今日のおすすめ

元ラグビー日本代表メンタルコーチのリーダーシップ論。リーダー力は「スキル」 だ!

2020.01.21
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

タイトルから受けた最初の印象は、「これからリーダーになる人が、リーダーになっていくために読む本」だった。「じゃあ今の私には必要ないか」と思っていたのだが、読み進めるにつれ意外にも、当初の印象はどんどんと変わっていった。最後には「これ、リーダーになる人だけじゃなくて、むしろならない人も読んだ方がいいのでは?」という気持ちにまでなったほど!

著者は国内外で20年以上にわたりスポーツ心理学を学び、2012年から2015年にかけては、ラグビー日本代表チームの前ヘッドコーチであるエディー・ジョーンズ氏に招かれ、チームのメンタルコーチを務めた。そんな著者が、本書の冒頭でこのように語っている。

欧米や日本で「組織におけるリーダーシップ」を見て学んできた私が本書でもっともお伝えしたいのは、リーダーシップはスキルであり、鍛えることができるという点です。特別な才能のある人だけが持ち合わせる「資質」ではなく、誰でも伸ばすことができる「技術」なのです。
つまり、技術を習得するための適切な取り組みを理解すれば、リーダーシップは誰にでも身に付けることができるのです。

それを証明しているのは、本書が当時のリーダーだったエディー氏について書かれた本ではない、ということ。もちろん、彼の考え方や選手に対して行ったこと、著者にとっても良きリーダーであったエピソードなどはとても面白かった。だがより重要だった点は、著者が共に歩んだ日本ラグビー代表の成長とその過程、である。「負けることしか知らないチーム」が抱えていた「負けて当然」という姿勢を、まずはリセットする必要があると見抜いた著者の分析。そしてチームを作っていく中で、彼らはリーダーシップをどのように必要とし、磨き、力としていったのか。

実はこの流れ、形を変えれば誰にでも覚えがあるものだともいえる。入りたての場所で、動き始めたばかりの企画で、チーム内での立ち位置がわからないまま、仕事をやみくもに覚えたこと。そこで起こした数々の間違いや勘違い。失敗が続いた時の挽回の難しさ、自信の喪失……。

そういった「社会人あるある」の経験に、著者の示す導きは確かな光となるように思えた。「あの時の自分に、もしこんな指針があったなら──」そう考えたら、まったく他人ごとではない。自分の過去も思い出しながら、ぐいぐいと読まされていった。

教えを受ける側については、ほかにもこんな記述があった。

指導する側には、人に教えるための「コーチングスキル」が必要なことは、きっと多くの方がご存じでしょう。
でも、実は、教えを受ける側にもスキルが必要なのです。それは教えられたことを自分のものにする「教えを受けるスキル」です。スポーツ心理学では「コーチアビリティ」(教えを生かす能力)と呼ばれ、選手にとって重要なメンタルスキルに含まれます。

ああ! それもスキルなのか! そういうこと、もっと早く知りたかった……。

この本はおそらく、リーダーになる前に自分で自分を育てたい人にすごく向いている。本書を読むことは、自身の中で教師と生徒のコツをワンセットで得るようなもの。それぞれに必要とされる技術と思考法が何なのか、端的に知ることができるだろう。

教えの少ない場所で、上司のいない場所で。たった一人で過ごしている人にとっては、大きなヒントが詰まっている。自分を働きやすくするための1冊、ぜひ手に取ってみてほしい。

  • 電子あり
『リーダーシップを鍛える ラグビー日本代表「躍進」の原動力』書影
著:荒木 香織

部下が言うことを聞かなくて困っている管理職も、初めて部下ができて戸惑っている中堅社員も、自分はリーダーになんてなれないと思っている若手社員も、すべてのビジネスパーソン必読の書!

ラグビー日本代表のメンタルを「変革」した元メンタルコーチ荒木香織氏が届ける「リーダーシップの鍛え方」。


〈欧米や日本で「組織におけるリーダーシップ」を見て学んできた私が本書でもっともお伝えしたいのは、リーダーシップはスキルであり、鍛えることができるという点です。
特別な才能のある人だけが持ち合わせる「資質」ではなく、誰でも伸ばすことができる「技術」なのです。
つまり、技術を習得するための適切な取り組みを理解すれば、リーダーシップは誰にでも身に付けることができるのです〉──プロローグより──

荒木氏はラグビーW杯日本大会でイングランドを準優勝に導いた名将エディー・ジョーンズの右腕だった。エディー氏と荒木氏で作り上げた「デュアルリーダーシップ」が日本代表のメンタルを変えた。W杯で1勝しかしたことのなかったチームに「勝ちの文化」を植え付けたのだ。

〈現状を抜け出すために、工夫しながら新しい経験を積んでいく状態を、心理学では「Power of Yet/パワー・オブ・イエット」と表現します。
「まだまだこれから」という状態が持つパワーです。
目標に向かうときに、リーダーはフォロワー(部下)それぞれが限界を超える経験ができるような課題を設定する必要があります。
「能力に限界はない」というマインドセットが浸透している組織では、フォロワーがリーダーの「想定外」の結果を達成することがあります。その瞬間こそが、真のリーダーシップのかちであり、リーダーの醍醐味だと言えるでしょう〉

リーダーシップはスキルであり、誰でも身に付けることができる。
変革型リーダーシップ、デュアルリーダーシップ、シェアド・リーダーシップ、チェンジ・エージェント。
それぞれのキーワードが意味するものとは?
本書はすべてのビジネスパーソンに深い学びを与えるはずだ。

レビュアー

田中香織 イメージ
田中香織

元書店員。在職中より、マンガ大賞の設立・運営を行ってきた。現在は女性漫画家(クリエイター)のマネジメント会社である、(株)スピカワークスの広報として働いている。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます