今日のおすすめ

銀座で50年続く料理教室では何を教えるのか?【婚活レシピ②】かれいの煮つけ

2018.07.13
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■いま話題の"婚活レシピ"で胃袋をつかむ! 「かれいの煮つけ」

「年間60人がお嫁に行っている」とテレビなどでも話題沸騰の料理教室「田中伶子クッキングスクール」。この教室の講師として『本当に作りたい料理、ぜんぶ。』を刊行された田中伶子さんと中村奈津子さんに、誰もがおいしく作れる人気の家庭料理を教えてもらいました!

ほっとする定番の味、魚介の人気メニュー「かれいの煮つけ」

煮汁をかけながら仕上げて、味をからめます。ごぼうを下に敷いて煮ると魚がくっつくのを防ぎ、つけ合せにもなります。

材料(2人分)

子持ちかれいの切り身……2切れ

ごぼう(れんこんでもよい)……10cm

しょうが……2かけ

| 酒……カップ2/3

| みりん……大さじ2強

| しょうゆ……大さじ1と1/2

| 砂糖……大さじ1

下ごしらえ

①かれいは皮目に切り込みを入れる。

②しょうがは薄切りにする。

③ごぼうは皮を包丁の背でこそげ、長さを半分に切って縦4つに切る。

作り方

1.湯通しする

鍋に湯を沸かし、かれいをフライ返しなどにのせ、湯の中に2~3秒つけて、すぐに引き上げる。もう1切れも同じようにする。

ADVICE

これが湯通し。魚の臭みを落とします。

2.煮る

フライパンにⒶを入れて煮立て、ごぼうとしょうがを入れ、かれいを並べ入れる。

ADVICE

かれいは煮汁が煮立ったところに加えます。

落としぶたをして、強めの中火で5分ほど煮る。落としぶたを取り、スプーンで煮汁をすくいかけながら照りが出るまで煮詰める。

ADVICE

特に卵の部分は火が通りにくいので、集中的に。

かれいを器に盛り、煮汁をかけてごぼうを添える。

田中伶子クッキングスクール(タナカレイコクッキングスクール)

1964(昭和39)年に、料理研究家田中伶子が開いた料理教室。基本を大切にした家庭料理の指導をしている。講師は、田中伶子と娘の中村奈津子。月曜日から土曜日までレッスンがあり、銀座という土地柄で、主婦や、仕事帰りのOLを中心に大人気。「実習ができ、料理が本当においしい」と、何年も通い続ける生徒が多い。

○田中伶子(たなかれいこ)

全国料理学校協会理事・NPO日本食育インストラクター協会理事 福岡女子大学卒業後、1964(昭和39)年に料理教室を開設。自身も雑誌の執筆、テレビ出演、食関連の講演や商品企画など幅広く活躍中。著書に『一生作り続けたいおかず』(主婦と生活社)。

○中村奈津子(なかむらなつこ)

日本女子大学食物学科卒業後、全日本司厨士協会に就職。ニューヨークのニュースクール、フィレンツェのラ・フォールアカデミーに学び、香港駐在中に中華料理を学ぶ。2006年ニューヨーク駐在時より料理教室「LOVELY TABLE NEW YORK」を主宰。2009年帰国後、田中伶子クッキングスクールに講師として勤務。

講談社くらしの本はこちら

講談社くらしの本はこちら

  • 電子あり
『50年続く銀座の人気料理教室の熱血レッスン 本当に作りたい料理、ぜんぶ。』書影
著:田中伶子クッキングスクール

年間60人がお嫁に行ける料理教室で講師をする著者の「婚活レシピ」です。いちばんわかりやすい、初心者向け料理本ができました!

50年続く銀座の人気料理教室のレッスンを受けているように、先生のアドバイスが親切なので、初心者でも失敗なく作れます。レシピも生徒に人気のものを掲載しました。下ごしらえが写真つきで、プロセス写真が大きいのも便利。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます