今日のおすすめ

臨場感あふれるダイナミックな映像! 世界遺産を体感する! 動く図鑑MOVE

世界遺産 講談社の動く図鑑 MOVE
(編:講談社 監修:高木 秀雄/西谷 大)
2019.02.01
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

絵本の次に子どもが出会う本、それが図鑑でしょう。児童書でありながら専門書の入門版のような存在。その中から「好き」や疑問が生まれ、将来の夢に繋がるかもしれないし、一生を左右する出会いになるかもしれません。選択は非常に重要です。

そして決して安価なものでもないし、シリーズを揃(そろ)えるとなると数万円ほどに。絵本や文庫本のようにあれもこれも買う余裕は、金銭的にも収納の場所的にも、我が家にはありません。買い始めるなら最良のものを選ばなくては!

そんな時に出会ったのが『動く図鑑MOVE 世界遺産』。
個人的な興味としても教材としても非常に気になっていた世界遺産です!
最近の小学校の授業では世界遺産の取り扱いが大きくなっているというではないですか。地球の素晴らしい自然やそこに生きる人間の歴史を後世に受け継ぎ、それを理解し受け入れることは、世界の多様性を認める大切なことにほかなりません。世界の平和に繋がることだと思います。

でも3歳の娘にはまだ世界遺産は早いかな? 説明してもわからないかな? と思いつつ本書を見せたら
「なにこれ! DVD見る!」
表紙のDVDの写真を目ざとく見つけてせがむとは、さすが現代を生きる子(笑)。

そして見せたらまあ食いつくこと!
自然遺産のダイナミックな映像はもちろん、文化遺産も興味津々。もちろん大人も隣で夢中になって「すごい!」を連発しています。

何がそんなに子どもから大人まで惹(ひ)きつけるのか、順番に見ていきます。

1.一度見たら忘れられない、インパクト大のDVD映像!

NHKのスペシャル映像60分が収められたDVDは圧巻の内容です。
「グランドキャニオンはこれです」「武陵源はこれです」と単純に示すことはしません。
グランドキャニオンでは迫力のボート川下りの様子や、滝の裏に住む大量のオオムジアマツバメの姿が、武陵源ではロープ一本でぶら下がってイワタケを採る人や、高さ300メートルのガラス張りの橋が映し出されます。

他にもセレンゲティ国立公園のヌーの群れで自然の厳しさと生命の力強さを知り、モアイ像が歩く姿で度肝を抜かれ、人骨で飾られた聖母マリア大聖堂に息を呑む……。
一度見たら忘れられない映像の数々!

(モアイの動画はこちら⇒http://zukan-move.kodansha.co.jp/content/media/upload/sekaiisan/walking%20moai%20mid.mp4

60分間「すごいね!」「なにこれ!」「怖い!」「綺麗(きれい)!」と声が出っぱなし。

臨場感あふれるダイナミックな映像を見て、驚き、好きになり、もっと知りたくなる。
それこそが動く図鑑MOVEの醍醐味です。


2.見開きの大胆で美しい写真が、心をわしづかみ!

本書を開くとまず、見開きで大きく配置された写真に驚きます。
図鑑というと細かくカタログのように載っているものをイメージしてしまいますが、本書はまるでアート本。
自然も歴史も視点を大きくして見れば「芸術」です。その芸術を思う存分堪能できる美しい写真の数々。眺めているだけで気分が高揚します。

「本当は旅行に行きたいけれどなかなか行けない」「ガイドブックや写真集が大好き」という大人の方々の読み物としても完成度が高いです。
まだ見ぬ世界中の場所に思いを馳(は)せながら、うっとりと写真を楽しめます。

日本の自然遺産、知床。見開きで6ページも掲載!

修学旅行以来、改めて行きたくなった日光東照宮に……

ガウディの作品群。いつかは実物を見たいと思いを馳せてうっとり。

視覚で存分に楽しみ、特に興味を持ったもの、好きだと思ったものを細かく文字で追えばよいのです。
まずは美しい写真からたくさんの「好き」を見つけてみましょう! 学びはそこからスタートします。


3.調べ学習や自由研究に最適!

本書は日本にあるすべての世界遺産を詳しく掲載しています。知床、白神山地、屋久島などの自然遺産から、日光、富士山、京都、熊野古道、原爆ドームなどの文化遺産まで、日本のあらゆる世界遺産を詳しく解説しています。

さらに世界遺産に申請中の「遺産候補」7つも網羅しています。ページ数で言うと約3分の2が日本のもの。まずは身近な我が国の遺産から、十分学ぶことができます。

しかも内容がとても詳しいのです! 扱う範囲が広いのに中身が濃い!
例えば私は大学で建築を学んだので、2016年に登録された「国立西洋美術館」に注目してみます。

ここに書かれている説明文は専門家でも納得・満足の内容です。

「ピロティ」「高さの違う天井」「無限成長美術館」「三角屋根」「立ち並ぶ大きな柱」「ジグザグスロープ」などのキーワードをきちんと示し、説明しています。児童書だからといって難しいことを省略したりしません。その方向性や心意気に拍手です!

海外の世界遺産についても、エジプトのピラミッドから万里の長城、モン・サン・ミシェルなどの文化遺産から、ハワイ火山国立公園、ガラパゴス諸島、武陵源などの自然遺産まで、代表的なものを紹介していて大満足のボリューム。

巻末には2018年の世界遺産全リストも掲載されているので、調べ物にも重宝します!


【おまけ】webアプリ「おでかけMOVE」で人気の動画やクイズが楽しめる!

MOVE全巻の帯の中面に、あいことばが書いてあります。それを公式サイトの「おでかけMOVE」に打ち込むと、人気の動画を集めた「今月の動画」と、生きものクイズを楽しむことができます。家ではもちろん、電車の移動中などの隙間時間にも楽しく学べる嬉しい特典です!

躍動感あふれる忘れられない動画や写真で「好き」や「興味」を引き出す図鑑MOVE。

子供向けなのに専門書顔負けの本気の内容で、子どもの興味や夢が芽生えること間違いなし。大人も一緒に感動して楽しめる内容です。

我が家は全巻揃えようと決意しました。図鑑を検討中の親御さんに、ぜひとも手に取っていただきたいです!

『世界遺産 講談社の動く図鑑 MOVE』書影
編:講談社 監修:高木 秀雄/西谷 大

知床、白神山地、屋久島などの自然遺産から、日光、富士山、京都、熊野古道、原爆ドームなどの文化遺産まで、日本のあらゆる世界遺産をくわしく解説。また世界遺産に申請中のエリアについても網羅しています。
世界についても、エジプトのピラミッドからヴェルサイユ宮殿、モンサンミシェルなどの文化遺産から、グランドキャニオン、ガラパゴス諸島などの自然遺産まで代表的な世界遺産を迫力のある写真で紹介。巻末には、2018年の世界遺産全リストもついています。
自由研究や調べ学習にも最適の1冊になっています。
もちろん、NHKのスペシャル映像DVDつき!

レビュアー

野本紗紀恵 イメージ
野本紗紀恵

一級建築士でありながらイラストレーター・占い師・芸能・各種バイトなど、職歴がおかしい1978年千葉県生まれ。趣味は音楽・絵画・書道・舞台などの芸術全般。某高IQ団体会員。今一番面白いことは子育て。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます