今日のおすすめ

ゾンビよりヤバイ女子高生コンビ、ここにいます!! ぶっ飛びJKと終末デート

キングダムオブザZ(1)
(原作:はらわた さいぞう 著:綿貫 ろん)
2019.06.01
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

「よくできたゾンビもの」を評するとき、たいていの場合「やー、結局、怖いのは人間なんだなって思うよね」と言う感想が出てくる。わかる。ゾンビとがっぷり組み合うと、ゾンビそのものじゃなくて人間にピントが合ってくるのだ。やっぱ生きてる人間側の方が諸事情あるのでね。ゾンビは慣れてくるとイナゴの大群のように見えてくるし。

『キングダムオブザZ』の諸事情はと言うと、これに尽きる。



これがいいんだわ。ずっとこの子がこんなこと言ってるのを聞いていたい。

とにかくパンツが目に入る

本作の主人公“佐藤勝”は高校生。突如ゾンビが大発生した校内で息をひそめる、おそらく数少ない生き残りです。



左耳のピアスと童顔のアンバランスさが良い。どうやら元野球部員らしい。で、クラスメイトたちもすっかりゾンビ化してしまい全員ズルズル。そこに現れるのが、JK2人なのですが。



バシーンと登場するし「助かったー!」って感じだけど、パンツ、気になりませんか。



私はめちゃくちゃ気になって数えました。第1話だけで12回ほど彼女たちのパンツが見えてます。しかも流れがいい。初登場で顔よりも先にパンツが出て、次のページでパンツの持ち主がパンツと一緒に描かれる。完璧だ。

このJKたちはパンツだけじゃない

しかも2人とも「ゾンビ殺し」がめちゃくちゃ上手いのです。ただのパンツ要員じゃない。



お構いなしにフルスイングを決めるツインテール女子は"百鬼(なぎり)かりん"。



フルスイング女子との連携が華麗な黒髪美少女は“関ヶ原ミキ”。この鬼強いJKたちと一緒にいれば、ゾンビの世界から生き残ることができるかも……でも、そういえば「ゾンビ後の世界」ってどんなのだっけ? ここに触れるかどうかは「ゾンビもの」のノリによって分かれるのですが、本作は「がっつり触れる」タイプのゾンビ譚です。



関ヶ原さんの予想はすごく的確だ。そう、ためらいなくゾンビを殺して飄々としているJKは、ただ飄々としているわけじゃなく、「その先」をしっかり見ていて、さらに「野望」もしっかり持っているんですね。



「寝言を言うな」と言いそうになるが、しかし関ヶ原さんの戦略と百鬼さんの機動力を見るとちょっと「いけるかも」と言う気がしてくる。このJKヤバい。

「ヤバいJK」のどこがヤバいのか?

本作を読んでいくうちに関ヶ原さんの戦略性の高さが「ガチ」なことがわかってきます。



ゾンビを捕え、ゾンビの仕組みを研究し、



外部の集団がどういったものなのかを丁寧に情報収集しています。



そしてこの判断力。ヤバい、頼りたい。だんだん「女王様になれるかも」と言う気がしてくる。とにかく関ヶ原さんと百鬼さんが「私たちの王国を作る」という目標に向かって着々と動くさまが気持ちいい。なので、JKが日本国とゾンビを攻略してゆく過程を楽しんでほしい。パンツもずっとチラチラしてます。

そうだ、ヤバいJKで頭いっぱいでしたが、主人公の佐藤くん(関ヶ原さんの国民1号)は……?



だいたいこんな感じです。クレバーで鬼畜なJK2人に囲まれつつ、バランサーとしての役目を発揮しています。関ヶ原さんに怒鳴られながらゾンビたちと戦っているので、ぜひ応援してあげてください。

  • 電子あり
『キングダムオブザZ(1)』書影
原作:はらわた さいぞう 著:綿貫 ろん

ゾンビよりヤバイ女子高生コンビ、ここにいます!!! ゾンビが突如出現して5日……。校内で辛くも生き延びていた主人公・佐藤勝(まさる)は、窮地を関ヶ原ミキと百鬼(なぎり)かりんのJK2人組に華麗に助けられる。安堵する佐藤だったが、この状況下にもどこか余裕綽々の2人の真意を知り……!! 血も滴るヤバすぎ女子高生! 新感覚「ゾンビよりもJKパニック」ストーリー興国!!

レビュアー

花森リド イメージ
花森リド

元ゲームプランナーのライター。旅行とランジェリーとaiboを最優先に生活しています。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます