今日のおすすめ

【名作発見】貧しい美少女と金持ちの不細工。明治の暗黒面を見よ!

明治深刻悲惨小説集
(編:講談社文芸文庫 選:齋藤秀昭 著:泉鏡花/樋口一葉/田山花袋/徳田秋/川上眉山/広津柳浪/小栗風葉/前田曙/北田薄氷/江見水蔭)
2016.12.11
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

本のタイトルを忘れて読んでいて「なんでこんなにも気の滅入る話ばかりなんだ!?」と思ったら『深刻悲惨小説集』なんでした。ならしかたがない。日清戦争後にそんなジャンルの小説がたくさん世に出たそうで、この本、ほかに泉鏡花、田山花袋、徳田秋声、樋口一葉、広津柳浪、江見水蔭、小栗風葉、川上眉山、北田薄氷の作品が収録。メジャーどころから超マニアックまで、悲惨がギッシリ! ぜひ。(カラスヤ)
  • 電子あり
『明治深刻悲惨小説集』書影
編:講談社文芸文庫 選:齋藤秀昭 著:泉鏡花/樋口一葉/田山花袋/徳田秋/川上眉山/広津柳浪/小栗風葉/前田曙/北田薄氷/江見水蔭

死、貧窮、病苦、差別──。明治期、日清戦争後の社会不安を背景に、人生の暗黒面を見据え描き出した「悲惨小説」「深刻小説」と称された一連の作品群があった。虐げられた者、弱き者への共感と社会批判に満ちたそれらの小説は、当時20代だった文学者たちの若き志の発露であった。「自然主義への過渡期文学」という既成概念では計れない、熱気あふれる作品群を集成。

レビュアー

カラスヤサトシ イメージ
カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』『毎日カラスヤサトシ』『オレは子を見て育とうと思う』『カラスヤサトシの世界スパイス紀行』『おとろし』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。近刊に新書館『カラスヤサトシの孫子まるわかり』、講談社『カラスヤサトシ』9巻、リイド社『カラスヤサトシの戦国散歩』があります。

近況:12月15日、竹書房より新刊『お湯もプロペラも頭蓋骨もみんな神様だった!』発売です、神社仏閣めぐりの本です、どうぞよろしくお願いいたします。

抱腹絶倒⇒「カラスヤサトシYouTube」最新版はこちら

驚嘆⇒「自分の4コママンガを自分で再現してみた」はこちら

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます