今日のおすすめ

【講談社ラノベ文庫5周年】ラノベ王子、人気作家4人との闇トーク

2016.10.01
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

「ラノベ文庫創刊5周年スペシャル記念企画! 榊一郎先生・鏡貴也先生・竹井10日先生・ツカサ先生の豪華執筆陣によるトーク&サイン会」が、9/10にAKIHABARAゲーマーズ本店にて開催されました。“ラノベ王子”こと、ラノベ文庫編集部の庄司智のツイートで振り返るイベントレポート!

ラノベ王子(庄司智)イメージ
庄司智

講談社ラノベ文庫編集部副編集長。担当作はアニメ化の『銃皇無尽のファフニール』(ツカサ/梱枝りこ)『クロックワーク・プラネット』(榎宮祐・暇奈椿/茨乃)ほか多数。
声優の千本木彩花さんと送る編集部ニコ生「講談社ラノベ文庫チャンネル」は毎月新刊発売日に放送中!

講談社ラノベ文庫編集部の庄司です。

講談社ラノベ文庫は今年創刊5周年!
こちらを記念しまして、2016年9月10日(土)にAKIHABARAゲーマーズ本店さんで、榊一郎先生・鏡貴也先生・竹井10日先生・ツカサ先生という、講談社ラノベ文庫でご活躍される先生方のサイン会&トークショーが行われました!

ちゃんとしたレポートは編集部ブログに掲載されておりますが、僕も編集部の先輩と一緒に司会進行役として参加させていただきましたので、当日のツイート見つつ振り返ろうかなと!

※スマートモードでご覧の場合、一部デザインが崩れる可能性がございます。
【前日夜】

「僕は終電で帰りますが。先輩は?」
「仕事が……終わらない……」

結局先輩は2時過ぎまで会社にいた模様。大丈夫かこの司会コンビ。

【当日】

こちらが会場のゲーマーズさんイベントフロアです。
会場をとてもきれいに飾ってくださいました!

先生方も続々とお集まりに。
控え室の様子はこんな感じでした。

オンタイムで開場。 司会ということで、13時からの開演に備えてステージ袖に控える僕と先輩。 こわばった表情の先輩ですが……。

そんなこんながありつつ、定刻通りにイベント開始。
先輩と僕で、軽く今回のイベント内容や講談社ラノベ文庫5周年について触れつつ……。

「空調大丈夫? 暑かったり寒かったりしない?
 ──でも俺は知ってるよ。
 いま一番熱いのは──ここにいるキミ達のハートだってこと」

という僕のトークで、会場の空気は氷点下に。
さ、最初に滑っておけばその後なにも怖くないから(震え声)。

そして、榊一郎先生・鏡貴也先生・竹井10日先生・ツカサ先生がご入場。

最初のご挨拶から「講談社ラノベ文庫は、校正がとてもしっかりしている」というコアなネタのぶっ込みが入るなど、波乱のトークの予感が……?

先生方の交友関係や執筆環境、あとは全員アニメ化ご経験ありの先生方ということでメディアミックスに関してだけでなく、

「温泉に行って執筆とかしてみたいですね。アウトドア……」
「それはアウトドアと言うんですかね? 温泉行っても執筆してるんだし」
「家の外に出たらアウトドアなんですよ!」

「編集担当との関係性はいかがですか?」
「最初は厳しい編集さんがいいと思います」

などなど。
他社でご活躍されている作家さんのお名前なども挙がりつつ、僕も一ファンとして聞いていてとても勉強になるトーク内容でした。

さらに会場からの質疑応答コーナーでも、

◆市場的に、巻数が長いタイトルが増えてきているようだがどう思うか
◆新人賞選考について
◆シェアード・ワールドものについて

などの、ライトノベルファンにはたまらない質問が飛び交いました!

その後、プレゼント大会からのサイン会に。
作家さん4名が勢揃いというのはなかなかない機会なので、貴重な時間だったのではないでしょうか。

「講談社ラノベ文庫」
「講談社ラノベ文庫」

先生方、AKIHABARAゲーマーズ本店さん、ご参加くださったみなさま……本当にありがとうございました!

【追記】

また、同日には同じく秋葉原にて、別冊少年マガジンで好評連載中の『寄宿学校のジュリエット』(金田陽介先生)の うちわ配布イベントが行われていました!(*^^*)
こちらもとても盛り上がっていたようです!

↓まだまだ続く、ラノベ5周年記念企画! 詳しくは特設サイトへ↓

『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1』書影
著:榊一郎 イラスト:ゆーげん

富士の樹海はファンタジーな異世界に続いてた!? そんな非常識な状況に放り込まれたのは高校ドロップアウトの加納慎一。ラノベ作家とエロゲー原画師を両親に持つサラブレッド級おたくの慎一だが、特別な力は無い。持つのは『萌え』の知識、見識だけ。その慎一に課せられた任務は『萌え』の伝道! というわけで何がなんだか分からないまま、ハーフエルフのメイドさんや美幼女皇帝と親交を深めていくと、今度はテロが!?

『終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅』書影
著:鏡貴也 イラスト:山本ヤマト

「ねえグレン。大人になっても、私たち、ずっと一緒にいられるのかな……?」。世界が滅亡し、地上が吸血鬼に支配される直前の──最後の春。一瀬グレンが入学したのは、渋谷にある呪術師養成学校だった。学校にいるのは呪術世界では有名な家系のエリート子女ばかり。身分の低い分家出身のグレンは、胸に大きな野心を抱きながらも、クズだと嘲られながら過ごす。だがそんな中、遠い昔に約束を交わした少女の、婚約者を名乗るクラスメイトが現れて……。滅び行く世界で、少年は力を求め、少女もまた力を求めた。学園呪術ファンタジー登場!

『彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ』書影
著:竹井10日 イラスト:CUTEG

主人公・旗立颯太は、ひょんなことから他人のフラグが「目視」できるようになってしまった高校生。転校したての颯太は、右も左もわからない環境の中で近づいてくるヒロインたちの「恋愛フラグ」をついつい折りまくってしまう。その奇妙な行動に興味をもった美少女たちと、なんと颯太と同じ屋根の下で暮らすことに。女子7人との寮生活で折っても折ってもわき上がってくる恋愛フラグにいい加減うんざりした颯太だが……!?

『銃皇無尽のファフニール1 ドラゴンズ・エデン』書影
著:ツカサ イラスト:梱枝りこ

突如現れたドラゴンと総称される怪物たちにより、世界は一変した……。やがて人間の中に、ドラゴンの力を持った“D”と呼ばれる異能の少女たちが生まれる。存在を秘匿された唯一の男の“D”である少年・物部悠は、“D”の少女たちが集まる学園・ミッドガルに強制的に放り込まれ、学園生の少女イリスの裸を見てしまう。さらに生き別れの妹・深月と再会した悠は、この学園に入学することになり……!? 「本当にどうしようもなくなったら、俺がイリスを──殺してやる」「信じて……いいの?」。最強の暗殺者になるはずだった少年と、落ちこぼれの少女が繰り広げる、“たった一つの物語”が幕を開ける──! アンリミテッド学園バトルアクション!

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます