今日のおすすめ

【閲覧注意】怖すぎて内臓の悲鳴がヤバい──ホラー漫画の新定番

『不安の種』シリーズの中山昌亮先生が描く、現代日本ホラーの新定番! 『後遺症ラジオ』の夏休み特別編が、8月9日発売の「ネメシス」最新号に掲載されます。今回は特別に、本編の一部をチラ見せ! これまでに登場した恐ろしい生物(?)とともに、ご紹介します。

2016.08.09
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます
『後遺症ラジオ』とは……

“おちょなんさん”で有名な『不安の種』シリーズや、『PS 羅生門』の作画で知られる、中山昌亮先生が描くホラー短編シリーズ。平穏な日常の中に突如現れる、人間以外の恐ろしい存在の数々を描き、全国の恐怖漫画ファンから絶賛の悲鳴が上がっています。実話ものではありませんが、実話怪談本が好きな方に、特におすすめしたい作品です。現在、「ネメシス」(偶数月9日発売)で好評連載中。

禁断の実話ネタ。著者の身に降りかかったのは――

『後遺症ラジオ』夏休み特別編! 著者の実体験エピソードをチラ見せ!

最新号の「ネメシス#29」に掲載されているのは、なんと中山先生の実体験をもとに描き下ろされた特別編。そのヤバすぎる内容の、一部をお見せします。

それは、以前使っていた事務所にまつわる出来事──。

『後遺症ラジオ』

良い物件なのに、妙に少ない住民、謎の遺物。

『後遺症ラジオ』

そして立て続けに、異常な現象が起こり始める──!

『後遺症ラジオ』

あっと驚くシーンがあるわけではないですが、正直、かなりいやな意味でじわじわきます。あとを引く内容なので、本当に、閲覧注意です!

担当編集より
この実話を公開すること自体が、非常に危険であったということは、本作をお読みいただければご理解いただけることと思います。ただし「命にかかわるレベルの実話」であるだけに、作者である中山昌亮先生の方でも「万全の危機管理」をした上で、制作されております。具体的な危機管理の方法に関しては伏せさせていただきますが、お読みになった方に「実害が感染する恐れ」はありませんとのことですので、安心して恐怖なさってください。


なお原稿の受け取り、編集作業、印刷工程および、その関係者のいずれにも、霊障は確認されませんでした。

歩きスマホ、見ているうちに……

特別編と2本立て! 本編のテーマは「歩きスマホ」。

実話ネタと合わせて、いつもの『後遺症ラジオ』も掲載。タイムリーな内容となっています!

『後遺症ラジオ』

最近、特によく見かける「みんな歩きスマホ」の光景。

『後遺症ラジオ』

でも、あまり夢中になっていると、忍び寄る影に気がつかないかも……。

脳髄ヲ恐怖デ冒ス電波網──

これまでに登場した謎の生物(……?)

一度見たら忘れられない、強烈なビジュアルを持つ、謎の生物(?)オバケ(?)妖怪(?)たちをご紹介。じわじわと染みこむような、現代日本に潜む恐怖が垣間見える『後遺症ラジオ』。その世界観をお楽しみください。

『後遺症ラジオ』

新幹線の、窓に映る──

『後遺症ラジオ』

ベランダの、窓から覗く──

『後遺症ラジオ』

助け起こした、その顔が──

一見、別々の話が展開されているように見える本作。
しかし、ラジオのチューニングを合わせるごとに、物語は核心にせまり、隠された全貌が浮かび上がっていく──。
それぞれのエピソードは、ぜひ、単行本で続けてお楽しみください。

『後遺症ラジオ』は、4巻まで発売中です!

  • 電子あり
『後遺症ラジオ(4)』書影
著:中山昌亮

………ゴク…………ビチャ……ズル…ズズ…………っまほ……んじゃで………影………ぶばろ゙お゙お゙ぉ゙ぁ゙………目ッ……はァ…はァ………の灰……ジ…故………人形ガガガ………ォ断チ……ィマス…………ゴッ!…………多血………忌ミ……ピチャ………ガサガサガサガサ…………がっ…げ……げべべ………………コチラハAERN-BBC、「後遺症ラジオ」デス。チューニングノ必要ハ……アリマセン。