今日のおすすめ

【ふわもこ天使たち】平らな顔に黒くつぶらな瞳。ふくろうの赤ちゃんの写真集

もふもふもふもふ~ ふくろうの赤ちゃん
(監修:大橋 弘一 編:講談社ビーシー)
2019.01.14
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

おじさんだって癒やされたい

最近、第一線で働くおじさんたちの間で、フクロウカフェが人気らしい。聞けば「もふもふに癒(い)やされに行く」のだとか。

あぶらギッシュなおじさんたちが、フクロウを相手に目尻を下げている姿を想像すると、キモかわいい(?)感じがしなくもないが、熱心なファンによれば、冷え切った心を「ほっこり」と溶かしてくれる、元気の源なのだそう。

たしかにフクロウのクリクリの目で見つめられると、日々がちがちに固めていた心のガードが一瞬で崩壊、「ふわふわ」で「もふもふ」の羽毛に触れれば、心もぽかぽかあたたかくなってくるのがわかる。もふもふのフクロウたちは、第一線で戦うビジネスパーソンたちの心をも、いとも簡単に溶かしてしまう癒しパワーを備えているのだ。


キング オブ もふもふちゃん!

そんな絶大な癒やしパワーのあるフクロウのなかでも、おそらく断トツにかわいいのが「ふくろうの赤ちゃん」だ。そのあどけない表情やしぐさは、ちょっとヤバイくらいの破壊力! おじさん筆者ですら「これって母性!?」って思ってしまうくらい、見ているだけでいとおしい気持ちがどんどん溢れでてくる。「すりすり」「もふもふ」できればきっと幸せだろうが、それがかなわないならば「せめてたっぷり写真に撮っておきたい!」。そんな気持ちになってしまうほどの、キュートで無垢(むく)な存在なのだ。


ところが「ふくろうの赤ちゃん」は、残念ながらあっという間に成長して、大人になってしまう。そう、いつでも会えるわけではないのだ。まして「すりすり」「もふもふ」なんて、とてもとても。出会えるだけでも貴重な、激レアな天使なのだ。

そこで、ぜひ一度手にとって見てもらいたいのが、今回紹介する『もふもふもふもふ~ ふくろうの赤ちゃん』だ。

もふもふファン待望の激レア写真集!

本書がもの凄く貴重なのは、タイトルのとおり全編「ふくろうの赤ちゃん」が主役のところにある。ただでさえ出会うのが難しい野生のフクロウ。そのヒナともなれば、期間は限られるし、撮影はさらに難しくなる。それにも関わらず、本書にはじっくり時間をかけて撮影されたと思われる、驚くほどたくさんの場面や表情が収められているのだ。

本書に登場するのは日本に棲(す)むフクロウのなかでも、断トツにかわいいといわれる「エゾフクロウ」の赤ちゃんだ。フクロウの亜種というが、さすが雪国のフクロウだけあって、白さも、もふもふ感も、頬ずりしたくなるほどすばらしい! 

つきっきりで観察していたカメラマンは、さぞや大変だったことだろうと推察するが、写真からはヒナたちの自然な様子と安心しきった表情がうかがえ、とても穏やかな時間が流れているのが感じられる。きっとカメラマンたちが一番「もふもふちゃん」たちに癒やされていたのだろう。くぅ~~~、羨ましいぞ!

フクロウカフェでの「もふもふ」も幸せだが、自然の中でヒナたちとともに過ごせる時間があるとすれば、それこそ至上の贅沢なのかもしれない。本書をめくっていると、そんな至福の時間にタイムワープしているようで、つい、にまにまとしてきてしまう。



胸のあたりの「もふもふ」ぶりのすばらしいこと! ああ、触りたい!


天使を思わせるエゾフクロウの赤ちゃん2羽。まるで童話の国みたい

巣立ち直前の元気な赤ちゃんたち。もふもふ団子がかわいい!


これは毛糸玉ですか? いえいえ、フクロウの赤ちゃんです

好奇心旺盛の赤ちゃんフクロウ! 「こっちも見て!」って言いたくなるしぐさ



足上げポーズ中! そのあどけなさに思わず「キュン!」
  • 電子あり
『もふもふもふもふ~ ふくろうの赤ちゃん』書影
監修:大橋 弘一 編:講談社ビーシー

■ようこそ ふくろうの森へ■
春、新緑が美しい北海道の森。この森でいちばんの「ふわふわ」「もふもふ」、な~んだ?

それは、ふくろうのひな!

そのかわいらしさは、まさに生きたぬいぐるみか、森の妖精のよう! 思わず「ぎゅ~」したくなるほどの「ふわふわ」「もふもふ」なのです。

この本に登場するのは、国内のふくろうのなかでも最も白く、かわいらしさも一番と言われるエゾフクロウのひなたちです。北海道の森で暮らす「ふわもこ」天使たちとの感動の出会いと成長の日々を、とっておきの写真で紹介します。

ひなたちのかわいい姿にほっこり癒やされながら、北海道の豊かな森の雰囲気も、たっぷり味わうことができます。

あなたもこの本を通して、ふくろうたちの森に遊びに来ませんか。

■主役はエゾフクロウのひな!■
ひなたちは、好奇心がとっても旺盛です。枝にとまって、上をきょろきょろ、下をきょろきょろ。ときには“きょうだい”並んで、一斉に同じ方向を見つめることも。また、親子や“きょうだい”同士はとっても仲良し。お互いに羽づくろいしたり、じゃれあったり……。

この本は、北海道をフィールドに活躍する9人のカメラマンが撮影した貴重なカットをぜいたくに使い、エゾフクロウのひなたちが見せてくれる、さまざまなしぐさや表情をたっぷり収録。その純粋でまっすぐな生き方に元気をもらえること間違いなしです。

ひなたちのかわいらしさを“ぎゅ~”っと凝縮したこの1冊。きっと、この本のことも「ぎゅ~」っと抱きしめたくなるはずです。

レビュアー

大木大地

陸・海・空すべての乗り物とフィールドを愛するフリーライター。目指すは全天候型の物書きだが、猛暑と寒さに弱く、道のりは遠く険しい。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます