今日のおすすめ

【名作4コマ】40年以上、女性が石ころを背負って築いた港(木山捷平)

新編 日本の旅あちこち
(著:木山捷平)
2016.05.08
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

岩船港から粟島へ向かう際の風景です。男は漁に出ているのでしょうか。石の山はどこからどうやって運ばれてきたのでしょう、なぜこの100メートルは、背負って運ぶのでしょうか。車がつかえない道だからでしょうか。石は波よけにするのでしょうか。この港の工事、着工は大正時代にさかのぼり、ちゃんと港になるまでは40年以上にわたる難工事だったようです。(カラスヤ)

レビュアー

カラスヤサトシ イメージ
カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』『毎日カラスヤサトシ』『オレは子を見て育とうと思う』『カラスヤサトシの世界スパイス紀行』『おとろし』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。近刊に講談社『カラスヤサトシ』9巻、リイド社『カラスヤサトシの戦国散歩』があります。

近況:いくらお目出度い日だろうと、なんか成し遂げた日だろうと、今後暴飲暴食は慎もうと思います。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます