今日のおすすめ

【名作発見】乞食坊主・尾崎放哉の破天荒な作品群。「腹燗」って何だ!?

尾崎放哉随筆集
(著:尾崎放哉)
2017.05.07
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

自由律俳句で有名な尾崎放哉の俳句、随筆、書簡を集めたもの。解説によると夏目漱石の『吾輩は猫である』に影響を受けたと思われるという、学生時代に書いた小説も載っていて興味深かった! 『鳴雪自叙伝』なる本もあると知ったので一読してみようと思います。「腹燗」の正確なやり方が判明するやもしれません。(カラスヤ)
『尾崎放哉随筆集』書影
著:尾崎放哉

──咳をしても一人──
大正15年4月、小豆島土庄町西光寺南郷庵で死去。「乞食坊主」と呼ばれ、人に嫌われ、失意と諦観の果てに所有した無常観。定型俳句を超え、洒脱諧謔をそなえた独得の自由律俳句により、染み入るような孤独を表出する。破天荒に生きた放哉の生活・文学・思想が彷彿とする作品群。俳句・エッセイ・書簡を精選収録。

レビュアー

カラスヤサトシ イメージ
カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』『毎日カラスヤサトシ』『オレは子を見て育とうと思う』『カラスヤサトシの世界スパイス紀行』『おとろし』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。近刊に新書館『カラスヤサトシの孫子まるわかり』、講談社『カラスヤサトシ』9巻、リイド社『カラスヤサトシの戦国散歩』があります。

近況:かわいい女の子が出てくる漫画の面白さに目醒めました。こんなの現実にいない、そうか、だからこそいいのだ! と。

 

抱腹絶倒⇒「カラスヤサトシYouTube」最新版はこちら

驚嘆⇒「自分の4コママンガを自分で再現してみた」はこちら

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます