今日のおすすめ

アロマフレスカ直伝① ボウルで混ぜるだけの明太子スパゲティが本格的!

2019.06.08
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■ボウルで作る超簡単パスタ「明太子のスパゲティ」の作り方

イタリアンといえばパスタははずせない料理ですね。イタリアンの名店「アロマフレスカ」のシェフ原田慎次さんは、数えきれないくらいパスタを作ってきた経験からボウルで手軽に作れるパスタを考案。そこで原田さんの著書『アロマフレスカ直伝 おいしさに差がつく! イタリアンのコツ60』からボウルで作る超簡単パスタの作り方を紹介します。

ボウルで作る超簡単パスタ 明太子のスパゲティ

スパゲティと明太子が一体化したパスタで、ボウルで混ぜるだけパスタの真骨頂! 明太子に火を通さないのでツブツブが口に残らず、なめらかな舌触りで食べられます。

材料(2人分)

スパゲティ……160g

明太子……大2本(100g)

にんにく……1かけ

白ワイン……大さじ1

オリーブ油……40ml

塩……適量

イタリアンパセリのみじん切り……2枚分

作り方

①にんにくは半分に切り、断面をボウルにしっかりとこすりつける

コツ:にんにくはボウルにこすりつける!

通常はフライパンにオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、オリーブ油に香りを移しますが、これはにんにくの切り口をボウルにこすりつけるだけ。ゆでたスパゲティの熱でボウルにつけたにんにくの香りがスパゲティに移り、フライパンを使ったときと変わらない香りに。火を使わないパスタの究極の隠しワザです。

②明太子は薄皮を取って1のボウルに入れ、白ワインとオリーブ油を加えてよく混ぜ合わせる。

③アルデンテにゆでたスパゲティを加えてよく混ぜ合わせ、塩で味をととのえる。

④器に盛り、イタリアンパセリをふってできあがり!

その他、『アロマフレスカ直伝 おいしさに差がつく! イタリアンのコツ60』では家庭でも本格的なイタリアンが作れるようアレンジされたレシピが満載です。ぜひ挑戦してみてください。

  • バジリコのジェノベーゼ 

  • まぐろとフレッシュトマトのカルパッチョ

出典元:https://kurashinohon.jp/1056.html

原田慎次(はらだ・しんじ) イメージ
原田慎次(はらだ・しんじ)

1969年生まれ。栃木県出身。A型。六本木「ヂーノ」で修行を積み、青山「ジリオーラ」で4年間シェフを務める。 98年広尾に「アロマフレスカ」を開店。フレンドリーなサービスと独自な野菜を中心としたヘルシー料理で予約が殺到する人気店になる。原田シェフの作り出す斬新かつ繊細な現代イタリア料理が高く評価され、ミシュランガイド東京にて2008年から現在に至るまで連続で星を獲得。

• リストランテ アロマフレスカ/サーラ アマービレ

『アロマフレスカ直伝 おいしさに差がつく! イタリアンのコツ60』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

  • 電子あり
『アロマフレスカ直伝 おいしさに差がつく! イタリアンのコツ60』書影
著:原田 慎次

「簡単で、おいしいパスタ、イタリアンが家で食べられたら……」そんな声におこたえする本です。基本となるパスタのゆで方、基本の材料から紹介。

レシピは応用自在のトマトソース、テレビ番組でも人気ナンバー1レシピに選ばれたひき肉を使わないミートソース、カルボナーラ、あさりの煮汁を味わうボンゴレビアンコなど基本的なものを中心にプロセスとコツを写真入りでわかりやすく解説。パスタをゆでたら、ボウルであえるだけ! 食材を保存瓶に入れてシェイクしてソースを作る! などこんなに簡単でおいしい! という裏技メニューも公開。

そのほか、鍋1つでかんたん! リゾット。味を漬け込む、香りを漬け込んだらあえるだけ、あるいは焼くだけというメイン料理も。

パスタ22、リゾット6、メイン6の厳選レシピ! どれもおいしくなるコツがひとめでわかるから、だれでも簡単においしくできること、間違いなし! 日常の食卓からおもてなしまで活用できます。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます