今日のおすすめ

【極上の海外ひとり旅15選】大人の個人旅行が10倍楽しくなる1冊!

おとなの青春旅行
(著・編:下川 裕治/室橋 裕和)
2018.08.21
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

シニア──いわゆるリタイアした世代には、添乗員つきのパッケージツアーが適当なように思える。添乗員がいれば、名所旧跡の説明をしてくれる。こちらの質問にも答えてくれる。地元のおいしい店にもつれていってくれるし、土産物屋にも立ち寄ってくれる。そして、これがすごく重要なのだが──最近のパッケージツアーはリーズナブルだから、とても参加しやすいのだ。

「エジプトでピラミッド見てラクダ乗って帰りにタジ・マハール見て3日で3万円。最高級カレーも食べられるのよ! これって絶対行くべきじゃない!」

すこし誇張があるにしても、旅行会社が企画するパッケージツアーはたいがいそんなもんである。海外国内にかかわらず、行程の中に名所旧跡をたくさん盛り込み、短い日数で多くをまわり、数えあげられないほどの経験を積ませようとする。

本書によると、大手旅行会社の幹部はこう語っているそうだ。
「ツアーは詰め込めば詰め込むほど売れる」
短い期間でたくさん回れた方がおトク感が出るから、当然のことかもしれない。

そのために、スケジュールは分刻みの、とてもタイトなものになる。早朝から夜まで観光名所をひたすら回り、まさに足が棒に変わるまで歩かされる。ハードな行程が連続するから、おいしい料理だってほとんど喉を通らない。
「旅行なんてもう嫌だ」
そう感じる人がいてもまったくおかしくはない。

だけどもう一度考え直してみてくれよ。旅行ってそういうもんじゃないんだよ。

それが本書のスタンスだ。

本書は大きくわけてふたつのパートにわかれている。

ひとつは、名所旧跡は少ないけれども、自分でテーマを立て、それにしたがって旅行をした、そのレポートだ。
「ジャズのルーツを探す旅」「カレー文化をたどる旅」「標高5000メートルの天空を行く旅」
読み物としてすごくおもしろいばかりである。それぞれテーマが選ばれているけれど、若干パーソナルであり、移動距離が大きいものが多く、パッケージツアーには向かないものばかりだ。自分で予定を組み、自分で飛行機のチケットや宿を押さえる個人旅行こそ、このテーマの探求には向いているだろう。

だが、個人旅行は経験したことのない人間には不安も心配も多い。添乗員つきのツアーを選択したのは、名所旧跡にひかれたばかりではなく、万が一のときに対応してくれる人がいるからだ。シニアになれば健康に問題を抱えている人も多い。若いバックパッカーなら体力の心配も少ないだろうが、自分はもはや高齢者と呼んでいい年齢なのだ。

この本の後半は、こうした「個人旅行をしたことがないシニア」の疑問にていねいに答えるつくりになっている。このテーマの情報がこれほど1ヵ所にまとまったことはおそらく、はじめてだろう。まさに白眉と言うべきものである。

手前味噌になるが、自分はシニアと呼ぶには少々年齢的に若いので、本書の情報をそのまま受け入れられないところもある。だが、身体を悪くしているから、応用できる部分も多く、この本の情報はずいぶん役に立った。また、「ああこれは旅行達者な人が経験に基づいて言っていることだな」と感心することも多かった。

われわれは高度成長をささえたモーレツ・サラリーマンを尊敬している。あんたたちはすげえよ、と思っている。だが、彼が生涯をかけて培った常識の多くは、日本標準であっても世界標準ではない。きわめてローカルな慣習に基づいている。

あなたがたはじゅうぶんやった。そこにしがみついている必要はない。もっと解き放たれたっていいんだ。自由になったっていいんだ。

観光とは、「光を観る」と書く。その土地でしか見ることができない、自分の土地にはない光を感じとれたとき、人はひとまわり大きくなれる。自分はまだ成長できる、のびしろがある──それは、海外でこそ強く感じることができることなのかもしれない。

本書はその格好のガイドブックになるだろう。

  • 電子あり
『おとなの青春旅行』書影
著・編:下川 裕治/室橋 裕和

朝から晩まで観光名所を回って、ヘトヘトに疲れる毎日が続くツアーにはもううんざり、というあなたへ。
せっかくの海外旅なら、ひとり気ままに「生活の場」をたどりたい人へ。

旅のプロたちが太鼓判をおす、「極上の大人旅」15行程をルート図つきで紹介します!

<目次>
第1部 極上の「海外ひとり旅」15選
第1章 アジアの美食を求めて
イスラムと中国が溶けあった海峡料理を──マレーシア・マラッカからシンガポールへ (下川裕治) 
マレー半島を北上して「おらがカレー」を──シンガポールからタイ・バンコクへ (室橋裕和)
庶民の食堂で中華四大料理を── 中国・北京から香港へ (下川裕治)

第2章 アジアの歴史を訪ねて
戦地で思う、遠き反戦運動の日々──ベトナム・ホーチミンシティからハノイへ (下川裕治)

標高5000m、天空をゆく── 中国・青蔵鉄道 (下川裕治)
仏教・ヒンドゥー教の聖地巡礼──インドのガンジス河からヒマラヤのふところへ (室橋裕和)

第3章 「通」もうなる旅路
憧れの「ジャズ」の門戸を叩く──アメリカ・ニューヨークからニューオーリンズへ (小神野真弘)
シルクロードの古都に往時の息吹が残る──ウズベキスタン・ヒヴァからサマルカンドへ (室橋裕和)
インドシナ半島を陸路でぐるり一周──タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア (室橋裕和)

第4章 ヨーロッパの歴史を訪ねて
世界遺産のモザイク芸術をこの目で──イタリア・ローマからヴェネツィアへ (田島麻美)
東西分断時の面影と歴史が香る街並みを歩く──ドイツ・ベルリン (荒巻香織)
激動の歴史の舞台・バルト三国をバスで縦断する──エストニア・ラトビア・リトアニア (Sanna)

第5章 ヨーロッパに酔いしれる
幸せな気持ちにさせる魔法のワインを──フランス・シャンパーニュ地方 (谷 素子)
パブをはしごして、青春のビールを──イギリス・ロンドン (津久井英明)
バルト海のローカル定期船に揺られながら──ドイツからスウェーデン、デンマークへ (久保田由希)

第2部 失敗しない「おとなの旅行術」100

レビュアー

草野真一 イメージ
草野真一

早稲田大学卒。元編集者。子ども向けプログラミングスクール「TENTO」前代表。著書に『メールはなぜ届くのか』『SNSって面白いの?  』(講談社)。2013年より身体障害者。
1000年以上前の日本文学を現代日本語に翻訳し同時にそれを英訳して世界に発信する「『今昔物語集』現代語訳プロジェクト」を主宰。https://hon-yak.net/

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます