今日のおすすめ

文豪だって人間関係で悩んでるんだ……文芸論集につまったイチャモンと別れ

柳田國男文芸論集
(著:柳田國男)
2017.02.19
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

他にも、かつての盟友田山花袋との決別、当時の文芸アイドル樋口一葉への反感、文芸サロンからの離脱など、なんと決別の多いこと。藤村の場合は人格的なものへの懐疑があったようですが、田山花袋などには明確に作品への批判があったみたいで。現代は人間関係の発展保存で世界が広がると思われる気がしますが、文学と決別してのちの柳田國男民俗学の大発展を考えると、決別こそが世界を広げる重要な過程なのかもなどと思いました。(カラスヤ)

『柳田國男文芸論集』書影
著:柳田國男

笑い、恋、夢。庶民の暮しに日本人の心を発見する柳田文芸論の白眉28篇!
古来日本人が絶えることなく語り伝えた昔話や伝説は、笑い、歌、夢が咲き誇る肥沃な物語の土壌であった。詩人として、花袋、藤村等と近代文学の青春を共にしながらやがて彼等の批判者となった柳田は、好奇心や空想力を衰弱させた自然主義に反し、庶民の暮らしの中にこそ真の文芸があると説く。文芸に関わる主要論考、随筆から近代文学が捨象した豊穣な世界に詩的直感を以て分け入る28篇を精選。

レビュアー

カラスヤサトシ イメージ
カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』『毎日カラスヤサトシ』『オレは子を見て育とうと思う』『カラスヤサトシの世界スパイス紀行』『おとろし』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。近刊に新書館『カラスヤサトシの孫子まるわかり』、講談社『カラスヤサトシ』9巻、リイド社『カラスヤサトシの戦国散歩』があります。

近況:またも仕事部屋がカオス化してきました、なんとかしたいものです


抱腹絶倒⇒「カラスヤサトシYouTube」最新版はこちら

驚嘆⇒「自分の4コママンガを自分で再現してみた」はこちら

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます