今日のおすすめ

食費は削らない。シニアライフを豊かにする暮らし

2019.11.09
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■藤野嘉子さんの60歳からは「小さくする」暮らしでも削らないもの

60代になって、住み慣れたマンションを手放し、広さ半分以下のマンションに引っ越した料理研究家の藤野嘉子さん。自分らしく、気持ちのいい、暮らし方のヒントを『かんたん年金家計簿2020』のコラムで紹介しています。

あえて食費は削らない

生活を小さくしたことで、お金の使い方にも以前より気を配れるようになりましたが、わが家にとって一番難しいのが食費の節約です。家族全員、美味しいものが大好きですから、食費まで削ってしまうと、途端にテンションが下がって楽しくありません。ほかのところで月々にかかる費用を減らせていますから、その分の恩恵として食事はなるべく良質なもの、美味しいものを選ぶようにしています。

自分の美味を見つける

食費は節約しないと決めたわが家ですが、よく探せば、何も高級でなくても美味しいものはたくさんあります。そのひとつが取り寄せです。生産者から旬に直接取り寄せるのは、桃やりんご。缶詰やちりめんじゃこ、山椒なども好みの合うところから取り寄せています。都内にある都道府県のアンテナショップもおすすめです。土地の名産やお米、お茶、油揚げなどを買ってきては家族で楽しんでいます。

食事は難しく考えない

食欲がない日や体調がすぐれない日もあるシニア世代にとっては、毎日きちんと3食とることが正解というわけでもないようです。わが家では、冷蔵庫のあり合わせで簡単に済ませることも増えました。育ち盛りの子どもがいるとそうはいきませんが、お腹がすいていなければ、無理して食べようとしなくてもいいのです。ごはん作りを難しく考える必要がないのは、シニア生活のいいところだと思います。

出典元:https://kurashinohon.jp/1140.html

藤野嘉子(ふじの・よしこ)

学習院女子高等科卒業後、香川栄養専門学校製菓科入学。在学中から料理家に師事。フリーとなり雑誌、テレビ、講習会などで料理を指導する。温かな人柄にファンも多い。著書に『一汁一菜でいい! 楽シニアごはん』『がんばらなくていい! 楽シニアの作りおき』『60歳からは「小さくする」暮らし』(以上、講談社)など多数。

『かんたん年金家計ノート 2020』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

『かんたん年金家計ノート 2020』書影
編:講談社

年金生活に対応した一番使いやすい家計簿。費目や記録ページが年金生活に完全対応。コラムもシニアライフに役立つものばかり。

マネー特集:深田晶恵さん「安心・おトクに年金生活を送るための処方箋集」キャッシュレス決済、年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給など気になる話題にお答えします。「医療保険に入る前に知っておきたい健康保険制度」も掲載。

料理特集:武蔵裕子さん『時短でらくらく! 一汁一菜の毎日ごはん』手抜きではなく、手間いらずの食事作りを指南します。 週末コラム:藤野嘉子さん『小さくする暮らし』シニアライフにあわせた衣食住の見直しの実践例を紹介します。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます