今日のおすすめ

深水黎一郎からの挑戦状! 前代未聞の「犯人選挙」!

2019.05.31
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

築30年の「大泰荘」で8人の大学生が共同生活を送っていた。ある朝、男性住人の一人が鍵のかかった自室において遺体で発見される。深夜には建物の玄関にチェーン錠がかけられるため、たとえ鍵を持っていても中には入れない二重の「密室」で誰が彼を殺したのか? 誰もが怪しく、誰にも動機が……
問題篇を読んで犯人を「当てる」のではなく「決めて」下さい!

【著者ごあいさつ】
犯人を選ぶということは、〈世界〉を選ぶことです。
あなたのお好きな犯人そして世界を選んで決めて下さい。
あなたの一票がエンディング(現在準備中)に影響を与えます!

――深水黎一郎

応募要項

① 問題篇を読んで下さい。

② 応募フォームにて犯人を決めて下さい。

③ 応募フォームにメールアドレス、氏名、住所、性別、年代をご記入下さい。

④ 最も多く票を集めた犯人候補に投票した方の中から抽選で、5000円分の図書カードを10名の方に、『犯人選挙』(9月刊行予定)の著者サイン本を20名の方にプレゼントいたします。

メールアドレスさえあればどなたでも投票可能です。みなさまの投票結果は集計され、その結果が解決篇の内容に影響を与えることになります。

※ 解決篇は問題篇と合わせて単行本『犯人選挙』(9月刊行予定)に掲載します。

※ 投票はひとり1回とさせていただきます。

※ 個人情報は本企画のみに利用し、企画の終了後速やかに破棄いたします。

締め切り

2019年6月30日(日)23時59分

当選者には『犯人選挙』刊行後、5000円分の図書カードもしくは著者サイン本をお送りいたします。

問題篇を読む

応募はこちらから

深水黎一郎(ふかみ・れいいちろう)

1963年、山形県生まれ。慶應義塾大学卒業。2007年に『ウルチモ・トルッコ』で第36回メフィスト賞を受賞してデビュー。2011年に短篇『人間の尊厳と八〇〇メートル』で、第64回日本推理作家協会賞を受賞。2015年刊『ミステリー・アリーナ』が同年の「本格ミステリ・ベスト10」で第1位に輝く。他の作品に『倒叙の四季 破られた完全犯罪』『午前三時のサヨナラ・ゲーム』『ストラディヴァリウスを上手に盗む方法』『虚像のアラベスク』『第四の暴力』などがある。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます