今日のおすすめ

インテリアの工夫で絶賛生活──発想一つで雑誌の世界を再現!

“幸せを実感できる暮らしと空間”を提案するインテリア雑誌「モダンリビング」のパブリッシャー(発行人)を務める下田結花さん。ウェブマガジン「ミモレ」で連載するコラムが、書籍になりました。今回、本書で紹介する109のアイデアの中から、7つをピックアップして紹介します。下田さんの発想は、すぐに実践できるものばかり。日々の「暮らし」が満たされるための、空間づくりやインテリアのヒントになります。

2016.07.29
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます
下田結花(しもだ・ゆか)
下田結花(しもだ・ゆか)

1959年4月5日生まれ。ハースト婦人画報社「モダンリビング」パブリッシャー(発行人)。旧・婦人画報社(現・ハースト婦人画報社)に入社。料理の書籍、マナー、メイク、着物の別冊などの編集を経て、雑誌「ヴァンテーヌ」に14年間在籍。2003年より13年間「モダンリビング」編集長を務める。現在「モダンリビング」の全体を統括するとともに、ウェブサイトで発信。インテリアのプロから一般までを対象に、幅広くインテリアの講演・セミナーなども行っている。

インテリアは人生の一部なのです

4年前、10年ほど住んでいたマンションをリノベーションしました。家族2人で70m²。内装をすべて取り払い、キッチンもお風呂も場所を動かし、まったく違った空間になりました。整理し残ったのは、今まで使い続けてきた家具であり、身のまわりに置いていたものばかりでした。

30代より40代、そして50代になってますます、「今」という時間を大切にすることが生きること、と思うようになりました。過去を悔やんでも、未来を憂えても、問題は解決しません。それならば、この瞬間、笑顔でいることを考えよう──そう思えるようになったのです。

整った空間や美しいものがある自分にとっての心地よい空間は、その瞬間を支えてくれるものです。インテリアのショールームのようである必要はないし、家族が笑顔でいられるなら、部屋が散らかっていても構わないと思います。

私自身、いつもすっきり片付いた部屋ではありません。けれど、花を飾ること、ものの置き方を整えること、料理の盛りつけや器を新しくすること、そんな小さな部分を変えることで、日々の暮らしはリセットできます。

いつかやろうと思っているうちに、時間は過ぎていってしまいます。あなたとあなたの家族の幸せは、この「瞬間」にあるのです。

今いる場所で、今できることを──インテリアはあなたの人生の一部なのですから。

下田結花

アイデア1 インテリアは「3つ」あると塊になる

イタリアの別荘にあったモロッコのキャンドルスタンド。床置きのものは特に「大きめ」を選ぶと効果的です。

部屋の中にはいろいろなものがあって、ごちゃごちゃしがち。皆さん、悩みですよね。でも、同じものがたくさんあると、塊になってスッキリ見える! って、ご存じですか? 本や食器、保存瓶などもできるだけ同じ色や形のものをまとめて置くのが、インテリアをきれいに見せるコツ。ショップのディスプレイが整って見えるのは、ある程度の量があるからなのです。では、どれぐらいの量があればいいのか? ズバリ、最少は3つ、です。写真はキャンドルスタンド。大きなサイズは高さ50cmくらいありますが、それでも床に置くと周囲のものに埋もれてしまう。大中小と3つあると、どこに置いても存在感を発揮します。「塊」をつくりたいときは3つ集める、と覚えておきましょう。

アイデア2 ダイニングチェアはバラバラがいい

ヴィンテージの木のテーブルに、さまざまなデザインの椅子。「好きなもの」を集めた心地よさにあふれたダイニングです。設計/スタジオCY(サイ)(堀内 雪+堀内 犀)

お揃いの統一感は捨てがたいのですが、ダイニングチェアはバラバラのほうが、本当は実用的です。お父さんと子供、体型も身長も違うのに、同じ椅子で座り心地がいいわけはありませんよね。大人同士でも、ぴったり合うシートハイは微妙に違うもの。ですから、家族それぞれが座りやすい椅子をもつのが理想だと思うのです。そんなときのテーブルは、がっしりした木のテーブルがいいですね。どんな椅子も受け止めてくれますから。バラバラの椅子ではまとまりがなさすぎて……というときは、色を揃えてみましょう。木の色の椅子にするとか、デザインの違いの黒にするとか。この方法、価格のメリハリがつけられるので、予算が限られているときにもおすすめです。

アイデア3 本は置き方で美しくなる

世界的に著名な建築家でデザイナー、ピエロ・リッソーニのミラノの事務所で見たのは、美しい本の佇まいでした。シンプルな白い本棚に雑誌が入っています。縦と横、きちんと並べて、重ねて置かれた本。色もサイズもまちまちなのに、どうしてこんなにすっきりと見えるのでしょう? 理由はそれぞれの山が「ひと塊」になっているから。ぴしっと揃えられた角にも注目です。本が一冊一冊でなく、キューブのような塊になるとこんなふうに、整然とするのですね。これを可能にしているのは、人の手。触れる、整える、並べる。人の手が感じられるから、よけい美しいと思うのではないでしょうか。

アイデア4 日よけは、麻のシーツと洗濯ばさみ

麻の洗濯バサミはアルチヴァンドで購入。シーツはフォグリネンワークのもの。

外でお茶を飲みたくなる季節は、外カフェも好きですが、いちばん落ち着くのは自宅のベランダ。7階なので景色もいいのです。ただ問題は、午後まで日差しが強いこと。パラソルを置くほどのスペースもないし、と考えた末、麻のシーツと洗濯バサミでターフ(日よけ)を作ることに。洗濯紐に洗濯ばさみでシーツを留め、長めに手すりの外に垂らします。必要なときにパッと取りつけて、不要になったら外す。それが簡単にできるからいいのです。ただし、ビニールの洗濯紐やプラスチックの洗濯ばさみは避けましょう。麻のロープに木の洗濯ばさみ。自然のものは、なぜかやっぱり美しいのです。

アイデア5 鉢カバーは新聞紙と麻紐

あまりきちんと包まずに、ラフに紙を巻いてみましょう。細長く折って、2~3回巻くと形になりやすい。

ビニールポットに入った苗は、植木鉢に植え替えなくても楽しめます。陶器の鉢や器にビニールポットのまま入れて。ただし、穴があいていない器の場合は、中に水がたまってしまわないように気をつけましょう。でも適当な鉢がない場合もありますよね。そんなとき、私は新聞紙で包んで、麻紐でぐるっと巻いてしまいます。そのまま水やりできるように、底は紙で包まないのがコツ。ちょっとおしゃれにしたいなら英字新聞で。きれいな色の紙や雑誌のページでもいいですね。この方法、ポットの大きさを問わないのもいいところ。ビニールポットのまま置くのだけはやめましょう。それでは花が可哀想です。

アイデア6 トランク選びに欠かせない3つのこと

リモワのトランク。小さいほうは機内持ち込み用に。この組み合わせなら、2週間の海外取材もOKです。

休みの時期にトランクを新調しようという方も多いのでは? 実は数ヵ月前、10年以上使ったトランクを買い替えました。以前のトランク2個は、買った時期も違ったのでデザインもブランドも別々でした。そこで今回はこの3つをポイントに選びました。

1.荷物は自分で運ぶことが前提なので、とにかく軽いもの。

2.並べて置いたとき美しいように、お揃いで大小にする。

3.自宅に置いても悪目立ちしない色にする。

その結果、選んだのがこれ。リモワの64L(預け用)と42L(機内持ち込み用)のグレーです。大正解でした。インテリアになるものだから、家に置いたときの姿を想像することも大切です。

アイデア7 ちょっと大人な自家製レモネード

私が使っている保存瓶はMUJIのもの。並べたとき、美しいように3個一緒に購入。

最近、レモネードがマイブーム。カフェでの外お茶でも、自家製レモネードがメニューにあるとつい頼んでしまいます。そこで自分でも作ってみることにしました。自己流レシピですが……。レモン(できれば無農薬)をよく洗い、薄切りにします。保存瓶にレモンとローズマリー、はちみつをたっぷり入れて、そのまま冷蔵庫で1日置きます。ローズマリーを入れると、風味が増し、大人な味に仕上がります。グラスに氷とこのレモン汁とレモンのスライスをたっぷり入れて、ペリエで割っていただきます。レモンもそのまま食べられます。砂糖とレモン汁という作り方が一般的のようですが、このはちみつレモンローズマリー風味、リフレッシュにおすすめです。

『心地よく暮らす インテリアの小さなアイデア109』書影
著:下田結花

モダンリビングの編集長を長く務め、多くの家を取材し、様々なインテリアを見てきた著者。その著者が心地よい住まいにするための自宅マンションで行っているインテリア・暮らし方のアイデア集。決して大きな家でなくても、お金かけなくても、だれでもすぐにマネできそうな小さなアイデアや考え方を写真とともに紹介していきます。実例写真があるからわかりやすい!

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます