今日のおすすめ

性格真逆のド派手ギャルとアイドルが双子姉妹! 双子の三角関係ラブコメ

花園さんちのふたごちゃん(1)
(著:北島 音奈)
2021.01.10
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

とにかく可愛い!! 全編を通してこの一言に尽きるのですが、何が可愛いって花園さんちのふたごちゃんが、どちらもメチャクチャ可愛い。
容姿も可愛ければ性格も可愛くて、そして何より心惹かれるのは、自分のことより相手のことを思う優しい気持ちです。

ふたごの妹、花園百合子は今人気絶頂のアイドルグループ“音羽坂47”のメンバー。明るくてみんなに優しいクラスの人気者で、学年一の秀才という完璧人間。
姉の蘭子は真逆で、スクールカーストの頂点に立つ自由奔放な生粋のギャル。学校に遅刻しても、登場の仕方がド派手です。



こんなふたごと高校の同級生で幼馴染みの谷多々良(たにたたら)は、実は密かに妹の百合子に片思い中です。

その百合子から「ウィズミーランドに一緒に行ってもらえませんか…?」と誘われる多々良。この日限定の撮影イベントにどうしても行きたいというのです。
アイドルは恋愛がご法度。そこで百合子が考えた変装は、姉の蘭子になりすますことでした。
ところが、このデート写真を高校の新聞部にスクープされてしまいます。

「私、絶対日本一のアイドルになるから」と百合子の夢を聞かされていた多々良は、この写真が世間に出回ったら大変とオロオロするのですが、そこにやって来た蘭子の対応が凄い!



百合子のアイドル生命を守るため、多々良と蘭子は恋人のフリをすることに!!
ところが多々良はドンくさいやつなので、誰が見ても2人は不釣り合い。本当に付き合っているのかと、怪しまれています。
そこで周りを欺くために、手を繋いで登校したり、手作り弁当を食べさせてあげたり、ラブラブぶりをアピールする蘭子の小悪魔的魅力が爆発!!



蘭子の演技力にすっかり騙され、振り回されっぱなしの多々良。

ところが「恋愛マスター」を名乗り、ちょっとワルぶってリードする蘭子も、実は誰とも付き合ったことがありません。
だから蘭子の仲の良い友達にはバレバレで、「多々良くんといる時の蘭子を見れば一目瞭然!」「今まで見たことないくらい『好き』が顔に出ちゃってんだもん!!」と聞かされる多々良。

これを聞いて多々良はどうするのかと思ったら、「さすが蘭子、演技も抜かりないや…」と受け流してしまいました。
気づけよ、多々良!! と思わず叫びたくなります(笑)。でも、この鈍感でピュアなところが、多々良の可愛くて憎めないところなのです。

一方、百合子は百合子で、ラブラブな多々良と蘭子を見て、「本物の恋人みたいだな…」と複雑な感情を抱きます。
そして2人きりになったとき、積極的に多々良に接近する百合子とドギマギする多々良。
実は百合子は演技の練習をしていたのですが、本心は……。



この作品の一番の胸きゅんポイントは、見ている私達は3人の本心がわかっているのに、肝心の登場人物たちがその気持ちを隠し、あるいは敢えて触れずに、ただ相手のことを思って動いているところ。もし、この均衡が少しでも崩れたら、誰かが悲しむことになるのです。

この微妙な三角関係、じれったくて切なくて、あーん、もう!! となるわけです(笑)。
とにかく可愛くて、テンポが良くて楽しくて、この先が気になるオススメの1冊です!!

  • 電子あり
『花園さんちのふたごちゃん(1)』書影
著:北島 音奈

運動も勉強も全てが並の高校1年生・谷多々良。彼が通う高校には幼なじみのふたごの姉妹がいた。姉の蘭子はド派手ギャル、妹の百合子は大人気アイドル。学園カーストは違えど、多々良は今でも百合子に片思い中。そんなある日、突然百合子からデートの誘いが! このデートをきっかけに、多々良はふたごたちと秘密の関係を結ぶことに……! 誰にも言えない三角関係が動き出す! ドキドキ2倍の双子ラブコメ開幕!!

レビュアー

黒田順子

「関口宏の東京フレンドパーク2」「王様のブランチ」など、バラエティ、ドキュメンタリー、情報番組など多数の番組に放送作家として携わり、ライターとしても雑誌等に執筆。今までにインタビューした有名人は1500人以上。また、京都造形芸術大学非常勤講師として「脚本制作」「ストーリー制作」を担当。東京都千代田区、豊島区、埼玉県志木市主催「小説講座」「コラム講座」講師。雑誌『公募ガイド』「超初心者向け小説講座」(通信教育)講師。現在も、九段生涯学習館で小説サークルを主宰。

公式HPはこちら⇒www.jplanet.jp

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます