今日のおすすめ

食マンガの作者たちに注文してみた。「最高の料理を一品だけ選んでください」

いま一番勢いがある青年漫画誌:週刊モーニング。実は〝食″をテーマにした漫画、略して【食漫】の宝庫なのです。コミックプラスでは、皆様に〝食欲の秋″を堪能してもらうために、著者イチオシの料理をあげてもらいました。実際に漫画で描かれた料理の中から、作った(食べた)本人が悩みに悩んで選んだ一品です。第1回目は『クッキングパパ』のうえやまとち氏、『オリオリスープ』の綿貫芳子氏、『う』のラズウェル細木氏の登場です。

2016.09.30
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

言わずと知れた国民的な食漫画のリーダー的存在!  講談社最長巻数!

『クッキングパパ(138)』書影
著:うえやまとち

博多、東京、沖縄……。まことの次なる新天地はどこになるのか、就職先大発表!!  収録メニュー:「ニラ玉DX(デラックス)」「パワフルみそ汁!!」「コロツケモン」「ソフト・ポテ・クリーム」「とろろアワビ」「フ・カレー」「新・鯛茶漬け」「パクチーヤキソバ」「ハッピーバーガー」「ゆべし」。

『クッキングパパ』

食の街・博多。荒岩一味(あらいわかずみ)は仕事も家事も完璧にこなす元気なサラリーマン!!  新聞記者として働く虹子さんは、家事はちょっぴり苦手だけどいつも明るく元気なお母さん。大阪で働く長男・まこと、そして中学生になった長女・みゆきの4人家族の食卓にはいつも笑顔があふれています。そんな荒岩一家を中心に“おいしい笑顔”の輪がどんどんふくらむ物語です。1992年〜1995年、アニメ化。連載30周年を迎えた2015年、第39回講談社漫画賞特別賞受賞。

読むと作りたくなる、飲みたくなる! 四季折々のスープが満載のスープ漫画の決定版!

『オリオリスープ(2)』書影
著:綿貫芳子

本の装丁家・原田織ヱ(26)は、スープが大好き。スープと言っても、種類は色々。思わず真似したくなる四季折々のスープを、めしあがれ。【2巻のお品書き(一部)】鮭とキノコのクリームシチュー/天ソバ/レンコンのすり流し汁/タコ入り鶏団子とカリフラワーの鍋/夜中のおとしバターミソラーメン/小龍包/屋台のおでん/なとり雑煮/冬野菜のミネストローネ/オレンジピール入りマサラチャイ/湯どうふ

『オリオリスープ』

デザイナーで食いしんぼうの主人公・原田織ヱ(はらだおりえ)が、四季折々に移ろう旬の食材を使ったスープを、とにかく楽しむ漫画です!

こんなにも深かったのか・・・と目からウロコ。前代未聞のうなぎ漫画!!

『『う』(1)』書影
著:ラズウェル細木

その香りは媚薬、その味は口福。読むと食べたくなるうなぎ漫画、開店! ――『酒のほそ道』のラズウェル細木が挑む、人類初のオンリーうなぎ(食うだけ)漫画!! この“う”話は、呉服屋の若旦那・藤岡椒太郎(ふじおか しょうたろう)がうなぎをおいしく食べつづけるだけの漫画です。連載開始時より読者の方・漫画家・書店員さん・うなぎ業界等各方面から正気かよ!? とツッコまれてますが本当にそれだけのお話なんです。

『う』

このお話は、呉服屋の若旦那・藤岡椒太郎(しょうたろう)がうなぎをおいしく食べつづけるだけの漫画です。連載開始時より読者の方・漫画家・書店員さん・うなぎ業界等各方面から正気かよ(^ε^;!? とツッコまれてますが本当にそれだけのお話なんです。どこを読んでも「うなぎ」だけですので、どの巻から読んでもまったく問題ございません。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます