今日のおすすめ

【いわさきちひろ生誕100周年記念】名作絵本“豪華愛蔵版セット”刊行!

【いわさきちひろ生誕100年の記念出版企画】

生涯、世界の子どもたちのしあわせと平和を願い描き続けた画家・いわさきちひろ。今年は生誕100年を記念して、ちひろ美術館での展覧会はもちろん、様々なイベントが企画されています。7月からは東京ステーションギャラリーを皮切りに、京都や福岡でも特別展「いわさきちひろ 絵描きです。」が開催されるなど、大注目のシーズンになります。

そこで名作絵本シリーズの中から人気のタイトルを厳選し、手に取りやすいサイズに、美しい装丁で新装刊行いたします。

2018.06.21
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

■豪華愛蔵版セット

『いわさきちひろ名作絵本 愛蔵版 おやゆびひめ・あおいとり』複製画4枚つき 定価:本体4800円(税別)

いわさきちひろ生誕100年を記念した特別企画。

アンデルセン原作の『おやゆびひめ』と、メーテルリンク原作の『あおいとり』の2冊を特装版にし、さらにこの2作からの名場面の複製画4枚の特典がついた、豪華愛蔵版セット。

  • 【愛蔵版表紙】

    『おやゆびひめ』

  • 【愛蔵版表紙】

    『あおいとり』

  • 【愛蔵版BOX】

BOXの中には美しい箔をあしらった豪華なクロス装表紙の2冊と複製画がセットされています。自分へのご褒美に、大切な人への贈り物としても。

  • 【複製画】

    『おやゆびひめ』より

  • 『おやゆびひめ』より

  • 『あおいとり』より

  • 『あおいとり』より

上質なアート紙に印刷されたB5サイズの名場面の複製画は全部で4枚!

■通常版 いわさきちひろ名作絵本

『おやゆびひめ』『あおいとり』『しらゆきひめ』『はくちょうのみずうみ』

時代を超えて愛され続けてきた名作絵本シリーズのなかから、『おやゆびひめ』『あおいとり』『しらゆきひめ』『はくちょうのみずうみ』の4作を装い新たに刊行。ちひろが描く世界の名作を手軽に楽しめるシリーズ。

お気に入りのストーリーを美しいちひろのイラストで
立原えりか・文 いわさきちひろ・絵

『いわさきちひろ名作絵本 おやゆびひめ』表紙

いわさきちひろ名作絵本 おやゆびひめ

定価:本体1200円(税別)

A5変型判23ページ

『いわさきちひろ名作絵本 あおいとり』表紙

いわさきちひろ名作絵本 あおいとり

定価:本体1400円(税別)

A5変型判47ページ

『いわさきちひろ名作絵本 しらゆきひめ』表紙

いわさきちひろ名作絵本 しらゆきひめ

定価:本体1300円(税別)

A5変型判39ページ

『いわさきちひろ名作絵本 はくちょうのみずうみ』表紙

いわさきちひろ名作絵本 はくちょうのみずうみ

定価:本体1200円(税別)

A5変型判25ページ

《講談社のえほん情報はこちら》

絵本通信 http://ehon.kodansha.co.jp/

いわさきちひろ

1918年、福井県に生まれ、東京で育つ。東京府立第六高等女学校卒業。藤原行成流の書を学び、絵は岡田三郎助、中谷泰、丸木俊に師事。子どもを生涯のテーマとして描き、9500点余の作品を残す。1974年、55歳で没。代表作に『おふろでちゃぷちゃぷ』(童心社)、『あめのひのおるすばん』『ことりのくるひ』(ともに至光社)、『戦火のなかの子どもたち』(岩崎書店)、画集に『ちひろ BOX』(講談社)など、装画に『窓ぎわのトットちゃん』『子どもにつたえる日本国憲法』(ともに講談社)など。1977年アトリエ兼自宅跡に、ちひろ美術館・東京開館。1997年、安曇野ちひろ美術館開館。

http://www.chihiro.jp/

立原えりか

1937年、東京に生まれる。高校生のころより童話を書きはじめ、1957年に「人魚のくつ」を自費出版。同作品で日本児童文学者協会新人賞を、1961年に『ゆりとでかでか人とちびちび人のものがたり』で講談社児童文学新人賞を受賞。『立原えりかのファンタジーランド』(全16巻/青土社)、『でかでか人とちびちび人』『うみいろのバケツ』『きんいろのあめ』(すべて講談社)など、数多くの作品を発表している。

『いわさきちひろ名作絵本 愛蔵版 おやゆびひめ・あおいとり』書影
絵:いわさきちひろ 文:立原えりか

世代を超えて愛され続けてきた名作絵本シリーズの中から、人気タイトル『おやゆび ひめ』『あおいとり』の特装版に、複製画4点が付いた、豪華愛蔵版セット。いわさ きちひろ生誕100年の記念出版企画。