今日のおすすめ

【暮らし方のヒント】60代になって広さ半分の賃貸マンションに引っ越したワケ

2019.10.26
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■藤野嘉子さんの60歳からは「小さくする」暮らし

60代になって、住み慣れたマンションを手放し、広さ半分以下のマンションに引っ越した料理研究家の藤野嘉子さん。自分らしく、気持ちのいい、暮らし方のヒントを『かんたん年金家計簿 2020』のコラムで紹介しています。

時代の変化を受け止める

自宅を売却することには葛藤もありました。仕事にも生活にもとても便利な場所にありましたし、3人の子どもたちとの思い出も詰まっています。そのうち子ども世帯と同居するかもしれないとぼんやり考えてもいたのです。だけど、世のなかの変化のスピードはどんどん速くなっていますから、これまでと同じ生活では、変化についていけません。暮らし方も若いころと同じようにいかないのです。

持ち家にこだわらない

日本では、家を買うことが一大事で老後は持ち家さえあれば安泰と考える人も多いようです。だけど、持ち家にこだわらず、賃貸物件を選択肢に加えると、そのときの状況に合わせて身軽に引っ越すことができるようになります。現役時代より収入が減り、肉体的な衰えもあるのがシニア世代の現実。だからこそ暮らし方を柔軟に変えてうまくいくこともあるのです。

リフォームより売却

持ち家はお金がかからないと思っている人も多いのですが、設備が古くなればリフォームが必要ですし、固定資産税もかかります。家族の人数が減ったのに広い家に住み続けていると掃除など労力も必要ですし、賃貸に住み替えたほうがラクになることも多いのです。家の売却は、夫婦が元気なうちならしっかりと交渉ができます。売却で利益が出れば、老後資金にも気持ちにも余裕が生まれるのです。

出典元:https://kurashinohon.jp/1139.html

藤野嘉子(ふじの・よしこ)

学習院女子高等科卒業後、香川栄養専門学校製菓科入学。在学中から料理家に師事。フリーとなり雑誌、テレビ、講習会などで料理を指導する。温かな人柄にファンも多い。著書に『一汁一菜でいい! 楽シニアごはん』『がんばらなくていい! 楽シニアの作りおき』『60歳からは「小さくする」暮らし』(以上、講談社)など多数。

『かんたん年金家計ノート 2020』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

『かんたん年金家計ノート 2020』書影
編:講談社

年金生活に対応した一番使いやすい家計簿。費目や記録ページが年金生活に完全対応。コラムもシニアライフに役立つものばかり。

マネー特集:深田晶恵さん「安心・おトクに年金生活を送るための処方箋集」キャッシュレス決済、年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給など気になる話題にお答えします。「医療保険に入る前に知っておきたい健康保険制度」も掲載。

料理特集:武蔵裕子さん『時短でらくらく! 一汁一菜の毎日ごはん』手抜きではなく、手間いらずの食事作りを指南します。 週末コラム:藤野嘉子さん『小さくする暮らし』シニアライフにあわせた衣食住の見直しの実践例を紹介します。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます