今日のおすすめ

年間7億稼ぐモンスターキャバ嬢。日本中から狙い撃ちされた「夜の街」の女王の秘密

億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりかた
(著:一条 響 撮影:下村 一喜)
2021.04.06
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

年間7億円売り上げるキャバクラ嬢

インスタグラムでいろんな世界を「マジかー!」と眺めると元気が出る。なかでも歌舞伎町のキャバクラ嬢"一条響"さんのインスタが楽しい。古今東西、いろんな有名キャバ嬢のアカウントを探したけれど私は彼女のが一番好きだ。

毎日きちんとお店に出勤して、にっこり働いて、キラキラと華やかなシャンパンが毎晩何本も飛び交って、仕事終わりに「ふう。」というコメント付きで「締めの梅昆布茶」を持つ手が投稿される。おつかれさまです! と思う。ときどき指からはみ出そうなくらい大きなダイヤの指輪も拝めるけれど、基本「働き者」の言葉少なめなインスタだ。見てて気持ちがいい。

『億女』は一条響さんが初めて出した本。年間7億円(!)も売り上げる彼女がキャバ嬢になったきっかけ、ナンバーワンに君臨し続ける理由、自分一人で立ち上げて経営しているマツエクサロンのこと。そしてコロナのこと。どれも飾らない言葉で語られている。インスタのストーリーを追いかけるだけじゃわからない横顔が面白い。そして「まぶしい!」と思うだけだったトップキャバ嬢の世界が少しだけ覗ける。

「おカネかかりそうやな」は最高の褒め言葉

とにかくあちこち痛快な本だ。たとえば「どうしたら売れっ子キャバ嬢になれる?」という章にこんなくだりがある。

「どうやったらお客さんつかめますか?」
って女の子から聞かれることがよくある。
でも、そういうのってひとりひとり違うと思うんです。
だから、そんなざっくりした質問だと、聞かれても答えに困る。

「そんなざっくりした質問、答えに困る」って正直な答え。このサバサバした感じ、淡々とパンチが効いてていい。でもちゃんと「答え」のいくつかを教えてくれるんですよね。

いくら素晴らしいことを言ってたりしても、自分自身の価値が低いと、おカネを遣ってもらえない。
たとえば、むちゃくちゃ面白くてめちゃくちゃ可愛くても、身につけてるものや喋り方がよくないと、
「じゃあお前、吉四六(焼酎)でいいや」
ってなっちゃうかもしれない。
この子には、おカネを遣わなきゃいけないって思わせるためには、自分で自分の価値を上げること。

キャバクラで売り上げナンバーワンになるって、そうか、お客さまにおカネをめっちゃいっぱい遣ってもらうこと。売れっ子キャバ嬢がみんなキラキラしているのは、それがお仕事を進める上で大切な姿勢だから。たしかにキャバクラの世界以外でも「姿勢がしゃんとしてるな」「スーツがきれいだな」って相手のことをさりげなくチェックしている。

私はよく、
「おカネかかりそうやな」
って言われるんです。
でもそれって、結構、最高の褒め言葉だと思う。
こいつには「ヴーヴ・クリコ(リーズナブルなシャンパン)」でいいやって思わせるか、「アルマンド(高級シャンパン)」入れなきゃって思わせるかは、自分次第じゃないかなって思います。

「おカネかかりそう」が褒め言葉って気持ちいい。インスタで見る一条響さんのメイクも髪の毛もドレスもグラフの時計やピアスもピシッと綺麗な理由がわかった。あれ、自己ブランディングの究極形なんだ。

私は自分のことを商品だと自覚しているので、自分で高いハイブランド品を買う。お客さまに対するマインドコントロールでもあると思う。
(略)飲みに行っておカネを遣うくらいなら、ひとつでもハイブランド品を買って自分で身につけること。(中略)
自分が自分に投資しなかったら、お客さまも投資してくれないと思うんです。

強い! 強いし、わかりやすい。「メンタル最強キャバ嬢」と称される人の頭の中ってクリア。たとえば、「高いお酒を頼んで(お客さまに)切られたらどうしよう」と悩む新人キャバ嬢に、響さまは次のような強い助言をくれる。

でも、お客さまは、いつかは切れるもの。
怖がって高いお酒を口に出さないでいるよりも、ちょっと高めのお酒をお願いして、それで断られたらそれはそれ。
でも、最初から高いお酒を頼まなかったら、そこで終わっちゃう。(中略)
断られるのが怖いっていう、そのプライドは捨てましょう。

蛍光ペンでグリグリと印をつけたくなるくらい良いアドバイス。強い滝に打たれる気分だ。

「有名キャバ嬢で連絡が返ってこないのは響だけ」でも、接客は全力

お客さまが同じタイミングでお店にいらっしゃるとき(いわゆる「卓被り」)の話も面白い。
まず大前提として、

やっぱりおカネをたくさん遣っていただいた人に長くつきます。

とのこと。当然です。でも中座するって難しくないのでしょうか? お客さま、ムッとしたり寂しくならない?

席を抜けるときは、ボーイさんが、
「響さんお借りします!」
と言ってくれるので、「借りられてくるね~」とか「すぐ戻るね」って感じで行きます。
違う卓に行ったら、またハイテンションで入ります。

「借りられてくるね~」ってかわいい。しかも席をはずしている最中のフォローがさらにかわいい。

席についていないときも
「ごめんね」といったスタンプや、
「もうすぐ戻るね」って
LINEを送ったりしていますね。(中略)
「あとでLINE送るから見てね」
と言って抜ける。
とにかく店の中では全力。
楽しんでもらうようにしています。

お目当ての彼女を待つ時間もちょっと楽しそう。いいな。しかも、お店にいるときに全力でLINEをするのは、それが「接客」の一つだから。つまりお店の外では返事をしないことも。「有名キャバ嬢で連絡が返ってこないのは響だけ」とお客さまに言わしめる響さん。ハッキリしてて気持ちいい。

そして、お客さまに「(お店に)来て」とも言わないそうだ。ここにもキャバクラで働く上での彼女なりの考えと強い理由がある。「来て」と言わなくてもお客さまは響さんのところに来てしまう。読んでなるほどなあと思った。

一貫して「人を動かす」エピソードが続く本だ。マツエクのお店でも、キャバクラのディレクターとしても、人を動かすことに心を砕いて働いている。そりゃ7億売り上げちゃうよなあ。

ちなみに、「これはちょっとひどい話になっちゃうけど」という前置きで語られる「おカネのない人にどう遣ってもらうか」っていう、実現不可能に見えるのに実現できてしまう作戦も大変痛快でかっこよかったので、絶対に読んで確かめてほしい(いい話です)。

  • 電子あり
『億女 売上モンスターキャバ嬢一条響のつくりかた』書影
著:一条 響 撮影:下村 一喜

この時代に億を稼ぐ「ラスキャバ」がはじめて語り尽くした「人を自分のために動かして、自分自身のキャパを超えていく力」!

日本中から狙い撃ちにされた「夜の街」の女王は、なぜそれでもポジティブに働き続けられるのか。その「たくましさ」と「しなやかさ」に学ぶ。

インスタフォロワー38万人! 日本一のキャバクラ嬢一条響の魅力を1冊に封じ込め! はじめて明かす生き方、仕事や恋の話、美の秘訣――。

本人直筆「ヒビコの45のヒミツ」もあるよ!

巻頭撮りおろし「プリンセスのひととき」撮影 下村一喜

第1章 キャバ嬢とは
キャバクラ業界に入ったきっかけ/爆弾/キャバ嬢学/どうしたら売れっ子キャバ嬢になれる?/お店で接客する際に心がけていることやポイント/六本木と歌舞伎町の客層について/成功するキャバ嬢/お客さまに連絡するには/お客さまがお店に複数いる場合には/高いお酒をおろしてもらうには/ヒビキ伝説/サポートスタッフ
第2章 美
夜型の生活での日々のスキンケア/肌の考えかた/マツエクサロンをやっているからこそわかる目元ケア/美容整形について/自分を演出する/ファッション/私服のこだわり
第3章 マネジメント
キャスト兼ディレクターをやってみて感じたこと/経営者として/マツエクサロンのこだわり
第4章 恋
どんな男性がタイプですか?/恋愛をするとどんなキャラになりますか?/恋人とケンカをすることはありますか?/恋人との関係を良好にするために/メンヘラ製造機
第5章 新型コロナの逆風
自粛生活/オンラインキャバクラをやって感じたこと/「夜の街 歌舞伎町」が矢面に立たされて/ウィズコロナの日常
第6章 ミステリアス ヒビコ
SNS(インスタグラム・ツイッター)をやるうえで、心がけていること/努力を努力と感じない/失敗しちゃいました/目標としている人、尊敬している人/スタイル維持の秘訣とコンプレックスについて/バレリーナ ヒビコ/ヒビコのルーティン/一条響は何者なのか

レビュアー

花森リド イメージ
花森リド

元ゲームプランナーのライター。旅行とランジェリーとaiboを最優先に生活しています。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます