今日のおすすめ

冬休みの課題図書には推薦できないちょっと〇〇なラノベを紹介!

講談社ラノベ文庫12月刊のラインナップを一挙ご紹介! 校了を担当する2人の秘密コメント付きをチェックしよう!!

イノヤス

講談社ラノベ文庫編集長(であるらしい)。月刊少年マガジンに約20年在籍後ラノベ文庫へ異動し現在に到る。頭の中身は自称永遠の17歳だが頭の外側は……!?という、ドラえもんのいないのび太、みたいな感じのおっさん。編集者としてのモットーは「相手の技は必ず受けろ!」、身につけたい能力は「速読」、異世界に行ったら「蕎麦屋」をやりたい。一度言ってみたい台詞は「どうしたんだ、顔が赤いぞ。熱でもあるのか!?」

大ちゃん

講談社ラノベ文庫編集部校了担当者。またの名を金剛寺大三郎。軍手とガムテと段ボールが似合うナイス・ガイ。講談社ラノベ文庫の新刊を責任持って校了してますが、やたらフセンをいっぱい貼って返してくるのでうっとおしいみたい。「笑ったとこにいちいち『(笑)』っていうフセン貼ってくんの、どうなんすか」(編集部員・談)

2017.12.14
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

この世界からあの世界へ………あっ、旗が見え………

  • 電子あり
『誉められて神軍3 尾張名古屋は零で持つ』書影
著:竹井 10日 イラスト:CUTEG
大ちゃんコメント

ん゛あ゛──っ、この制服、どこかで見たことがあるんやよ。やよやよ。CUTEGさんのイラスト、かーいーっ。やよやよやよ……大ちゃんの目から光が失われていった。…………。さっ、そういった前提を踏まえつつ、史上初(!?)のご当地ファンタジー・ラノベ、堂々の第3巻です。現実世界とファンタジー世界のゆらぎの謎がほどけていきつつ、竹井節炸裂! そうとう来てます。

ぶっちゃけるとね、1~2巻読んでなくても、まずこの巻から読んじゃってもいいくらいだから。竹井節炸裂!(繰り返し)。ほんでね、ほんでねってこともないんだけど、竹井さん、パンダがものすごく好きだそうです。なんか、おめでたいです。おめでたいといえば、当編集部にはモノマネ芸でおなじみの江戸屋熊猫(仮名)という人がいて、熊猫といえばパンダです。こないだなんか、あれだよ。会議やるっていうから、みんなで巨大会議室に集まったら、モノマネする人とされる人が2人で並んでトーク・ライヴやってました。校了明けでヘロヘロしてたんだけど、面白かったからよかったでした。大丈夫かこの会社。すでに治外法権の大ちゃんです。とにかくおめでたい。

おめでたいといえば、講談社ラノベ文庫は創刊6周年。日頃のご愛顧に感謝いたします。大ちゃん、まともなこともいいます。一応、会社の公式ホームページ内のコーナーだからな。

想像力は肌色の翼でぬちょぬちょと羽ばたくのだっ!!

  • 電子あり
『戦女神の聖蜜2』書影
著:草薙 アキ イラスト:瀬奈 茅冬*
大ちゃんコメント

自分、正直、ラノベなめてましたぁっ。さーせんっ!! けつバットごっちゃんっす!! 今月の大ちゃんは、ずばりそんな気分です。お察しの通り、おっぱこパコパコ吸っちまえの『聖蜜』2巻です。もうオススメというより“オヌヌメ”でぬめぬめ。強烈な筆力ですじゃ。

なんてゆうんですかね、よくサービス・シーンがどうのこうのってあるじゃんか。一服の清涼剤としてヴィジュアルを喚起させるとか、読み手の感情に訴えるスパイスだとかさあ。いわないかもしんないけど。本作、全篇サービス・シーンです。頭から最後まで「むにゅり、ぐいっ、むおっ!? ふご!? んぐ、ああっ」のオン・パレード。バトルのほうがむしろサービス・シーン。すっごいなこれ。昭和生まれの大ちゃん、思わず“官能小説”という言葉を口走ってしまいました。宇野鴻一郎とか富島健夫とか川上宗薫とかの巨匠です。「あらやだ、隣のご主人、ご立派よ」とかのあれよ(どれよ?)。

もうね、全国の青少年諸君、悪いことはいわない、読んどけ。ビジュアル、喚起しとけ! たとえばさあ、文中の“片桐くん”っていうのを自分の名前に置き換えて読めっ。「熊猫くん、気持ちいい? ……はあ、んくぐ、……私も、ああん、熊ちゃん」とかそんな感じ。……なんか、ハラたってきた。

やっぱりでかいのは大正義!

  • 電子あり
『ディヴィジョン・マニューバ2 ―英雄双星― セカンド・ドラグ・ライド』書影
作:妹尾 尻尾 イラスト:Nidy-2D-
イノヤスコメント

ラノベ業界は、流行廃りみたいな「流れ」が漫画のそれにくらべてずっとはやいんだなあ……。この世界にやってきてだいぶ経つのですが、ほんとうにそれを実感することが多いです。けれど、そのなかにあっても普遍的に定番で変わらない人気銘柄、それは「妹」なのではと思います。個人的には妹がらみエンタメ作品ということでは一番最初の記憶は大定番ですが『みゆき』になるかなあ(当時男子校に通う高校生)……以来漫画アニメ系では欠かせない要素であり続けておりますね。

さて、前巻では、ラノベ界の大きな潮流とすこし違った方向性かもしれませんが、個人的には好きな「オネショタ」的関係がどどーんと前面に出ていた『ディヴィジョン・マニューバ』そんな当作も2巻では主人公・九遠くんの「前世での妹」、を名乗る新キャラ十香が出てきました──でありますが、十香さん落ち着き具合ではヒロインたる鈴鹿花火先輩よりずっと落ち着いた印象がある娘なんです。

反対に鈴鹿先輩、この2巻でも英雄的戦闘活躍場面の他は常にあたふたしたり心配したりという、とても大きな(おっぱいだけでなく)ギャップで萌えさせてくれるところも健在であります(自分も色んな意味で包まれたい)。また、相変わらず親友兼義理の姉である凜さんの飄々とした明るさ(何かを押し殺しているにもかかわらず)がすべての救いになっていたりします(ぜひ友達になりたい)。凜さんもこの2巻では大変な目に遭うのですが、それでも彼女らしい抜けた明るさはずっと健在で安心です。多くは描写にあてられてはいないけれど、妹尾先生の書く女子達が、どの子もいい意味でリアルで実在感があって心地よかったなあとも思いました。

とにかく、大きいことが大正義である、といった花火先輩の、Nidy-2d-先生による『機動魔装騎』姿から、浴衣姿までの艶姿(あですがた)も大変な見所でありますよ! ぜひみなさまもお手にとってお確かめくださいな!!

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます