還──。謎と美と欲望に彩られた戦前の帝都・東京。かつてなく妖しく美しい明智小五郎と、禍々しくも華々しい怪人たちの、夜の宴の幕が上がる。江戸川乱歩の代表作・明智小五郎シリーズを、気鋭・薫原好江が妖艶にコミカライズ! 第1章は、明智小五郎VS.黒衣の美少年怪盗・黒蜥蜴!

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます