今日のおすすめ

“体幹リセット”のために開発!「らくやせパッド」たった1分の簡単なお仕事です。

2018.09.27
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■120万部突破ダイエット本の著者が開発した「ラクやせパッド」は、やっぱりすごい

すっかり涼しくなってきたことだし、「よし、ダイエット始めよう!」なんて、意気込む人も多い季節になりました。でも実は、その「とにかく今がんばる」気持ちが、挫折やリバウンドを招くことは周知のとおり。本当に成功するダイエットに大切なのは、「今がんばる」ことより、「無理なく続けられる」こと。ラクちんでも、ちゃんと効果がある何か……、そんな夢のダイエット法を考案してくれたのが、現在、120万部突破の大ベストセラーとなっているダイエット本『体幹リセットダイエット』の著者、佐々木健一さんです。

佐々木さんが提唱しているのは、たった1分「ラクやせパッド」の上に乗ること。ただ、それだけで体幹がリセットされ、やせやすい体になるのです!

たった1分乗るだけで、やせる重心が手に入る!

傾斜のついたパッドに乗ると、足首の角度が70~80度に。この角度が体幹をリセットし、やせやすい重心=「爪先重心」を作ってくれます。ぽっこりお腹や丸まった背中のオバサン体型の人は、ほとんどが「かかと重心」。でも、傾斜するパッドの上に立つだけで、重心が爪先にチェンジし、使われずにいた筋肉が目覚めます。それによって基礎代謝が高まり、やせやすくなるのです。

“ながら”OKだから、忙しくても疲れていても続けられる

ただ立つだけでキツい運動はいりません。テレビを見ながら、歯磨きしながら、髪を乾かしながら、何かのついでに乗って立つだけ。1回1分以上乗ってもダメ。1分以上乗ると、その動きに体が慣れてしまい、効果が半減しまいます。

2週間もたつと、まず立ち姿に変化が。必要以上についていた筋肉や脂肪などのムダ肉がなくなり、つくべきところに筋肉がついてメリハリボディになってきます。効果をなるべく早く出したいなら、朝1分、夜1分で1日2回乗りましょう。

ピンポイントで効かせる部分やせポーズにも使えます! 

コンパクトで軽く、体のどこに当てても痛くないパッドだから、気になるところに効かせる「部分やせ」のポーズにも応用できます。くびれ、下腹、太もも、ヒップ、バストアップなど……。部分やせも、やはり1ポーズ1分以内で、多くても3ポーズまでを厳守しましょう。早ければ2週間で、嬉しい変化に気づくはずです。

佐久間健一(さくま・けんいち)

パーソナルトレーナー。モデル体型を作るボディメイクスタジオCharmBody代表。国内外でボディメイクのスタジオを運営し、セミナーや講演も手掛ける、株式会社futures代表取締役社長、株式会社centralmake代表取締役社長。一般社団法人日本モデルボディメイク協会代表理事。ファッションの本場パリでのボディメイク経験を持ち、モデルを中心に年間4000件以上のパーソナルトレーニングを担当。 2016ミス・ユニバース・ジャパンの東京/愛知大会公認ビューティーキャンプの講師や、テレビや雑誌でエクササイズ企画の監修を務めるなど、幅広く活動中。青山、銀座、名古屋、福井、ロサンゼルスに女性専用のパーソナルジムを持ち「誰でもモデル体型に変われる」独自のモデルエクササイズメソッドを展開している。 著書に、電子書籍『痩せるための技術』『1日1分間 下半身ボディメイク』『モデル体型ダイエット術』など。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

『新装版 たった1分乗るだけ! ラクやせパッド』書影
著:佐久間 健一

大ベストセラー本『体幹リセットダイエット』の著者が開発。1日1分乗るだけで体幹をリセットでき、カンタンにやせ体質に!

ぽっこりお腹や丸まった背中の人は、ほとんどが「かかと重心」で立つ癖を持っています。でも、傾斜するパッドの上に1分立つだけで、体は「爪先重心」に。つまり、体幹をリセットし、使われずにいた筋肉を目覚めさせることで、代謝のいいやせ体質になれるのです。

キツい運動もいりません。乗るべき時間は最大1分。頑張りすぎは、むしろ逆効果になります。テレビを見たり歯磨きしたり、何かのついでに乗って立つだけ! 気になるところに効かせる「部分やせ」のポーズにも使えます。そのときも、やはり1ポーズ1分以内で。辛い努力は必要なし! ラクしてスッキリ体型を手に入れましょう!

<ここがすごいぞ「ラクやせパッド」>
・1日1分乗るだけで重心・体幹・姿勢をリセット。
・パッドの傾斜角度がやせる秘密。
・簡単だから、毎日家庭で続けられる。
・若返り筋を目覚めさせメリハリボディに。
・効かせたい部分を狙える軽量&柔らか設計

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます