今日のおすすめ

【名作発見】戦時下、巨体力士はメシを喰えたのか?(相撲ファン必読)

相撲記
(著:舟橋聖一)
2016.07.24
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

昭和16年から昭和18年1月にかけて書かれたもので、モロに戦時下の相撲興行の様子などもよく出てきます。が、本当に取組に夢中になっていて、戦争のことはほとんど出てきません。読んでると戦時中に書かれたものであることを忘れるくらい、名勝負の描写に手に汗握ります。アメリカの野球団を「興行的媚態」、イギリスを「老大国」といってけなしてる箇所が、時局のことを考えると本気度が増して見えてきます。(カラスヤ)

レビュアー

カラスヤサトシ イメージ
カラスヤサトシ

1973年生まれ。漫画家。著作に『カラスヤサトシ』『カラスヤサトシのおしゃれ歌留多』『強風記』『喪男の社会学入門』『毎日カラスヤサトシ』『オレは子を見て育とうと思う』『カラスヤサトシの世界スパイス紀行』『おとろし』など多数。『アフタヌーンはカラスヤサトシのもの』を「アフタヌーン」で連載中。近刊に講談社『カラスヤサトシ』9巻、リイド社『カラスヤサトシの戦国散歩』があります。

近況:長年行ってみたかった、吉見百穴に行ってきました、大満足です。

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます