今日のおすすめ

【ラノベ新刊プッシュ】大王道ファンタジー vs. 超人気サクサクRPG

講談社ラノベ文庫9月刊のラインナップを一挙ご紹介! 校了を担当のここだけ秘密コメント付き!

イノヤス

講談社ラノベ文庫編集長(であるらしい)。月刊少年マガジンに約20年在籍後ラノベ文庫へ異動し現在に到る。頭の中身は自称永遠の17歳だが頭の外側は……!?という、ドラえもんのいないのび太、みたいな感じのおっさん。編集者としてのモットーは「相手の技は必ず受けろ!」、身につけたい能力は「速読」、異世界に行ったら「蕎麦屋」をやりたい。一度言ってみたい台詞は「どうしたんだ、顔が赤いぞ。熱でもあるのか!?」

大ちゃん

講談社ラノベ文庫編集部校了担当者。またの名を金剛寺大三郎。軍手とガムテと段ボールが似合うナイス・ガイ。講談社ラノベ文庫の新刊を責任持って校了してますが、やたらフセンをいっぱい貼って返してくるのでうっとおしいみたい。「笑ったとこにいちいち『(笑)』っていうフセン貼ってくんの、どうなんすか」(編集部員・談)

2018.09.14
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

深き味わい

  • 電子あり
『魔法使い黎明期 劣等生と杖の魔女』書影
著:虎走 かける イラスト:いわさき たかし
イノヤスコメント

こちらの企画をともに書き続けている「大ちゃん」、音楽とお酒と美味しいものには目がない、自分の大先輩なのですが、そんな大ちゃんのお勧めのカレー屋さんが、会社のちょっと近所にあるんですね。(また食いもんの話かよ、どんだけ腹減ってんの?とおっしゃられる方、ごめんなさい。ホントに腹減ってるし原稿書くとおなか減るんです……)

そのカレー屋さんで、お1人様用のいくつかの種類のカレーと、ライス(インディカ米はカレーに合うんです)その他のセットを頼み、さっそく食してみたのです。見た目としては特に派手めな仕掛けはなんもなくそれゆえ何の気なしにカレーをライスにかけて(ご飯に日本式カレーみたいにかけて食べるのがお勧めだそうです)まずは一口……。

ぴーん、ときました。香辛料っぽいところはなんも感じなかったはずなのに、辛そうでなかったのに、気がついてみると舌先と胃に溶け込むような、多重に織りこまれた味わい、カレーに煮込まれた素材からこれでもかとばかりに溶け出した味、味、味。知らぬ間に身体が温まっていて汗がでるわでるわ(でもたまに昼間にでるイヤーな汗ではなく、身体が活性化したさわやかな汗なんです)……あっという間に食べてしまい、サフランライスを追加して食うわ食うわ……。ということで、別の記事に書きましたように味の超保守派であるところの自分、カレー大好きイノヤスさんが、あっという間に納得リピート決定と、なったのであります。ああ、本物っていうのは練り込まれてこそ本物なんだなって。

ということで枕はここまででありますが、当作品はかの『ゼロから始める魔法の書』の続編ともいえる作品であります。読み味は、「まさしく本物の味わいとちからをもった、逃げも隠れもしない真本格ど真ん中ファンタジー」──派手なギミックではなく、世界観、キャラ、お話、文章そのものにまで深い味わいと思い入れ、作品世界への愛情がこれでもかとばかりに練り込まれた、正直にいってとても素晴らしかった作品です。『ゼロから始める~』をお読みであった方も、そうでなかった方も絶対たのしめる、名店自信の定番カレーのような当作をぜひご堪能くださいまし。

我が企業社会にて飛び込み営業力は魔法だったのだ

  • 電子あり
『お人好しが異世界で一旗揚げますん』書影
著:茂木 鈴 イラスト:明地 雫
大ちゃんコメント

いやあ、面白かったー。
理系出身の外回り営業マン、三十路に突入の朝、自宅のタンスを開けたら草原だった。すっ転んで飛び出てもう部屋にはもどれない(すっ転ぶとき、ちゃんと小指もぶつけていただきます!!)。草原の次は終わりなき森また森。「やりました! ようやく、この忌々しい森からおさらばできます!」「森が終わったぁ!」「そして砂漠だぁ!」「なんてこったー!!」わはははははは。この状況でどうなるかというと、 よろずお悩み解決マンとして、行く先々で難問クエストを処理していかなきゃならなくなった。問題は、クエストつまり人々のお悩みは自分で探さなきゃいけないというね。あっちこっちに飛び込み営業で「お悩み相談、いかがぁーっすかぁ」とは言いませんが、怪しまれながらもトラブル&悩み事を見つけていきます。あっちこっち丁稚。この人の営業職的コミュ力は達人の領域で、さらに加えて“お人好し力”みたいなもんがけっこうなあれなのよ。でもさあ、営業ってさあ、お人好しオンリーじゃダメじゃん、たぶん? 現実世界じゃあ、いろいろ損もしてたはずなわけですよ。それがこのゲーム的異世界では、すごいです。ぶっちぎります。痛快です。

あとね、泣かせるのが、主人公・正司(ただし)の初期ステータス。

〔30歳 男 心体傷病弱  偏頭痛、腰痛、内臓疾患 所持スキル なし〕

どうです、この等身大な感じ!! しかもこの「内臓疾患」が99ページ目で「(重度)」に進行してやんの、わはは……すんすん(泣)。

国内最大級の小説投稿サイトの人気作、大幅な加筆修正と書き下ろしエピソードを収録しての初書籍リリース。本編を読み終えてから書き下ろし『閑話5』がグッと胸に迫ります。マストです。マスト・バイです。営業職はやったことない大ちゃんですが、ちょっとやってみたくなりました。ごめん、ウソです。

得する方を現実世界にしたい!

  • 電子あり
『エクステンデッド・ファンタジー・ワールド ゲームの沙汰も金次第』書影
著:高橋 右手 イラスト:円居 雄一郎
イノヤスコメント

最近はやたらとVRだのARだの言われ続けているので、これら革新的新技術がすっかり当たり前になったみたいな感じがありますねえ。ちなみに我々のころはV&Rっていう……ゴホンゴホン。

さてさて、近頃はホントに、仮想と現実の空間というかいろんな《世界》が混ざり合ってきて、ユーチューバーもVチューバーになってたりするわけで、こうなったらホントに仮想とか現実とかいって比べるのやめて、所属できる世界を好きに選んで自分が一人勝ちできる世界で暮らせたらいいんじゃないかなあ……とホントに思ったりするのです。「自分が一人勝ちできる世界」っていうのがポイントですよ、世知辛い現実を離れて、どうしてさらに大変な生き死にを味わう世界を体験しなくちゃならないんだよーとホントに思いますよ、チートきたードロップアイテムいただきだユニークスキルで呼吸しただけで仕事が終わってたりしないかなー!?

さて、当作はそんな自分の心境とは全く関係なく、現実世界と〈拡張幻想世界〉を駆け巡りつつ、どちらにしても大変な騒動と事件に巻き込まれてしまう主人公・八雲くんと仲間(主に女子、ほとんど女子)のお話です。舞台となっているのは新宿でして、おお、あそこであんなこんなな事件が起こってるんだなあ……と考えると、確かに現実世界と〈拡張幻想世界〉が存在してるような、そこに足を踏み入れられそうな、そんな実感が湧いてきます! 2つの世界を巡りつつのハードな戦いと解けそうで解けない謎の真相をぜひお楽しみください、個人的には「あのかたが、あんなふうに、つるされてる!」とびっくりするもドキドキでありました!!

なんと、ダンジョンの〇〇現る!! それはそうと秋よ来い来い

  • 電子あり
『レベル1だけどユニークスキルで最強です4』書影
著:三木 なずな イラスト:すばち
大ちゃんコメント

世界はゲームでできています。我々の現実なんか、どっかのゲームの1つがうっかり実体化しただけなんじゃないのか。これを『並行ゲーム宇宙論』とでも呼びたいところなのだがいかがであろうか。あろうかって言われても困るだろうが。しかし暑いね。大汗っかきの大ちゃん、ゲラに汗がボタボタ落ちそうで、気をつけながら校了いたしました。担当の栗きちくん(仮名)がけっこう清潔好きで、こないだなんか、ガタガタうるせえので、何か掃除でもしてんのかと思ったら編集部の冷蔵庫の霜取りをやってました。えらい。体型が冷蔵庫になんねえよーにな。もこもこぷりん。暑くて何言ってんだかわかりません。

さあ、「累計7000万アクセス突破の人気シリーズ」第4巻の登場です。あまりの人気っぷりで、サクサクのスラスラです。どのくらいサクサクかご紹介すると、エピソード104は、こんな感じ。

「ニンジンをガジガジしている」
「預金残高がゴリゴリ減った」
「もやしをガンガンドロップさせる」
「街でがんがん金を使う」
「ダンジョンがガラガラなのだ」
「ふつか酔いだから迎え酒だ!」

だははははははははは、ガハガハ、あはあは、ふうふう、あちあち、だらだら。なんかこう、かき氷がサクッサクッみてえなあれよ。あっ、唐突ですが、今回もキラリと光る一節がございましたので、忘れずにふれておきます。

〈こういう半ば停滞している村の場合、一気に大量の金を放り込むと劇的に動くものだ。(略)そういう回転が行き着く先はいくつかある、その一つが結婚だ。〉

だあああっ。そーだったのか!! ラノベ文庫にカネをバラまけばいいんだよ(喜)。そーすっと当編集部の女性陣もSHOWちゃん(仮名)も結婚だよ。……暑いねしかし。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます