今日のおすすめ

封印された呪いのサイコロに賭けるは己の命。サイコロ勝負限定!! 死神×異常賭博

死神サイ殺ゲーム(1)
(原作:門馬 司 漫画:大前 貴史 その他:エイリゾ)
2020.03.14
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

死に直面した家族の命を救うため、自分の命を賭けてサイコロを振ることができるか? と死神に問われたら、あなただったらどうしますか?
もし、他人の寿命を奪うことで、大切な人の命を救えるのだとしたら……。

神沢正心(かみさわせいしん)は、東大クイズ研究会に入ってクイズ王になるのが夢の「謎は全て解きたい。答えは全て知りたい」という高校3年生。
ある日、父親と妹の萌香(もか)の3人で帰省先から帰る途中、父親がくも膜下出血を起こし交通事故に遭います。
神沢は軽い打撲で済んだものの、父親と妹は生死の境を彷徨う重体。
このままでは、1人ぼっちになってしまうと絶望感を抱いた神沢は、萌香の部屋でぐるぐる巻きにされたあるモノを見つけます。


中から出て来たサイコロに触れたことで封印が解かれ、神沢は死神の契約者になってしまうのですが、死神バッチは1つだけ願いを叶えることができると言うのです。



ただし、願いが叶うかどうかはサイコロの出目次第。サイコロの目によっては、1人も救えないどころか自分も死ぬかもしれない、まさに究極の選択。

おぉぉぉ!! そういう話かと思ったら、これはほんの序章に過ぎませんでした。面白くなるのは、ここから。

萌香の命は救えたものの、相変わらず父親は危篤状態。
しかし、これを覆す方法が1つだけありました。
死神の「代打ち」として「死神賭博」の夜会で勝つこと。そうすれば1つだけ願いを叶えてもらえるのです。
ただし賭けるのは、自分の寿命。

もし自分の寿命がわかったら、死ぬまでに貯金を使い果たし、なんなら借金を踏み倒して(笑)、と日頃から考えている私としては、この設定にシビれました。
私が神沢なら、この賭けに乗る!! 迷わず乗る!!

「死神賭博」で開催されるゲームは、3つのサイコロの目の揃い方を競う「チンチロリン」。
神沢と共にゲームに挑むプレイヤーは3人で、親1人vs子3人に分かれ、寿命である持ち点を奪い合います。
このときプレイヤーは、「死神の能力」が1つだけ使え、神沢は相手が嘘をつくと苦味を感じる「死神の舌」を手にします。

なんとも怪しげで癖のある3人ですが、中には死神の能力を商売に利用している人もいて、一体、どんな経緯で死神に取り憑かれたのか、とても興味をそそられました。

4人の中で圧倒的に有利なのは神沢。寿命は残り29,256日。つまり97歳まで生きられるわけで、例えば20年分寿命が縮まったとしても、まだ77歳なのです。
これは楽勝でしょ、と思っていたら、まんまと術中にハマり……。

今まで自分の寿命を日にちで計算したことなどなかったのですが、仮に平均寿命まで生きたとしても、意外に少ない気がしました。
しかも、明日も生きている保証はないし。

世界で今日死ぬ人間 1/38,338人 

もし自分の寿命がわかったらなんて、健康だから言える戯言(ざれごと)で、今日生きていることも、かなり有難いことなんだよねって、ストーリーを楽しみながらも頭の片隅で思ってしまいました。

それにしても、ここに出て来る死神やプレイヤーたちの迫力のあるおどろおどろしい顔といったら!!
それに比べ、死神バッチのちっちゃな角と牙、牛乳瓶の底みたいな目でのキョトン顔は、かなり可愛い!! 死神賭博を仕切る番人も、ちっちゃくて可愛い!!

とはいえ、死神の望みは人間の死。
死神に憑かれた神沢はこの先、必ず死ぬという運命が待ち受けているのです。
その運命を覆すには、死神を再び封印するしかなく、その方法を唯一知っている萌香は、なぜかその方法を「言えない」と言うのです。
その理由は一体、何なのか?
死神賭博で、神沢は勝者となれるのか?

なーに先を急いでるんだよぉ、夜会はまだ始まったばかりだぜ!! そんな死神バッチの声が聞こえてきそうで、私もすっかり取り憑かれてしまったぞと思ったのでした。

  • 電子あり
『死神サイ殺ゲーム(1)』書影
原作:門馬 司 漫画:大前 貴史 その他:エイリゾ

賭けるは、己の命! 賽を振れ! 願いを叶えるために!! 死神×異常賭博! 「答えは全て知りたい」がモットーの高校3年生・神沢正心。彼の父親と妹は交通事故で瀕死の重体となってしまう。だが、神沢は、絶望の中、妹・萌香の部屋で謎のサイコロを発見する。それは、死神・バッチが封印された呪いのサイコロだった……!! 封印が解かれた時、世界は激変する!!!

レビュアー

黒田順子

「関口宏の東京フレンドパーク2」「王様のブランチ」など、バラエティ、ドキュメンタリー、情報番組など多数の番組に放送作家として携わり、ライターとしても雑誌等に執筆。今までにインタビューした有名人は1500人以上。また、京都造形芸術大学非常勤講師として「脚本制作」「ストーリー制作」を担当。東京都千代田区、豊島区、埼玉県志木市主催「小説講座」「コラム講座」講師。雑誌『公募ガイド』「超初心者向け小説講座」(通信教育)講師。現在も、九段生涯学習館で小説サークルを主宰。

公式HPはこちら⇒www.jplanet.jp

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます