今日のおすすめ

『100万回生きたねこ』40周年──とらねこプレゼント&「幻の猫本」復刊

1977年に出版された佐野洋子さんの『100万回生きたねこ』が来年40周年の節目を迎えることを記念して、幻の名著がよみがえります! その名も『ねこ いると いいなあ』。発売を記念して『100万回生きたねこ』ありがとう40周年フェアの詳細と、講談社の発行する佐野洋子さんにまつわる「猫本」をご紹介します!

2016.11.26
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

記念刊行「ねこ いると いいなあ」

佐野洋子さんが1990年に出版した絵本が、『100万回生きたねこ』の40周年を記念して講談社から復刊しました。クレパス画で描かれた、猫と少女の“ゆめかわいい”不思議なお話をお楽しみください。
『ねこ いると いいなあ』書影
著:佐野洋子

「ねこ いると いいなあ」と願う少女が、ねこの絵を1匹、2匹、3匹と描いていくと、やがて部屋中ねこだらけに。けんかするねこ、かみつくねこ、赤ちゃんを産むねこ。少女はお母さんに助けを求めます……。かわいいねこたちが織りなす、ふしぎで、ちょっぴりこわいおはなし。

ヨーコさんの「猫」と「言葉」

佐野洋子さんが描き、綴り続けた多くの本の中から、講談社から刊行された5冊をご紹介。絵本、エッセイ、寄稿集などヨーコさんの「猫」と「言葉」をお楽しみください。

  • 電子あり
『100万回生きたねこ』書影
著:佐野洋子

幾百万の魂をゆさぶり続ける大ロングセラー。100万回死んで、100万回生まれかわったとらねこ。自分しか愛さなかった彼が、はじめて他者を愛したとき……。この世に生まれた意味を問いかける絵本。

『おれはねこだぜ』書影
著:佐野洋子

さばが大好物のねこに、空とぶさばの大群が! ねこはさばが大好き。ところがある日、さばの大群が空をとんでねこに襲いかかってきます。軽いブラックユーモアで大人も子どもも笑える、ナンセンス絵本です。

『100万分の1回のねこ』書影
著:谷川俊太郎/山田詠美/江國香織/岩瀬成子/くどうなおこ/井上荒野/角田光代/町田康/今江祥智/唯野未歩子/綿矢りさ/川上弘美/広瀬弦

1977年に刊行された佐野洋子さんの『100万回生きたねこ』は多くの読者に愛され、200万部を超えるベストセラーとして、現在も版を重ねています。本書は、人気作家13人たちによる短編小説や詩のアンソロジーです。

『ヨーコさんの“言葉”』書影
文:佐野洋子 絵:北村裕花 監:小宮善彰

NHKの人気番組「ヨーコさんの“言葉”」が、大人のための絵本になりました! この言葉を見事に絵で伝える北村裕花さんの250点近い作品もオールカラーで収録。

『ヨーコさんの“言葉” それが何ぼのことだ』書影
文:佐野洋子 絵:北村裕花 監:小宮善彰

大好評! NHKの人気番組「ヨーコさんの“言葉”」書籍化第2弾、待望の刊行です! 新聞各紙の書評などのほか、前作に感想の声が続々。「おもしろいのに感動」「ふしぎな力がわいてくる」「歯にきぬ着せぬほんとうの言葉」「吹き出したりもするけれど、心の霧が晴れた」「痛快なのに、泣けてきた」などなど。

『100万回生きたねこ』ありがとう40周年フェア開催中!

抽選で合計100名様にとらねこグッズをプレゼントします。

プレゼント

【とらねこグッズプレゼント各賞】

A賞:とらねこ ウオールクロック…6名様

B賞:VCDとらねこ(立体造形)…10名様

C賞:トラベルポーチS…12名様

D賞:とらねこポーチ…16名様

E賞:アクリルキーホルダー…56名様

【応募締め切り】

第1回 2017年3月31日

第2回 2017年11月30日

※当日消印有効

【応募方法】

フェア対象作品のオビについている【応募券】を切り取ってはがきに貼り、郵便番号、住所、氏名、性別、年齢、電話番号、好きな佐野洋子の作品(複数可)、希望賞品名を明記し、あて先までお送りください。当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。賞品の発送時期は締め切り日の1~2ヵ月後の予定です。

【あて先】

〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
講談社 幼児図書編集チーム 「100万回生きたねこプレゼント」係

※ご記入いただきました個人情報は、抽選と発送のためにのみ使用します。

【応募券のついている作品】

100万回生きたねこ/おじさんのかさ/空とぶライオン/わたし クリスマスツリー/ねこ いると いいなあ/おばけサーカス/おぼえていろよ おおきな木/おれは ねこだぜ/ふつうのくま
※応募券がついているのは40周年フェアのオビが巻かれた書籍のみです。

著者写真

佐野洋子(さのようこ)

1938年、北京に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒。1967年、ベルリン造形大学においてリトグラフを学ぶ。主な作品に『100万回生きたねこ』(講談社)、『おじさんのかさ』『おばけサーカス』(講談社・サンケイ児童出版文化賞推薦)、『すーちゃんとねこ』(こぐま社)、『わたしのぼうし』(ポプラ社・講談社出版文化賞絵本賞)、『だってだっての おばあさん』(フレーベル館)、『ねえ とうさん』(小学館・日本絵本賞/小学館児童出版文化賞)などの絵本や、童話『わたしが妹だったとき』(偕成社・新美南吉児童文学賞)、さらに『神も仏もありませぬ』(筑摩書房・小林秀雄賞)、『役にたたない日々』(朝日新聞出版)、『シズコさん』(新潮社)、『死ぬ気まんまん』(光文社)、『佐野洋子対談集 人生のきほん』(西原理恵子/リリー・フランキー 講談社) などのエッセイ、対談集も多数。2003年紫綬褒章受章、2008年巌谷小波文芸賞受賞。2010年、72歳で逝去。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます