今日のおすすめ

【名作発見】吉田茂の息子が愉しんだ金沢。静かな夜、うまい酒!

金沢・酒宴
(著:吉田健一)
2016.08.14
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

おそらく著者自身がモデルのこの主人公、東京で仕事しつつ金沢に別宅を持ったり、やたら高そうないい店に出入りしたりするので、若干不審に思っていたら、解説読んでびっくり、吉田茂の息子様であったと! 知らなかった! 道理で余裕がありすぎるというか、ずいぶんとゆったりした暮らしぶりで「いいなー、オレもいつかはこんな」と思いましたが、出自が違いすぎるのですね。憧れるだけにしときます。(カラスヤ)

レビュアー

カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』『毎日カラスヤサトシ』『オレは子を見て育とうと思う』『カラスヤサトシの世界スパイス紀行』『おとろし』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。近刊に講談社『カラスヤサトシ』9巻、リイド社『カラスヤサトシの戦国散歩』があります。

近況:エアコンが水を吹くのをはじめて経験しました。話には聞いてましたが。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます