今日のおすすめ

昆布だしに梅干しでさっぱり「梅しゃぶしゃぶ」【毎日食べても飽きない鍋】①

2019.04.25
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■1つの鍋で2度おいしい! アレンジ料理「梅しゃぶしゃぶ」

簡単に作れて温まる鍋料理ですが、いつもの味つけに飽きてきた……。そんな時は料理のプロが教えるアレンジレシピに挑戦してみてはいかがでしょう?

そこで、簡単でおいしく、すぐまねできる鍋料理のアイデアが詰まった『毎日食べても飽きない 定番鍋 アイデア鍋 異国鍋』(著者:中島 武)から定番鍋の「豚しゃぶ」をベースに、少しだけアレンジした「変わり鍋」の作り方を紹介します。

これなら新しいメニューに挑戦しやすく、途中で変化をつければ、1つの鍋を2つの味で楽しめます。

昆布だしに梅干しを入れて彩りよく、さっぱりと「梅しゃぶしゃぶ」

この鍋は「梅豚カツ」にヒントを得て作りました。豚肉と梅干しは相性がよく、ここに青じそが加われば最強の組み合わせです。はじめは普通の「豚しゃぶ」にして、少し飽きたところで梅干しを加えれば、1つの鍋で2通りの味わいが楽しめます。

材料(2人分)

豚ばら薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)……200g

絹ごし豆腐……1丁(400g)

青じそ……2枚

わけぎ……1/3束

大根……10cm

にんじん……1/4本

油揚げ……1枚

えのきだけ……1/2袋

煮汁

水……カップ4

昆布……10cm角1枚

酒……大さじ2

梅干し……10個

つけだれ

いろいろなたれを楽しめますが、今回は「ピーナッツだれ」と「納豆オクラのつけ汁」を紹介します。

作り方

[下ごしらえ]

①鍋に煮汁の材料を合わせ、30分以上おく。

②豆腐は水けを軽くきり、1cm幅に切る。青じそはせん切りにする。わけぎは10cm長さに切る。大根、にんじんは皮をむき、わけぎと長さを揃えて細切りにする。油揚げは熱湯をかけて油抜きし、他の材料と長さを揃えて細切りにする。えのきだけは根元を切り落とす。

[卓上コンロで]

③①の鍋を火にかけ、煮立ったら具材を少しずつ入れる。サッと火を通し、好みのたれをつけていただく。

締めは「梅わかめうどん」

「梅しゃぶしゃぶ」の残った汁にゆでたうどんとわかめを入れて、軽く煮ます。残ったわけぎや梅干しがあれば一緒に添えて。

ピーナッツだれ

殻をむいたピーナッツを使う場合は、無塩のものを選びます。

材料(作りやすい分量)

ピーナッツ(殻を除いたもの)……120g

酢……大さじ5

砂糖……大さじ3

塩……小さじ1

サラダ油……カップ1/2

作り方

①ピーナッツは薄皮があれば除く。

②ミキサーにⒶを入れ、撹拌する。1を少量残して加え、もう一度撹拌する。残りのピーナッツを加えればでき上がり。

納豆オクラのつけ汁

納豆とオクラの組み合わせは定番中の定番ですが、鍋のつけだれとしては意外と忘れられがちな存在です。

材料(作りやすい分量)

納豆……1パック(50g)

オクラ……50g

めんつゆ……大さじ1 1/2

作り方

①納豆は包丁で細かくたたく。

②オクラは塩少々(分量外)を加えた熱湯でゆでる。へたを除き、包丁で細かくたたく。

③器に①、②を入れて、めんつゆを加え、混ぜ合わせる。

出典元:https://kurashinohon.jp/903.html

中島武(なかじま・たけし)

際コーポレーション株式会社 代表取締役。1948年1月27日、福岡県生まれ。1970年、拓殖大学卒業。1990年、際コーポレーション株式会社設立。中国料理店で独創的かつ力強いスタイルの店造りを確立し、その後、イタリアン、アメリカン、和食など幅広いジャンルで展開。鍋料理の専門店としては「ゆるり屋」(渋谷・京都)、「玉乃葉ぐーや」(西麻布)などがある。著書には『紅虎流自慢料理67 男子厨房で遊ぶべし』『ハングリー 日本を明るくするバカ力』(以上、講談社)、『繁盛道場 愛されるお店をつくる二十二の法則』(日本経済新聞出版社)、『そのお店、いまなら再生できます』「簡単につくれる おいしい麺と餃子」(以上、柴田書店)がある。

ゆるり屋 渋谷道玄坂店

【住所】〒150-0044 東京都渋谷区円山町5-18 道玄坂スクエアビル2F

【アクセス】渋谷駅より徒歩5分

【電話】03-6415-1596

【営業時間】
月~金 11:30~14:30、18:00~23:00
土・祝 17:00~23:00
定休日 日曜日

『毎日食べても飽きない 定番鍋 アイデア鍋 異国鍋』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

『毎日食べても飽きない 定番鍋 アイデア鍋 異国鍋』書影
著:中島 武

鍋料理がもっとおいしく、楽しくなる! 簡単でおいしい! あっと驚く具材の組み合わせ! 見た目のサプライズ! すぐまねできるアイデア満載!

【Part1】
日替わりつけだれ30種

【Part2】
定番鍋と変わり鍋
──いつもの「豚しゃぶ」が「ウーロン茶しゃぶしゃぶ」に、「梅しゃぶしゃぶ」に……

【Part3】
組み合わせ上手なアイデア鍋
──「あっさり鍋」「ボリューム鍋」「元気鍋」……

【Part4】
世界を旅する気分で作る異国鍋
──「王さんの大きな肉だんご鍋」「ボブさんのウエスタン鍋」「ハイジのミルク鍋」

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます