今日のおすすめ

8000万アクセス突破の人気ファンタジー! 新人賞受賞作品もまとめて紹介

講談社ラノベ文庫5月刊のラインナップを一挙ご紹介! 絶好調人気ファンタジー『異世界支配のスキルテイカー』をはじめ、ラノベ文庫新人賞受賞の期待作が登場。校了を担当する2人の秘密コメントをチェックしよう!!

イノヤス

講談社ラノベ文庫編集長(であるらしい)。月刊少年マガジンに約20年在籍後ラノベ文庫へ異動し現在に到る。頭の中身は自称永遠の17歳だが頭の外側は……!?という、ドラえもんのいないのび太、みたいな感じのおっさん。編集者としてのモットーは「相手の技は必ず受けろ!」、身につけたい能力は「速読」、異世界に行ったら「蕎麦屋」をやりたい。一度言ってみたい台詞は「どうしたんだ、顔が赤いぞ。熱でもあるのか!?」

大ちゃん

講談社ラノベ文庫編集部校了担当者。またの名を金剛寺大三郎。軍手とガムテと段ボールが似合うナイス・ガイ。講談社ラノベ文庫の新刊を責任持って校了してますが、やたらフセンをいっぱい貼って返してくるのでうっとおしいみたい。「笑ったとこにいちいち『(笑)』っていうフセン貼ってくんの、どうなんすか」(編集部員・談)

2017.05.06
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

「ユート、ういやつじゃのう!」

  • 電子あり
『異世界支配のスキルテイカー6 ~ゼロから始める奴隷ハーレム~』書影
著:柑橘ゆすら イラスト:蔓木鋼音

最凶の刺客、近衛愛菜との戦いが終わり、ホッと息をついたのも束の間、悠斗を待ち受けていたのは≪彗星世代≫と呼ばれる腕利き冒険者たちの手荒い洗礼だった。新たなる戦いの中で己の力不足を痛感した悠斗は、エルフの里でハード&ハーレムな修行の日々を送ることに!? 「小説家になろう」発! 超人気ファンタジー、原点回帰の第6巻!

イノヤスコメント

「水曜日のシリウス」連載中のコミックスまでも続々重版の激売れという、いまもっともアクティヴかつ、安心してオススメできる安定の大人気シリーズ、その最新刊が登場です。

前巻にて、自身の最大の敵である、超絶お兄ちゃん大好きっ娘の妹・愛菜をようやく撃退というか、いろいろ手を回してなんとか元の世界に送り返したユート……その強さというかチートっぷりが既にMAX状態だった彼が、最大の敵(本人談)をうっちゃったのです。

そんなユートの強さの向かう先とか、立ちはだかる敵(もっともっと強くなる?)とかはどうなっちゃうんだろうと思いつつ最新刊を読んでいたのですが、意外にも?「うーむ、ユートくんほんとはこれまでの印象よりかわいいやつなんだな!」てな感じでした。ユートの意外な面白さみたいな、ギャップ萌え的な部分を堪能した、というのが一番近いかなあ……。

とっくの昔にさまざまな種族の美少女達でハーレムを形成しつつ、夜な夜な触手でハアハアしていた彼、実はハーレムに集う美少女たちと、「最後の一線」を超えるのが怖いというか、面倒なんだそうです。まあ、思いのほか「ヘタレ」なんですよね……新たに技を究めるために向かった先で出会った、エルフの美人師匠。いままでのユートだったら、大好物の美少女を発見即積極プレス、といったところですがなんと今回は……!? このあたりのギャップをぜひお確かめいただきたいと思います。

ユートの最強っぷりを担保しているところの「近衞流体術」も、毎回その奥深さ底知れなさを表すエピソードは数えきれません。今回も近衞流は意外なところから……なんと“フ◯◯◯◯”から技のヒントを取り入れていますよ! ユートくん同様に、まったく予想もつかないその全貌がとても楽しみであります。

何はともあれ、個人的には今回一番の萌えキャラは「ユートくん」でした。みなさまもぜひご堪能ください!

その瞬間、未練を問われて返す言葉は──!?

『自殺するには向かない季節』書影
著:海老名龍人 イラスト:椎名優

第6回講談社ラノベ文庫新人賞
《大賞》受賞作

永瀬はある朝、同じクラスの生徒、雨宮翼が列車に飛び込む瞬間を目撃してしまう。なぜ死を選ぶのかその理由を考えるが答えは出い。そんな永瀬は友人の深井からあるカプセルを渡される。それはとても小さなタイムマシンなのだという。半信半疑ながらその日の夜にカプセルを飲んだ永瀬が目覚めると、2週間以上も過去に戻っていた! そして永瀬は、雨宮と雨の屋上で出会うのだが──青春を鮮烈な筆致で描くラノベ文庫新人賞<大賞>受賞作が登場!

大ちゃんコメント

学校の屋上でしか会わないような親しくもない知り合い。 駅のホームでぶつかった女に「死ね」と舌打ちしてしまう自分。 一度死体となった女。

「それでも、俺はあいつをちゃんと自殺させたかったんだ」

薄く乾いた厭世観が何層にも重なって、ついには絶望に向かう一歩を踏み出してしまう。何にイラついているのだ。単に”気持ち悪い”程度の印象が排除と虐待の動機なのか。遠くへ去ってしまった者について尋ねられ、初めて気づき、やっと口に出す──「友達だよ」。

作者はあとがきにこう書く。

<ひたすら自分の好みだけで書きました。それ以外のものはなにもない。(略)消息が途絶えたときには、自分の今後も読者さまのご想像におまかせします>

本作は第6回講談社ラノベ文庫新人賞大賞受賞作品。淡々としつつ秀逸なビート感を持つ文章、物語と不可分な人物造形、読み手をぐいぐい引っ張るリーダビリティ、それらの着地点はライトノベルの地平を無残にも踏み外す。結果論として、当レーベルがリビドーとセクシャリティ以外のファクターもたやすく受け入れることの証左となった。

ダメ押しになろうが、選考委員のツカサ氏の評を引用させていただく。

<とても応援したい作品です。ぜひ多くの方々に読んで欲しいです!>

五月病? 何それうまいの? 声に出して読みたい男らしいタイトルっ!

『巨乳天使ミコピョン!』書影
著:瀬戸メグル イラスト:Syroh

第6回講談社ラノベ文庫新人賞
《佳作》受賞作

俺こと工藤竜馬は、口裂け女にある日突然襲われた。もうダメかと思ったそのとき、俺を救ってくれたのは──翼の生えた金髪巨乳の美少女だった! ミコピョンと名乗った彼女は実は天使で、悪魔を退治するためにやってきたらしい。そしてミコピョンが力を発揮するためには人間の契約者が必要とのことで、俺は彼女と契約&同居することになるが……。巨乳天使とドキドキ同居生活!? サービス満点の学園ラブコメ!

大ちゃんコメント

全国の中高生諸君! 君たちは若い!! まず書店のレジの店員さん、もしくは手が空いてそうなスタッフさんに元気な大声で「お頼み申す。きょにゅうてんしミコピョンはございますかな? おお、これこれ、んむふふ、かたじけのうござる」とか言って本書をお買い求めいただきたい。口ごもったりすっとスキができんぞ。後ろからバッサリだ。大人の階段をのぼるということはそういうことよ。居合わせたお客さんや店員さんも「なんて凜々しいお侍さまっ」と世界ウルルン滞在記だ。もう途中から何を言っているのかわからない。

さーあ、やってまいりました。第6回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作品のご紹介です。1次選考時点で一部部員から「面白いけど、ひでえ(褒め言葉)タイトルだな」とか「こ、これは(笑)」とかいろいろな意見も飛び交いましたが、何事もなく応募タイトルそのままのリリースです。口裂け女に追っかけられてる大事なとこで「さっき力を使いすぎて筋肉痛で……」なんつって困った天使は肉食というか焼き肉女子。乳ビンタで点数ゲットして、悪魔よバッチこいだ。なんの説明にもなってませんが、楽しけりゃいいんでござるよ。

あとねえ、本書のカバーの表4(裏側ね)にオビで隠れたSDミコピョンがいます。かわいいです。SDなのに巨乳よ。そこは譲れません。よい子はおうちに帰ってからオビをとってみてね。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます