今日のおすすめ

世界遺産のサン・ジャック門。バスクの街並みを楽しむ【フランスの最も美しい村】③

2019.05.20
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

「最も美しい村」でバスクの街並みを楽しむ

1982年にフランスで、地方の村の保存と活性化を目指して「フランスの最も美しい村」が設立されました。美しい景観や後世に伝えたい保護財産などを持つ小さな村にスポットを当て、「最も美しい村」として認定するというもの。現在は、ベルギー、カナダ(ケベック)、イタリア、スペイン、日本も参加し、世界的な広がりを見せています。

写真家・吉村和敏さんが、発祥の地である「フランスの最も美しい村」156村(2017年5月時点)を長期にわたって取材し、1冊にまとめたガイド写真集が『増補版 「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』です。

フランスだけでなく、イタリア、ベルギーの「最も美しい村」を全踏破し、現在はスペインを取材中という吉村さん。「最も美しい村」には、ただ風光明媚なだけでない、そこに暮らす人々の何気ない生活の1コマにも魅力が溢れているといいます。日本で一番「最も美しい村」を訪れている吉村さんに、フランスの「最も美しい村」のなかでもおすすめの村を紹介していただきました。

世界遺産「サン・ジャック門」から広がる村

アキテーヌの、サン・ジャン・ピエ・ド・ポール。サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼路にあり、サン・ジャック門はユネスコ世界遺産(『フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路』)に登録されている。街はバスク地方の伝統的な建築である白い外壁に赤や緑の雨戸を持つ民家や商家が建ち並ぶ。見どころは、フランス・バスク地方で最も重要なゴシック建築のひとつとなっているノートル・ダム教会。

バスク地方のグルメも堪能

巡礼者が通る門を抜けて村の中に入ると、すぐ横にノートル・ダム教会が建っていた。

村の奥へと続くシタデル通りには、土産物店や雑貨店などが軒を連ねている。マカロン専門店に入り、一番人気の6ユーロのセットを購入した。

ニーブ川に架かる橋の上に立つと、白い建物が連なる絵葉書のような美しい景観と出会うことができた。

川沿いのレストランに入ってみる。バスク地方の伝統料理、鴨肉のローストはとても美味しかった。メインストリート沿いに数軒のホテルがあり、その内の一軒で空き部屋を見つけた。

1627年、技師ピエール・ド・コンティが設計、建設した4つの砦からなる城塞。展望台からの見晴らしが素晴らしかった(一番上の写真)。

サン・ジャン・ピエ・ド・ポール
Saint-Jean-Pied-de-Port
ピレネー・アトランティック県/Pyrénées-Atlantiques
http://www.st-jean-pied-de-port.fr/

出典元 https://kurashinohon.jp/1039.html

吉村和敏(よしむら・かずとし)

1967年、長野県松本市で生まれる。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。退社後、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビューする。以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら撮影活動を行っている。2003年カナダメディア賞大賞受賞、2007年日本写真協会賞新人賞受賞、2015年東川賞特別作家賞受賞。

『増補版「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

『増補版 「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』書影
著:吉村 和敏

「最も美しい村」の発祥の国フランスがさらにパワーアップ! 新たに10村を加え、吉村和敏が魅力あふれる村を歩き、撮る!

「こんなところに村があるのだろうか……」手探りで田舎道を走りながら、ふと不安になったとき、ブドウ畑の向こうに、中世の家並みがふいに姿を現した──好評を博した前作から8年、それぞれの美しい瞬間を撮影! 新登録された10村を加え、156村掲載。ガイド写真集Map付き。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます