今日のおすすめ

明治後期の岡山県穂浪村 鍋島を見下ろす山頂──カラスヤサトシの文庫で100年散歩

何処へ・入江のほとり
(著:正宗白鳥)
2015.01.30
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

辰男は故郷にいるにも関わらず島の名も知らず鳥の名も知らず、最も故郷から心離れて暮らしているかのようです。なんのイミもない英作文を、それでも作りつづける姿は「地に足のついた狂気」ともいうべき斬新なスタイルに思えてきます。この鍋島は、今の地図には見当たらず、おそらく周囲が埋めたてられ本州の一部になっているのでしょう。(カラスヤ)

レビュアー

カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます