今日のおすすめ

【絶賛まとめ】変な技で闘う「すしヒーロー」が面白すぎる!

累計300万部の「若おかみは小学生!」シリーズなどの著書がある児童文学作家の令丈ヒロ子さんが、大人気絵本作家のやぎたみこさんとタッグを組んだ新作『負けるな!すしヒーロー! ダイナシーの巻』。お寿司やさんの3代目、食いしん坊のこうきが、すしヒーローに変身。おすしのパワーを生かした技で、食べ物をだいなしにするダイナシーと戦うお話です。この物語が生まれた背景を、著者の令丈ヒロ子さんにうかがいました。

2017.01.06
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます
令丈ヒロ子(れいじょう・ひろこ)/作家

大阪府生まれ。嵯峨美術短期大学(現・京都嵯峨芸術大学)卒業。講談社児童文学新人賞に応募した作品で注目され、作家デビュー。 『若おかみは小学生!』(講談社・青い鳥文庫)は、累計300万部を超える大人気シリーズになっている。 ほかのおもな作品に、『若おかみは小学生!』の姉妹編「温泉アイドルは小学生!」シリーズ、 『パンプキン! 模擬原爆の夏』(以上、講談社)などがある。

Q.この作品をお書きになったきっかけを教えてください。

以前から、「子どもに身近なヒーロー」を主人公にしたお話を描きたかったのですが、なかなかチャンスがなくて。そこに毎日新聞(関西版)から原稿の依頼をいただいたので、この機に書いてみようと思いました。(*2016年5月1日~31日毎日新聞関西版に掲載されました。)

Q.新聞連載中の反応はいかがでしたか?

びっくりするほどご近所の方(特に年配の方)に評判がよかったです! 「月光仮面を思い出した!」とか「あんなおもしろい話を書いてる人だったんですね!」などと、行く先々で声をかけられ驚きました。おかげさまで、近隣での知名度がぐっとあがりました。

Q.「おすし」と「ヒーロー」というテーマになさった理由はなんでしょう?

一番の理由は、わたしがおすしが好きだったことです。小さなお子さんから、お年寄りまでに好かれているものなので、いろんな年齢層の人がそろって楽しめる食べ物ですし。カジュアルにも食べられるけれど、おめでたい席や法事などでもよく出てくる、「特別な食べ物」という感じも好きですね。わたしは子どものころ、食べ物の出てくる絵本や童話が大好きでした。お話だけでなく、さし絵がおいしそうだと、ページが取れるぐらい同じシーンを見たり、読んだりしていました。おすしがどんどん出てくる話が、子どものころにあったら、夢中になっていたと思います。それから、実はヒーローものも大好きでした。初めて仮面ライダーを見たときの興奮は、忘れられませんね。大人になってからも、どこか人間味を感じるヒーローものが好きで、マーベル映画「アベンジャーズ」や「アイアンマン」シリーズなどは、欠かさず観ています。 なので、おすしを使いこなすヒーローものというのは、わたしにとって、大好物の盛り合わせのようなものなのです。今までで一番、「すいすいーっ」と書けました。書いていて、こんなに楽しかった作品は珍しいですね。

Q.主人公は、食いしん坊で、運動が苦手な男の子という設定ですね。

はい。おすしのように和風イメージで、親しみやすい男の子が似合うなと思い、お寿司屋さんの3代目、妹に優しく、争い事が苦手、ぽっちゃりで金属にかぶれやすいデリケートな男の子「こうきくん」にしました。

Q.いちばん書きたかったシーンはどこですか?

どこにでもいるようなふつうの男の子の中にある、強い気持ち――こうきくんの場合は「好きな食べ物を心からおいしいと言って食べられる、平和な街を守りたい」という気持ち――を、ヒーローになったときに、彼自身がはっきりと自覚するところですね。また彼が、敵をやっつけるだけでなく、「おいしく食べることの楽しさ」を思い出させるところです。いろんなすしパワー技も考えるのが楽しかったですが、「かんぴょうタイトロープ」「特上すしゴージャスゴールドタイフーン」は特にお気に入りです。

↑楽しい技がいっぱいです。

Q.やぎたみこさんとのお仕事はいかがでしたか?

絵本作家のやぎたみこさんのファンでしたので、いつか、さし絵をお願いできたらいいなと、ずーっと思っていました。やぎさんの絵は、優しくあたたかく、かわいいのですが、生き物の体温や皮膚の感触なども感じられるような、ものすごく存在感がある絵です。この話は、やぎさんの絵によって、リアルさ、おもしろさ、そしておすしのおいしそうな感じが、パワーアップしたと思います。今や、やぎさん以外の絵が、まったくイメージできないぐらいぴったりです。どの絵も大好きですね!

↑もくじのイラストは「すしパワーラボ」です。

この本を読んだら、おすしが食べたくなることうけあいです。ご家族みんなでおすしを食べながら、すしヒーローのことが、楽しい話題になったらいいな、と思っています!

  • 電子あり
『負けるな!すしヒーロー! ダイナシーの巻』書影
著:令丈ヒロ子 絵:やぎたみこ

小4のこうきは、「光寿司」の3代目。食いしん坊で運動が苦手なぽっちゃり男子だ。こうきの住む町に、食べ物をだいなしにするダイナシーが現れては悪さをするようになった。発明好きなこうきの祖父は、おすしのパワーを使った「すしパワードスーツ」を開発。こうきがこれを着て、すしヒーローに変身! ダイナシーと戦うのだが……。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます