今日のおすすめ

【ナマで見た!】『無限の住人』超豪華キャストと原作キャラのハマり具合

2017.01.30
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

本作のヒロイン。仇討ちを誓う16歳

杉咲花(すぎさき・はな)―浅野凜(あさの・りん)

杉咲さんは休憩中にお会いすると本当に小柄で静かで可愛らしい方なんですが、演技に入ると急に野性味が80%くらい上昇するんですよ。「恐ろしい娘!!」 と思いましたね。

志に生きる「逸刀流」統主

福士蒼汰(ふくし・そうた)―天津影久(あのつ・かげひさ)

福士さんはイケメン過ぎますね。こんなイケメンと命がけの二人旅をしていたら綱渡り効果も相まって、いかに親の仇でも2日で恋に落ちてしまうでしょう。

逸刀流

市川海老蔵(いちかわ・えびぞう)―閑馬永空(しずま・えいくう)

市川さんの強い眼力は閑馬のイメージと少し違うかなと思っていましたが、演技に入るとまるで幽鬼が如くでした。

満島真之介(みつしま・しんのすけ)―凶戴斗(まがつ・たいと)

沖縄の方らしい彫りの深い端正さを持つ満島さんが、ザ・醤油顔の凶をどのように演じられるのか楽しみです。

戸田恵梨香(とだ・えりか)―乙橘槇絵(おとのたちばな・まきえ)

戸田さんが眉間に力を入れて怒った時の顔こそ、まさに槇絵……と言いたいですが槇絵のほうが、やや貧乏くさいです。

無骸流

田中泯(たなか・みん)―吐鉤群(はばき・かぎむら)

吐は座って話してるシーンが多いので、田中さんの高い運動能力が発揮される機会が少ないのが申し訳ないです。

市原隼人(いちはら・はやと)―尸良(しら)

「市原さんの女性ファンが減らないか心配です」と言ったら「減らす覚悟で頑張ります」と笑っておられました。

栗山千明(くりやま・ちあき)―百琳(ひゃくりん)

撮影所でお会いしたとき、金髪だったのもあって「天女か!?」と思いました。太股を凝視していたことを白状します。

2月27日(月)には、講談社28誌連合試写会の応募受付が始まります。お楽しみに!!

『新装版 無限の住人(1)』書影
著:沙村広明

今年、木村拓哉主演で実写映画公開が決定した稀代の名作、それが「ネオ時代劇」と称される本作である。緻密にして革新的な筆づかいにより描出される殺陣や個性的な武具、そして因縁うず巻く人間模様、等々が今ふたたび蘇る。カバー画は全巻描き下ろし。