今日のおすすめ

本能寺、大坂城、関ヶ原。天下分け目の「決戦!」を七人の作家が描く人気シリーズ

戦国時代。天下分け目の戦場を、七人の作家が描く大ヒットシリーズ。

乱世終焉の「関ヶ原」、豊臣 vs. 徳川の「大坂城」に続き、信長が斃れる「本能寺」が発売中。

最新作は、冲方丁×上杉謙信 VS. 宮本昌孝×武田信玄、戦国最強同士の大激突「川中島の戦い」!

2015.11.16
  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

信長自刃の夜。戦国最大の下克上

  • 電子あり
『決戦! 本能寺』書影
葉室麟/冲方丁/伊東潤/富樫倫太郎/天野純希/乾緑郎/木下昌輝

天正十年六月二日(一五八二年六月二十一日)。戦国のいちばん長い夜──本能寺の変。天下人となる目前の織田信長を、討った男、守った男。その生き様には、人間の変わることのない野心と業が滲み出る。 ①伊東潤×織田信房「覇王の血」 ②矢野隆×森乱丸「焔の首級」 ③天野純希×島井宗室「宗室の器」 ④宮本昌孝×徳川家康「水魚の心」 ⑤木下昌輝×細川幽斎「幽斎の悪采」 ⑥葉室麟×斎藤利三「鷹、翔ける」 ⑦冲方丁×明智光秀「純白き鬼札」

豊臣 vs. 徳川 存亡を賭す最後の戦い

  • 電子あり
『決戦! 大坂城』書影
葉室麟/冲方丁/伊東潤/富樫倫太郎/天野純希/乾緑郎/木下昌輝

慶長二十年五月(一六一五年六月)。秀吉が築きし天下の名城・大坂城――。いまここに、戦国最後の大合戦が始まろうとしていた。乱世に終止符を打つのか、敗北すなわち滅亡か……。 ①葉室麟×淀殿「鳳凰記」 ②冲方丁×豊臣秀頼「黄金児」 ③木下昌輝×真田信繁(幸村)「日ノ本一の兵」 ④伊東潤×福島正守「男が立たぬ」 ⑤天野純希×松平忠直「忠直の檻」 ⑥乾緑郎×水野勝成「五霊戦鬼」 ⑦富樫倫太郎×近江屋伊三郎「十万両を食う」

「刊行記念著者座談会」「合戦地図」 決戦!シリーズをもっと読みたくなるスペシャル企画

乱世終焉! 命運を背負った7人の男

  • 電子あり
『決戦! 関ヶ原』書影
葉室麟/冲方丁/伊東潤/上田秀人/天野純希/矢野隆/吉川永青

慶長五年九月十五日(一六〇〇年十月二十一日)。天下分け目の大勝負――関ヶ原の戦いが勃発。乱世を終わらせる運命を背負ったのは、どの男だったのか。 ①伊東潤×徳川家康「人を致して」 ②吉川永青×可児才蔵「笹を噛ませよ」 ③天野純希×織田有楽斎「有楽斎の城」 ④上田秀人×宇喜多秀家「無為秀家」 ⑤矢野隆×島津義弘「丸に十文字」 ⑥冲方丁×小早川秀秋「真紅の米」 ⑦葉室麟×石田三成「孤狼なり」

豪華絢爛! 英雄たちの無双演舞

電子書籍
『決戦! 三國志』書影
田中芳樹/東郷 隆/木下昌輝/天野純希/吉川永青

「決戦!」シリーズに三国志が登場! 舞台は大陸、主役は古代の英雄たち。広大なスケールで贈るファン必読の書き下ろし。

武田 vs. 上杉 戦国最強同士の激突

  • 電子あり
『決戦!川中島』書影
冲方丁/宮本昌孝/木下昌輝/矢野隆/乾緑郎/吉川永青/佐藤巖太郎

武田VS上杉──戦国最強同士の激突、その時、二人の英雄は何を思うのか。
①冲方丁×上杉謙信「五宝の矛」 ②佐藤巖太郎×山本勘助「啄木鳥」 ③吉川永青×宇佐美定満「捨て身の思慕」 ④矢野隆×武田信繁「凡夫の瞳」 ⑤乾緑郎×真田昌幸「影武者対影武者」 ⑥木下昌輝×甘粕景持「甘粕の退き口」 ⑦宮本昌孝×武田信玄「うつけの影」

第1回「決戦!小説大賞」受賞のことば 佐藤巖太郎

  • facebook
  • twitter
  • 自分メモ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます