今日のおすすめ

【美智子さまと家族の写真】講談社所蔵写真3万枚超から厳選、オールカラー149枚①

2019.01.01
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■美智子さまとほほえましい家族の写真

平成も残すところ、あと少しとなりました。美智子さまは2019年に私たちもまだ見ぬ上皇后というお立場になられます。凛とした美しさとふるまい、温かい家族を築かれてきた美智子さま。ミッチーブームを巻き起こした1960年代から1970年代の若き日のお写真が、講談社写真部に多数所蔵されていました。写真からあらためて振り返る美智子さまのあの日、あのとき、そしてほほえましい家族の姿……。写真集『美智子さま あの日 あのとき』(監修 渡邉みどり)からご紹介します。

「あたたかいホームが欲しい」という夢を叶える

戦前の天皇家では、子どもは両親の手元から離して育てる習慣がありました。親元にいては甘やかされて、将来国政を誤る恐れがあるというのです。皇太子さまはこのしきたりにより、満3歳3ヵ月でご両親やご兄弟のもとを離れました。宮中に帰りたいとも言わず、ひとりで砂遊びをしている皇太子さまを見て、ご養育係は「本当にお気の毒さまだと思いました」とのちに語っています。
それだけに、皇太子さまの「あたたかいホームがほしい」という願いは切実なものでした。

そして、その皇太子さまの夢は美智子さまの夢になりました。やがて3人のお子さまに恵まれ、おふたりはこの夢を叶えられたのです。 (ご成婚当時から美智子さまの取材を続けてこられた皇室ジャーナリストの渡邉みどり氏のコラムから)

フィリピンへのご訪問前に、しばしのお別れのご挨拶を(1962年11月)

帰国を待ち望んでいた浩宮さまが風船とともにお出迎え。タイからご帰国(1964年12月)

行事の合間にふれあいのひととき(1966年5月)

白銀の世界の中で、家族だけのひとときを満喫して。新潟・苗場国際スキー場でスキーを楽しまれる(1970年3月)

出典元:https://kurashinohon.jp/852.html

渡邉みどり(わたなべ・みどり)

ジャーナリスト、文化学園大学客員教授。昭和9年(1934年)、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、日本テレビ放送網入社2年目で皇太子のご成婚を、総責任者として昭和天皇崩御番組を報道したほか「がんばれ太・平・洋ー三つ子15年の成長記録」で日本民間放送連盟テレビ社会部門最優秀賞受賞。著書『美智子さま 美しきひと』(いきいき)、『美智子さま マナーとお言葉の流儀』(こう書房)『とっておきの美智子さま 「平凡」が見た若き日の素顔』(マガジンハウス)など多数。

『美智子さま あの日 あのとき』のほか、料理、美容・健康、ファッション情報など講談社くらしの本からの記事はこちらからも読むことができます。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

『美智子さま あの日 あのとき』書影
監修:渡邉 みどり

若かりし日の美智子さまの写真を見ると、その凛とした美しさ、素敵な着こなしに、思わずため息がもれます。今見てもおしゃれと思うそのお姿は同世代の方々だけなく、幅広い世代の憧れ。講談社所蔵3万点以上のお写真から選び抜いたものをデジタル化し、色鮮やかによみがえらせました。オールカラー。永遠の美しさ、おしゃれのお手本はプレゼントにもおすすめ。

その美しさ、心温まるお写真は何度も見たくなります。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます